CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Kite (カイト)
Kite (カイト) (JUGEMレビュー »)
Gigi Masin (ジジ・マシン)
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD)
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD) (JUGEMレビュー »)
APHEX TWIN,エイフェックス・ツイン
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Paolo Di Nicolantonio - Close To Me EP (Craigie Knowes:CKNOWEP9)
Paolo Di Nicolantonio - Close To Me EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

リリース元のレーベルもアーティストについても全く知らなかったものの、色々と試聴している内に一聴して魅了されて購入した本作。グラスゴーの新しいレーベルであるCraigie Knowesからイタリア人のPaolo Di Nicolantonioによるもので、YoutubeではSynthManiaなるチャンネルを主宰しており、特にシンセサイザーやキーボードのマニアとして様々な電子楽器を紹介している。また元々90年代から音楽家としも活動はしていたようだが、本作がEPとしては初のリリースになるようだ。"Pyramid"はいきなりシンセのシンセらしい音色を発揮したバレアリックな曲で、ビート無しながらも光沢感を伴うゴージャスなシンセをメロディアスに展開して甘ったるいドリーミーな世界に即座に引き込み、イタロ・ディスコからリズムを抜いたらこんな曲になるのだろう。そしてお待ちかねビートも入ったダンス曲の"Close To Me"では、綺麗めの伸びやかなシンセストリングスで優雅なメロディーを配し、少々エグみもあるシンセベースがイタロな雰囲気を醸し、そこに安定感あるリズムマシンの4つ打ちと抜けの良いパーカッションを被せてずんずんと意気揚々と闊歩するようなバレアリック/イタロ・ディスコを聞かせる。シンセの音色の魅力を伝えるべく常に電子音が鳴っていているものの決してしつこくなり過ぎてはなく、青空を喚起させるような爽快なシンセの音色は野外パーティーにもはまる外向的なバレアリックで、8分という長さも全く長尺に感じさせない程の白昼夢だ。それをリミックスしたのはデトロイト・テクノ寄りでメロディアスな作風を得意とするJohn Shimaで、繊細で生っぽい響きのつまらせたリズムで変化を持たせ、シンセの音色はどちらかというと内向的で落ち着きを持たせて何だか90年代のAIテクノや初期のデトロイト・テクノへと接近した作風になった"Close To Me (John Shima Remix)"。元の太陽の光に照らされたような陽気な雰囲気に比べると、レトロ・フューチャーな懐かしく未来的なSFの世界をイメージさせる点で想像力を掻き立てる作風だ。原曲もリミックスも各々のアーティストの個性がしっかりと反映されているが、どちらもやはりメロディーに重きを置いている点が共通している。是非ともDJ向けのEPではなく、アルバムもと期待したくなる作品だ。



Check Paolo Di Nicolantonio
| HOUSE13 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2018/10/13 Chez Damier Japan Tour @ Contact
シカゴ・ハウスのディープ方面の伝説的レーベルであるPrescription、それを運営していたのが一人は今もなお積極的に制作/DJを行うRon Trent、そしてもう一人がChez Damierだ。前者に比べると一時期はシーンから遠ざかっていた時期もありDJとしてもそれ程活動的ではないためやや忘れ去られていた時期もあったが、近年のヨーロッパのミニマル隆盛に合わせたように再浮上し、シカゴ・ハウス発ながらもミニマルの機能性も持ち合わせたそのハウス・ミュージックは現在形で発展している。来日は非常に少なく今回は5年ぶりと貴重な機会になるが、そこに合わせて日本からはシカゴ・ハウスならば何はともあれRemi、そして様々なスタイルを持ちながらもハウス・ミュージック愛も強いCMTなど、強力な布陣を構えてのパーティーは間違い無しだ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT6 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Luciano - Sequentia Vol. 1 (Cadenza:CADENZA 118)
Luciano - Sequentia Vol. 1
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
かつてはチリアン・ミニマルでRicardo Villalobosと双璧を成すとまで称されたLucien NicoletことLucianoは、しかしその前者の神々しく圧倒的なまでの存在感と比べると、この数年は控えめに言っても余り高い評判を聞く事は多くない。当方が自身で彼のDJを聞いているわけでもないし体験すらせずに批評する事は正当な判断ではないが、しかしそれでもやはり特にアンダーグラウンドな方面からはLucianoがコマーシャルになってしまったという批判が出ていた事も事実だ。それに従ったわけではないが当方も積極的にLucianoの作品を追う事は少なくなったものの、本作は彼が主宰するCadenzaの15周年を記念したシリーズの一環だそうで、何となく試聴してみたところなかなかの出来だったので購入した次第である。アナログでは2枚組で5曲だけの収録ながらも通して50分もある内容はアルバム級と言っても差し支えはなく、その長尺な構成を活かしたミニマルを軸にしながら妖艶な美しさを放つオーガニックかつトライバルな作風は、かつての名作『Tribute To The Sun』(過去レビュー)の芸術的な美しさを思い起こさせる。いきなり12分超えの大作である"The Amazing Lilou"は民族的で土臭い、しかし細く繊細な響きのリズム感であっさりとした軽快なビートを刻み、そこにしとやかで幽玄なシンセストリングスや覚醒感を煽る電子音を絡ませながら、大きな展開を作る事なく催眠術のように執拗にほぼ同じような繰り返しを続けながら酩酊させる如何にもなミニマルだ。よりダンスのグルーヴが活きているのは Rebelskiをフィーチャーした"Hiding Hearts"で、有機的な響きのパーカッションやタムにやスネアを効果的に用いて複雑に跳ねるリズムを刻む様相は正に異国情緒溢れるトライバル・ビートで、そこに哀愁たっぷりな弦楽器の泣きの旋律が入ってくれば、それは真夏の夕暮れ時の海のセンチメンタルな時間帯が現れる。"Nabusima"もラフなドラムの音が生っぽく湿り気を帯びたアフロと言うかカリビアンなグルーヴ感があるが、それとは対照的にか弱く繊細なピアノや細い電子音で控え目に上品さを加えているこの曲は、天にも昇るような楽園的な雰囲気がある。"Magik Mechanics"はエレクトロニック性が強いややメジャー感もある機能性に沿ったミニマルだが、それでも音圧に頼らない繊細なビートやメロディーで音を削ぎ落とした無駄の無い美しさが表現されている。特に個性的だったのはタイトルが示すように東洋の雰囲気がある"Tirana Del Oriente"、寺院の中で鳴ってそうで宗教臭くもある太鼓系のパーカッションが複雑なリズムから始まり、弦楽器の妖艶な響きに酩酊させられながらグルーヴが疾走るでもなくただゆらゆら感が続く呪術的なムードで、キックが入らずともフロアでもきっと踊る者を魅了するに違いない。こうやって作品を聞くとチリアン・ミニマルの中でもその繊細な美しさは一つ飛び抜けていると思うし、少なくとも作曲家としてはやはり才能が光っている事を実感する。



Check Luciano
| TECHNO13 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
K15 - Be Glad You Create Anything (WotNot Music:WOT030)
K15 - Be Glad You Create Anything
Amazonで詳しく見る(MP3)

Kyle Hall主宰のWild OatsやFloating Points主宰のEgloなど、人気沸騰中のレーベルからも作品をリリースした事もあってか注目を集めているロンドンの新世代アーティストであるKieron IfillことK15。しなやかなグルーヴと情緒的な雰囲気のディープ・ハウスを軸にブロークン・ビーツやフュージョンにヒップ・ホップまでと、多彩なリズム感も取り込んで作品毎に異なる豊かな才能を発揮したその音楽性は、ロンドン出身らしく西ロンのかつてのフューチャー・ジャズの系譜上にある。ダンス・ミュージックの枠である前提は変わらないが、ただ踊れるだけでない音楽的にしっかりとした構成やハーモニーやメロディーの響きが必ずあり、例えばクラブ・ミュージックなんかは聞かないというジャズファンにだって訴求する音楽性を含んでいる。最新作は過去にもリリース歴のWotNot Musicからで、このレーベル自体がK15と同じようにヒップ・ホップやディスコにネオソウルなど様々な音楽を手掛けており、その点からするとK15とレーベルの相性は抜群である事は言うまでもない。ここでは僅か3曲16分程の小規模なEPではあるが、それとは対照的にK15の豊かな音楽性を知るには十分過ぎる程の曲が収録されている。ブロークン・ビーツやフューチャー・ジャズ路線の"Be Glad You Create Anything"は優美で情緒溢れるエレピにコズミックなオルガンが絡む幕開けから、徐々にハンドクラップやしなやかなで切れのあるリズムがビートを刻み、フュージョン色の強い光沢溢れるシンセのリフで装飾するモダンなハウスだ。やはりプレイしている姿も想像出来るような楽しげなキーボードの旋律は素晴らしく、またぐっと抑えられながらも躍動するエネルギーを秘めたビートメイクは流石で、ハウスやフュージョンにジャズ等の要素が見事に一体化している。また"Communion"は序盤こそ静けさが際立つ静謐なピアノのコードが繰り返されるが、そこに踊るような耽美なエレピと弾けるキックの4つ打ちが入ってくると途端にグルーヴ感を増し、その後も物憂いなムードでしんみり情緒が続くハウスはフロア向けな作風だ。そしてラストはロービート/ヒップ・ホップ調の"You're Alive (There's Still Time)"でねっとり粘るリズムを刻み、メロウなエレピや輝きのあるコズミックなシンセを用いてぐっと温まる。収録されたどの曲も異なるリズム感でK15のクロスオーヴァー性が存分に活きており、そしれ何よりも感情性豊かなキーボードプレイが素晴らしく、ぐっと心に訴え掛ける音楽性は共通している。



Check K15
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ2 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Afriqua - Vice / Principle EP (R & S Records:RS1808)
Afriqua - Vice/Principle EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

80年代テクノを代表するレーベルの一つであるR & S Records、ニュービートから始まりハードコアなテクノやデトロイト・テクノを先取りし、時代を象徴するムーブメントの一旦を担った重要なこのレーベルは、しかしある意味では頑さが故にその後は流行に乗り切れずに2000年頃に一度は倒産してしまう。その後復活を果たして以降はやや流行も意識して新しいジャンルにも手を伸ばしつつ再度の繁栄を見せているが、それでもしかしこういった艶かしく催眠的なミニマル・ハウス/テクノにまで手を拡げてきた事にはやや驚きを隠せない。本作を手掛けたのはアメリカはバージニア州出身のAdam Longman ParkerことAfriquaで、これより前の作品でも生っぽい湿り気を帯びた流行りの繊細なミニマル・ハウスを手掛けていたものの、本作でその機能性と芸術性は極致へ辿り着いている。レーベルインフォでは70年代のクラウト・ロックやジャズに触発されたとの触れ込みだが、それ以上に掴み所のない滑った音楽性は個性的だ。ビートレスながらも繊細で変則的なパーカッションと彷徨うように方向性の無い電子音の旋律によってふらふらと酩酊する"Vign"に始まり、映画のシーンからのボーカル・サンプルを用いた"Melamed"でそのミニマル・ハウスは艷やかな花弁を開くように、妖艶な美しさを露わにする。官能的な電子音のリフ、生っぽい弦楽器風を民族的に用いたループは覚醒感を誘い、太いどころか細く連なる繊細でしなやかなビートはその軽さにしなやかに揺らされ、霊的なトライバルビートとなってエキゾチック・トランスとでも呼ぶべき原始的な快楽を呼び覚ます。"Noumenon"はアシッド・ハウスとは異なりながらも鈍いアシッドのベースが跳ねながらつんのめったようなリズムと合わせて、細いグルーヴ感を活かしながら躍動的に跳ねながらコズミックかつファンクな、それは何処かデトロイト・テクノのエモーショナル性とも共振するような響きがある。そして10分越えの"Cerch"は例えばチリアン・ミニマルの線が細くも艶めかしさを強調した作風で、ここではジャジーなベースが正に生命が胎動するようにリズミカルにビートを刻み、様々な電子効果音と爽快なシンセのメロディーを散りばめながら陽気にウォーキングするノリで軽快に引っ張っていく。残りの曲も基本的には骨格が浮き出て音の隙間を活かしながら繊細なグルーヴ感と生っぽく滑りのあるミニマルな曲調で纏められており、基本的にはここ数年の流行りのミニマルなモードを踏襲はしているのだが、没個性にならずにジャズ/エキゾチック/コズミックといった要素を自然と取り込み自分の音として消化出来ているように思う。非常に素晴らしいモダンなトラックではあるのだが、思い出の中の頑固職人的なテクノをやっていたR & S Recordsの音とは随分異なる点も面白くもある。



Check Afriqua
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |