CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Mr Raoul K - African Paradigm EP 1 (Compost Records:CPT 536-1)
Mr Raoul K - African Paradigm EP 1
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
西アフリカはコートジボワール出身のMr Raoul K、自身のBaobab Musicを始めとしMule MusiqやInnervisionsにStill Musicから作品をリリースする実力派。西アフリカ出身から想像される音楽性、つまり民族楽器や有機的な響きの楽器を駆使したオーガニックな音楽性を現在活動の拠点としているドイツのディープ・ハウスと融合させて、アフロ・アフリカンなダンス・ミュージックを自分の個性として確立させている。DJとしてよりもアーティスト性を重視しており積極的に色々なアーティストとコラボレーションを行い、他者の音楽性も活かしながらディープな音楽性を開拓しているが、本作でもそんなコラボレーションは見事な形となって結実している。"Tamale"はボーカルにギニアのボーカリストであるSona Diabateを迎え、そしてInnervisions等でも活躍し頭角を現しているRancidoをフィーチャーしているが、そんなアーティストの起用の影響は音に現れている。アフロで民族的なパーカッションは当然としてダークでエレクトロニックなベースラインや妖艶な上モノはRancidoの影響か確かにInnervisionsの系譜上にあり、そして曲の途中から挿入される魂を捻り出すようなソウルフルな歌はひんやりとしたトラックに熱い感情を付け加える。今までの作風以上に強いエレクトロニックな音響や祈るような歌は、トランス効果となって働き快楽性を誘いながら、疾走するビート感も伴ってフロアを撹拌する非常に攻撃的な曲になっているのだ。そしてもう一曲はコラボレーションではないものの以前から交流のあるHiroshi Watanabeがリミックスをした"African Paradigm (Kaito Remix)"が収録されており、原曲が収録されていない為それとの比較は出来ないものの、有機的で柔らかい響きのギターを導入している点は新生Kaitoの流れの一環だろうか。リズムは跳ねながらも間を作ってすっきりとした軽さがあり、そこにメロウなギターや美しく荘厳なシンセストリングスを織り込んでじっくりとドラマティックに盛り上がっていく民族的かつテック・ハウスな作風は、Mr Raoul KとKaitoの個性が融合し一つとなっている。両曲とも長く壮大な構成でそれ一曲でインパクトを与える威力があり、互いのアーティストの音楽性が存分に発揮された一枚だ。



Check Mr Raoul K
| HOUSE14 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
CoastDream - Shine (X-Kalay:XK014)
CoastDream - Shine
Amazonで詳しく見る(MP3)

2016年頃から始動したロンドンのX-Kalayはシカゴ・ハウスやアシッド・テクノなど懐かしい響きのあるオールド・スクールな音楽性が強いレーベルで、本家のシカゴ周辺の音楽性を受け継ぎながらも現在の音にも合わせながらDJツールとして強力なダンス・トラックを手掛けている。本作は過去にも同レーベルからリリース歴があるブラジル出身のCoastDreamによる新作だが、これもオールド・スクールを武器にしながらも色々なスタイルが曲毎に散見され、フロアを沸かせる魅力的なダンス・トラックが並んでいる。特に"Shine (Euro mix)"はアシッドを用いながらも、レーベルの過去作品に見受けられた不穏なアシッドではなくビーチで燦々と太陽の光に照らされた陽気さがあり、骨太でずっしりした4つ打ちや透明感のある綺麗なシンセのメロディーも用いてパワフルに弾ける直球ストレートなハウス・トラックだ。"Higher"も蠢くような鈍いアシッド・ベースを用いながらも、色っぽいボーカルのサンプリングや爽快に広がるシンセのリフなど気分は真夏のビートといった趣きで、これら2曲は非常に分かりやすいというか直球ストレートなハウス・ミュージックだ。一転して"2K7"はややメロウさを打ち出していて、切なげな女性の声のサンプリングのループに流麗なシンセのコード構成によって滑らかに展開し、中盤では叙情的なシンセソロも加わってより感情性を高めるドラマ性がある。そしてオールド・スクール性が特に感じられるのは"Into The Silence"だろう、強烈に揺れるジャングルのリズムは90年代風レイヴ・トラックを思い起こさせ、そこに赤ちゃんの呟きサンプリングも加わる奇妙さもあるが、メロディーは至って整ってメロディアスだったりと耳を惹き付けるセンスが通底している。曲調は色々あるがどれも効果的にサンプリングを用いローファイな感覚で纏められた時代感としての共通項はあり、CoastDreamというアーティストが目指している音楽性がはっきりと伝わってくる内容だ。特に新鮮味が強いわけではないが、こういったどストレートな作風はフロアで特に良さが感じられるだろう。



Check CoastDream
| HOUSE13 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Liquid Pegasus - The Toby Glider EP (Star Creature:SC1217)
Liquid Pegasus - The Toby Glider EP
Amazonで詳しく見る(MP3)

カラフルな建物の後ろに太陽が沈み行くのだろうか、そのほのぼのとしながら切なさも伝える風景は正にバレアリックな雰囲気そのもの。コンテンポラリーなブギーやモダンファンクを得意とするStar Creatureの新作はロスアンゼルスのJoshua S. LundquistことLiquid Pegasusによるもので、プロフィールを参照するとMetro AreaやMaurice Fultonがお気に入りという事からもそのディスコ寄りな音楽性も想像するのは容易いだろう。何でも過去にもStar Creatureや日本のCity Baby Recordsから既にヒットを飛ばしていたようで、それらの作品を聞いても底抜けに明るくドリーミーなモダンなブギー/ファンクが鳴っており、既にアーティスト性はほぼ確率されているようだ。アタック感の強いレトロなキックを用いたディスコ・ビートな"Uptown Shuffle"は、上モノは輝くように綺麗なシンセが朗らかな旋律をなぞって、ゆったりと闊歩する緩いビート感ながらも少し跳ねたリズムに、心はうきうきと踊り出すシンセ・ファンク。より力強くみぞおちを叩き出すビート感の強い"Cut Loose"は更に快楽的なベースのうねりも加わってイタロ・ディスコ色が強く、ゴージャスなシンセが絡み合いながらミラーボールが回りだすようなご機嫌な曲だが、しかし古臭さは皆無で今っぽく聞こえるモダン性も。"Big Chill"では一旦テンションを落としてスローなディスコを聞かせるが、可愛らしい電子音や切ないシンセのメロディーによって切なさを強調し、そして次の"Dance Amnesia"では再度ドスドスと潰れたようなキックを響かせながら厚みのある豊かなシンセのメロディーとぶいぶいと太くうなるベースが虹色を思わせる豊かな色彩を発し、派手ながらも何処か懐かしさのあるシンセ・ファンクとなって躍動する。基本的にディスコやブギーにファンクなど古典をベースにした作風ではあるが、愛着のあるメロディーセンスやキャッチーな音の選び方が上手く、音楽的には決して新鮮味は無いにもかかわらず色褪せない普遍性がある。勿論この爽快感や開放感、バレアリック方面でも効果的なのは間違いなし。



Check Liquid Pegasus
| HOUSE13 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Shelter - Profondeur 4000 (Growing Bin Records:GBR016)
Shelter - Profondeur 4000
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

2018年も絶好調だったGrowing Bin Records、ダンス・ミュージックの枠に収まらずにオーナーの音楽観に適ったものであればジャンルに関係なく取り上げられるが、特に昨今のニュー・エイジやアンビエントの再燃の中でこそこのレーベルは輝きを取り分け放っていると感じられる。2018年には幾つか素晴らしい作品がこのレーベルからリリースされていたが本作もその中の一枚であり、手掛けているのは過去にはInternational FeelやIs It Balearic?傘下のUber等からリリースをしているパリジャンのAlan BriandことShelter。これまでの作品ではエキゾチックやカリビアンな雰囲気を軸に生音も用いながら緩く開放的なバレアリック・サウンドを展開していたが、このニューアルバムもバレアリックという方向性は変わらないものの1960年代のフランスの短編映画にインスパイされたとの事で、何処かサウンド・トラック的でもある。ハープの深い残響から始まる"Variation Abyssale (Part 1)"はビートも無く静謐さの中に美しさが持続するアンビエントで、続く"Immersion"は神聖なシンセのレイヤーに繊細で民族的なパーカッションも加わりながら荘厳さもあるニュー・エイジ風と、以前の作風に比べると随分と慎ましい。"La Vie à L'Ombre"も音の数は制限され空間の静けさが際立ち、そこに点描のように描かれる電子音のメロディーや管楽器やピアノらしき音を微かに用いて、映画の一場面のようなBGM感覚が強い。と思いきや一定間隔のシンセのディレイが多幸感を生む"Plenitude Azotee"は極楽浄土へ向かうドリーミーなアンビエントで、その意味を含まない音の心地好さは無垢そのものだ。"Dans La Jungle De Varech"では不思議なシンセの鳴りにかつてのジャーマン・プログレを思い起こす点もあり、しかし生命力が息衝いているかのようなエキゾチック感もある世界観は過去の作品とも共振する。そして無重力空間に放り出されるフローティングなシンセが特徴の"Fumeurs Noirs"、ぼやけたアンビエントの中に時折スピリチュアルな打楽器や鈍い電子音が現れ、快楽的ながらも聞き流す事を許さないぐっと意識を掴む個性がある。アルバムは過去の単純明快なエキゾチックやトロピカルなバレアリック性に比べると随分と観念的でエクスペリメンタルなニュー・エイジ色が打ち出されているが、そういった音楽だからこそ自由度の高いGrowing Binからリリースされたのも納得であり、昨今のニュー・エイジの流行りの中でもユニークな個性を確立させている。



Check Shelter
| ETC4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Stacey Pullen - Detroit Love Vol.1 (Planet E:PEDL001CD)
Stacey Pullen - Detroit Love Vol.1
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
「デトロイト・ラブ」、何とも直球ストレートなタイトルのMIXCDシリーズが立ち上げられたのだが、そのプロジェクト元はデトロイト重鎮のCarl Craigだ。2014年頃からデトロイト・テクノ/ハウスのシーンの後押しをする目的で同名パーティーを世界各地で行っているが、その雰囲気を家でも体験出来るようにとMIXCDとしても企画されている。その第一弾を担当しているのは当然デトロイトのDJでありまたベテランの一人でもあるStacey Pullenで、現在は制作活動は見受けられないものの数年に一度はMIXCDをリリースしてはいるので、DJとしての手腕が買われているのだろうか。過去に手掛けたMIXCDではアフロ・パーカッシヴなファンキーなテクノやハウスから、ヨーロッパ系の流麗なテック・ハウス系、派手なプログレッシヴ・ハウス調までその時々で色々な音楽性を披露しているが、今回はUSの作品を軸とした作品になっている。開始こそUS勢ではないSoulphictionの"Ann Arbor"だがアフロなパーカッションが土着的なドス黒いハウスで重厚感があり、そこからはデトロイト勢の曲が続く。どっしり重さを保ってサイケデリックな"The Fader"、ミニマルなスタイルで洗練された"They're Coming"、そして序盤のピークはざらついた質感がファンキーな名曲のハウスの"Raw Cuts (Marcellus Pittman Remix)"でやってきて、低空飛行ながらもじわじわくるスムースなハウスの流れが序盤を作っている。中盤からはやや上げてきてベテラン勢の一人Gary Martinによる"Galaxy Style"の爽快なパーカッションがなるファンキーなハウスから、ギャラクティックな上モノと荒々しいリズムに躍動する"Horney Chords"、ダークな雰囲気からデトロイトらしいエモーショナルな旋律が浮かび上がってくるテクノの"Delray"、ディープな雰囲気を作る太いベースラインが脈動する"Wired Everything"など、デトロイトというコンセプトはありながらも一般的なデトロイト・テクノ/ハウスというイメージよりは更に拡張性が感じられるだろう。終盤はテンションを落としてきて空間の広がりと浮遊感が存在するスペーシーな"Purple Pulse"から女性のシャウトが印象的なトライバル系の"Low Down"、最後はデトロイトの叙情性が発揮されたアンビエント系の"Detroit State of Mind"で気分を落ち着かせながら幕を下ろす。所謂昔の安っぽさや素朴さの中にファンクネスやスペーシーな感覚が込められたデトロイト・テクノというタイプの選曲ではないが、これが現在のデトロイトのシーンの一部である事を提示するような音楽性で、その意味では懐古的ではなく未来の視点を向いたMIXCDだ。テクノとハウスを横断し大人びてスムースな流れのプレイはベテラン的だが、欲を言えばもっと野性的で荒々しいファンキーなプレイも聞いてみたいとも思うが、このシリーズには今後も期待したい。



Check Stacey Pullen

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| TECHNO14 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |