CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Kite (カイト)
Kite (カイト) (JUGEMレビュー »)
Gigi Masin (ジジ・マシン)
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD)
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD) (JUGEMレビュー »)
APHEX TWIN,エイフェックス・ツイン
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Pepe Bradock - #12"@Last (Atavisme:ATA017)
Pepe Bradock - #12@Last
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

アルバムは制作しないわ、このご時世に一切のデータ配信もしないわと、DJ以外にとってはなかなか作品を手に入れ易い環境を作る気が全く感じられない奇才・Pepe Bradockが、しかしその偏に余りにも個性的かつ独創的なコラージュ音響ハウスによって聞く者を魅了し、孤高の存在と化しているのは言うまでもない。自身で主宰するAtavismeから淡々と年に1〜2枚のEPをリリースし続けており、その意味では高い品質を保ちながら安定供給を可能とする作曲家の一人ではあるのだが、この2017年作もやはりそのぶっ飛んだ世界観のハウス・ミュージックは一聴して彼の音楽であると認識出来る程だ。いつも通りと言えばいつも通りのコラージュ的な作品ではあるものの、"Tresors"は潰れたようなキックの4つ打ちがいつもよりは力強いビート感を刻んでおり、そこにぼやけたて微睡んだようなシンセのメロディーから鈍く歪んだコラージュのようなメロディーへと変化する上モノ、その裏には繊細な効果音による音響を控え目に持ち込んで、音の隙間を活かしながらメロウネスとファンキーさを共存させたハウスを展開している。また体感的にはジャジーなグルーヴもあったり、そしてラストのビートが消えてからの様々に入り組んで混沌としたコラージュ風な構成は、非常にBradockらしくもある。逆サイドの"Tsundoku"は更に肉厚で太いキックが大地に突き刺ささり重低音のベースラインが蠢くハウス・グルーヴで、彼にしては随分とずっしりマッチョなビート感だ。しかし酩酊したようにふらふらした掴みどころのない上モノや時折奇妙な効果音が顔を出しフィルターで変化を付けて展開する構成は、フロアを揺さぶる機能的なダンストラックではありながらも、幻惑的なトリッピーさも伴っておりやはりBradockの個性が光っている。この狂ったのか酩酊しているのか壊れたようなハウス・ミュージックは、その崩れ行く様の中にも退廃美が存在している。



Check Pepe Bradock
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Brame & Hamo - Limewire EP (Brame & Hamo:B&H003)
Brame & Hamo - B&H003
Amazonで詳しく見る(MP3)

Dirt Crew RecordingsやHeist等からセンスの良いサンプリングを武器にブギーかつビートダウンなハウスをリリースするアイルランドのBrame & Hamo、リミキサーとしてもやはりファンキーなハウス方面によく起用されており、新世代の中でも台頭を表してきているユニットの一つだ。特に2017年からはユニット名をそのまま冠したBrame & Hamoというレーベルも始動させているが、この自身のレーベルではよりハードで真夜中のフロアで映えるようなハウスを打ち出してきている。そんなレーベルの3作目となる本作でも以前より更に厳つく骨太に、テクノ/ブレイク・ビーツ/ハウスの要素が混ざり合いながらフロアを熱狂へと巻き込むようなダンス・トラックを披露している。何と言っても最もパワフルな"Parade Rain"は肉体が震えずにはいられず、太くマッチョなキックの4つ打ちとブレイク・ビーツ気味なリズムが地面を揺らしつつトランシーな上モノの反復と膨らみのあるダークなベースラインで引っ張りながら、高エネルギー状態で猪突猛進する。途中からヒプノティックなシンセやドラッギーな効果音も加わり、喧騒の盛り上がりの突き進むピークタイム仕様な一曲だ。"Sports Complex"はEPの中で最も毒々しくダークな曲で、TR系の乾いたパーカッションやTB系の鈍くも魅惑的なアシッドのベースラインを用いたハイエナジーなアシッド・ハウスだが、トランス風な快楽性の強い上モノも入ってくるとHardfloorを思い起こさせたりもする。そして時代感のあるブレイク・ビーツに優雅なピアノのコード展開やボイスサンプルを織り交ぜた90年代前半のレイヴ全盛の時代を匂わせる"Limewire"は、しかしニュー・ディスコ系のTuff City Kidsによってドタドタとした4つ打ちのアシッド・ディスコで感動的に盛り上がっていく"Limewire (Tuff City Kids Remix)"へとリミックスされ、それぞれ古き良き時代の空気を発しながらも今のフロアでも間違いなく盛り上がる魅力を含んでいる。初期の頃の作品に比べると随分アッパーで快楽的な要素が強いかなと思ったりもするが、真夜中のパーティー向けな曲を目的としたレーベルのようでもあるし、その音楽性が適切に反映されている意味で成功と言えよう。



Check Brame & Hamo
| TECHNO13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Black Zodiac - True Places (Carry On:Carry On 009)

Black Zodiac - True Places
 Amazonで詳しく見る(MP3)

ドイツのCarry OnからリリースされたBlack Zodiacなるアーティストの初作品、何の情報も無い中でリミキサーに名を連ねているDream 2 Scienceの記載を見れば、オールド・スクールなハウス好きな人にとっては多少なりとも食指が動くのではないだろうか。Ben CenacとGregg Foreから成るDream 2 Scienceは90年頃に僅かな作品を残しただけではあったが、しかしアンビエント性もある懐かしみのあるディープ・ハウスでカルトな人気を博し、その成果として2012年には時を越えてRush Hour Recordingsより旧作が復刻されるなど、その短い活動以上の高い評価を獲得したユニットだ。さて、Black Zodiacについては全く情報が無いので単にトラックに対してのみの言及となるが、何でも発掘されたデモトラックだと言う"True Places"は確かに90年台のアーリーハウスの懐かしい雰囲気が満載だ。緩やかで肩の力が抜けたスムースな4つ打ちのハウスビートが貫く中で、懐かしみのある綺麗なシンセのコード展開やTR系の乾いたパーカッションが爽快に響き、アシッディーなベースラインが曲にメリハリを付けるように引っ張っていく。すっと浮かび上がってくるアンビエント性もあるメランコリーなパッドでしんみりとした感情を誘発され、9分にも渡って滑らかに展開を繰り返すディープ・ハウスは徹底的に情緒的だ。そして"True Places (Dream 2 Science Remix)"はと言えば元の世界観にやらためったら手を加えて壊す事はなく、リズムをより弾けるようにパーカッシヴでダンサンブルに変化させつつ、ドリーミーで透明感のあるパッドを伸ばしたり動きのあるシンセの旋律で滑らかな躍動感を生み出している。中盤からのヴィブラフォンらしき柔らかい音色のメロディー、または終盤で入ってくる大胆なシンセソロなど盛り上がる展開も盛り込みつつ、全体としては大人びて洗練されながらも懐メロ感あるディープ・ハウスへと生まれ変わっており、Dream 2 Scienceの新作と言われても違和感を全く感じないだろう。Black Zodiacという謎のアーティストへの興味を抱かせるには十分な作品だが、Dream 2 Scienceのリミックスも素晴らしく、やはり古典的なハウス・ミュージックのファンならば一聴して損はないだろう。



Check Black Zodiac

| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2018/9/14 solfa 10th Anniversary ”DAY 1” @ Solfa
2008年9月に中目黒という場所にオープンしたSolfaも今年で10周年。決して周りにクラブが多いわけでもなく環境的に優位でもないにもかかわらず、知名度だけではない確かな国内外のアーティストのブッキング、そしてまた都会的で洗練された内装等を売りに、堅実に10年の間運営を続けている。そんなクラブの10周年パーティーは4日間に渡って開催されるが、その初日は今や世界的アーティストであるGonnoやKuniyuki Takahashi、ベテランであるMoodmanやDr.Nishimura、そしてYou ForgotやNuboによるライブユニットのUnconscious Fusion OrchestraとBOW & SISINOBUと若手までフィーチャーし、中規模のクラブでありながらその内容はそれ以上と非常に楽しみに一夜だ。
続きを読む >>
| HOUSE13 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Max Essa - Han Zon Roc EP (Hell Yeah Recordings:HYR7181)
Max Essa - Han Zon Roc EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

イギリス出身で日本在住で活躍するMax Essaは、長い活動的を持ちながらも現在のバレアリック隆盛の中に自然と馴染んでいる。穏やかで包容力のあるバレアリックな彼の音楽性が過去から変わったのではなく、回り巡ってきた今という時代がようやく彼の音楽性にもシンクロするような自然な共鳴が、より彼の音楽性を際立てているようにも思われる。そして2017年にはイタリアン・バレアリックの先鋒であるHell Yeah RecordingsからEPをリリースしたが、そこでの相性の良さが証明されたのだろうか、続く新作である本作も同様に同レーベルからとなった。僅か3曲ではあるが彼の魅力を堪能するには十分過ぎる内容で、特に12分にも及ぶ大作の"Han Zon Roc (Midori Coup)"はストーリーを展開するサウンド・トラック的な構成も素晴らしい。ぼんやりとした幻想的なドローンから始まり煌めくシンセや繊細で哀愁あるギターが入ってくるノンビートの長いオープニングから、4分程経過するとようやくドラムの柔らかいリズムが入ってくるが、それと共にエグいアシッドもうねり出すという意外にも快楽的で恍惚の中盤、そこから微睡んだピアノの和音で朗らかに切り替わる流れなど長い尺を活かした展開の豊かさが突出している。そしてまた終盤、輝かしい光に包まれるような美しいシンセが放射されて次第にビートも消えていき、心地好い余韻を残して終わるドリーミーなバレアリック・ハウスは夏の終わりの寂しさを埋めるには十分だ。"How You Showed Me Everything"は肩の力が抜けたダウンテンポのスタイルで、ブルージーなギターが咽び泣くように響きコズミックな光沢感じさせるシンセが色鮮やかに鳴り、オーガニックな響きも相まってしみじみとした哀愁が込み上げる。そしてラストはアタック感の強いスネアやタムを用いたヒップ・ホップ調な"Rain Bird's Alfalfa Jam"だが、ここでもギターが存分に唸り動きのあるベースがうねり、バレアリック・ファンクとも呼べる開放感ありながらファンキーさが際立ったダンス・トラックに仕上がっている。どれも緩くありながら優しくエモーショナルな世界観に心も癒やされ、是非ともこの流れでHell Yeahからこの流れを踏襲したアルバムをリリースしてくれたらと切に願う。



Check Max Essa
| HOUSE13 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |