CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Inner City - Big Fun - Big Hits! The Collection (Music Club Deluxe:MCDLX158)
Inner City - Big Fun - Big Hits! The Collection
Amazonで詳しく見る

デトロイト・テクノがまだあくまで前衛的なダンスミュージックを聴く者の中で評価が高かった80年代後半、デトロイトのビルヴィレー・スリーと呼ばれる中でいち早くメジャー路線で才能を開花させたのがKevin Saundersonだ。幾らデトロイト・テクノが一部の耳の肥えたリスナーを満足させていたとは言え、それらがメジャーチャートに昇る事は無かったはずだ。しかしKevin SaundersonがボーカルにParis Greyを迎えたユニットであるInner Cityには、妖艶な歌があり分り易いメロディーがあり、そしてポップなセンスがあった。デトロイト・テクノが新世代のダンスミュージックだったのに対し、Kevinはディスコ/ハウスなど既存のダンスミュージックを彼なりに押し進める事に未来を視ていた。結果的に言えばInner Cityは大成功を収め、US/UKのメジャーチャートにも幾つかのヒットシングルを送り込んだ。本作はそんな経歴のあるInner Cityの2枚組ベスト盤なのだから、はっきり言って悪い訳がない。今でもクラブでかかる事は珍しくないソウルフルな傑作ハウス"Good Life"や"Big Fun"、時代を感じさせるレイヴィーな"Your Love (Serial Diva Paris Is Burning Club Mix)"や"Hallelujah 92"(なんとLeftfeildのリミックスだ!)など、コテコテな程に濃厚なセクシーさを放出する歌にハウスでは定番のピアノの整ったコード展開が繰り広げられるクラシカルなハウスチューンがこれでもかと揃っている。まあこれがデトロイトかどうかと言う事はさておき、確かにメジャー感ばりばりな曲ではあるがKevinの歌物トラックへのセンスの良さは間違いはないし、このボリュームで1000円弱のお値頃な事を考えれば買って損はしないだろう。

Check "Kevin Saunderson"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
I'm Starting To Feel Okay Vol. 5 (Endless Flight:Endless Flight CD 7)
I'm Starting To Feel Okay Vol. 5
Amazonで詳しく見る

世界各地の実力派アーティストを擁し世界有数のレーベルにまで成長した日本発のMule Musiq。その傘下にはこれまた癖のあるアーティストを揃えたEndless Flightがあり、Mule Musiqが比較的有機的な演奏力を伴うハウスな印象を持つのに対し、Endless Flightもハウスがベースと言う点では同じだがサンプリング・ベースなフロア寄りのコンセプトで運営しているそうだ。そんなEndless Flightのレーベルコンピも5枚目となりましたが、この新作はLawrence以外のアーティストは完全に新曲を提供しておりレーベル運営の充実っぷりが伝わってきます。幕開けには今大人気のVakulaが清涼感のある軽くてゆる〜いジャジーディープハウスを提供しており、その洗練された透明感がアーバンで流石の内容。そしてレーベル常連であるEddie Cは彼らしいサンプリングを使用し、スローにねっとりと反復するミニマルディスコを提供。Philpotからもリリース歴のあるRoman Rauchはざらついたリズムトラックと共に繊細なピアノのメロディが耳に残るディープハウスを、そして日本からはこれまたレーベルを初期から支えるKuniyukiが人肌の温もりを感じさせるメロウでパーカッシヴなハウスをと、各アーティスト共にエレクトロニックでありながら生っぽい質感もあるソウルネスな楽曲が揃っているのがレーベルの強みでしょう。かと思えばJuju & Jordashによるクラウト・ロック風なサイケ感とアシッド風味なハウスの融合の面白みもあれば、MCDE主宰者であるCreative Swing Allianceのジャジーなピアノ・コードと無機質なスポークンワードから生まれる最高にグルーヴィーなビートダウン・ハウスもあります。ハウスをベースに様々なスタイルの多様性を持ちつつ何処かで必ずソウルを感じさせる共通項もあるEndless Flight、お世辞抜きに脂が乗っている充実したレーベルコンピだと思います。

試聴

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Nick Anthony Simoncino - The Dream Of Amnesia (Thug Records:THU0007)
Simoncino - The Dream Of Amnesia

「アムネジアの夢」と冠されたタイトル、そしてその空気をそのまま投影した美しいジャケット、もし貴方がこのアルバムについて何も知らなかったとしてもレコード屋で見かけただけで魅了されるだろうパッケージに違いない。このアルバムを制作したのはイタリア人のDJ/アーティストであるSimone VescovoことSimoncinoで、Nicholasと並びイタリアからオールド・スクールなシカゴ・ハウス/デトロイト・テクノへの復権を推し進める気鋭のアーティストだ。今までにもリミキサーとしてシカゴの伝説的な才人を起用するなどその妄信的な音楽愛は真のモノであったが、この初のアルバムもトラック制作の段階からしてTR808やTR909などの古いドラムマシンからヴィンテージなシンセサイザーにカセットテープのレコーダーまで使用し、完全に時代に逆行したローファイを目指してコンピューターやソフトウェアを一切排除して作り上げた作品だ。現世から隔絶されたタイトルやジャケットの透明感、そしてその制作方法から思いつくのがLarry Heardであろうが、実際のトラックも質素で生々しいキック/パーカッションや透明感のある幻想的なシンセが人肌の温もりを表現する80年台のシカゴ・ハウスだ。この作品を聴いて今が本当に2012年なのかと疑いたくなるが、間違いなくこれは2010年台から生まれたシカゴ・ハウスであり、音自体はチープで味気ないのに何故にこうも切ない程に感傷的であり、地味ながらも芯のある荒々しさを伴うのか。全体的な温度感は低めで瞬発力で盛り上がる曲は無いが、じわじわと低温で燻りながら何時の間にか心に火を灯すようなスルメ的なハウスで、もうこれはイタリアからのなんて説明は不要な位に本物のシカゴ・ハウスだ。その証拠にアルバムのラストには本家からLarry Heardがリミックスを提供しており、またこれが12分超えのアシッドが不気味かつ激渋メロウなディープハウスで、その金太郎飴的な作風も極めれば偉大である。データ配信もCDも無しのアナログ2枚組と言うフォーマットでのリリースで、リリースまでの全てにこだわりを持ったアルバムにほとほと頭が下がる思いだ。

試聴

Check "Simoncino"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Barnt - Hark (Mule Musiq:mule musiq 147)
Barnt - Hark
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

日本発の世界レベルのレーベルであるMule Musiqの最新作は、Daniel AnsorgeことBarntのEP。この人は実はLoops Of Your HeartやWolfgang Voigtもリリースしているドイツの新興レーベル・Magazineを主宰しているメンバーの一人で、まだまだリリース歴は浅いものの本作に於いても光る素質を感じさせる曲を収録しています。Mule Musiqが見込んでリリースしただけあって単純な反復だけの電子音楽ではなく、手弾き感覚のある手作りを意識したメロディーやコード展開を披露し、ディープなハウスでありながらクラウト・ロック的なトリップ感を伴うどろどろとした重苦しさで暗黒の底無し沼に引きずり込む引力・重力はなかなかのモノ。そして裏面には現在引っ張りだこで人気となっているVakulaがリミックスを提供していますが、こちらは靭やかに伸びるシンセや微睡みの音で抽象的に全体をぼかしながら、浮遊感や透明感を加えて重苦しさを取り除いたアトモスフェリックなディープハウスへと生まれ変わらせています。何処と無く雨上がりの新緑が生い茂る爽快感もあり、体の中からすっきりと浄化される美しい曲だと思います。Barnt、Vakula両者の作品に明確な音の差はありますが、どちらもじんわりと染み入るハウスで優しいフィット感が心地良いですね。

試聴

Check "Barnt"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Vedomir (Dekmantel:DKMNTL 009)
Vedomir
Amazonで詳しく見る(MP3)

2010年頃からFirecracker Recordingsや3rd Strike Recordsと言ったカルトなハウスレーベルからの作品で注目を浴び、2011年に至ってはほぼ毎月世界各地の良質なハウスレーベルから新作をリリースし、2012年になってもその勢いが全く衰えないウクライナのMikhaylo VitykことVakula。EP中心に非常に膨大なアーカイブを残してはいたものの全容を知る為のアルバムのリリースには至っておりませんでしたが、遂にVedomirと言う変名でLP2枚組でのアルバムリリースを果たしました。Vakulaと言えばポスト・デトロイト・ビートダウン的なねっとりとしたグルーヴ感を持ち、華麗に浮遊するシンセサウンドや温かみのあるアナログ風な手作り感を重視していた様に思われますが、Vedomir名義での本作では更に進化/深化を遂げていてアルバムと言うフォーマットを十分に生かした作品となっています。幕開けとなる"Jump In The Past"からして壮大な展開を予感させる不気味な胎動が蠢くアンビエントで、そこからディレイの効いたコズミックなシンセが心地良い物哀しいハウスである"Musical Suprematism"へと続き、更にはAIテクノ風のレトロ感匂わせるブレイクビーツ"Casserole 80s"など序盤から意外な展開が続きます。そして幽玄なシンセと図太い4つ打ちによる踊れるディープハウス"Forks. Knives And Spoons"もあれば、"Scream Of Kind Morning"の様にざらついたロウなハイハットに不気味な雄叫びが絡むシカゴ・ハウスまで、Vakula名義とは異なり自分の中の音楽的影響を全て曝け出す事に専念している様にも聞こえます。確かに様々な音楽性を取り組んではいるものの統一性が無い訳でもなく、手作り感のあるラフなビートや人情味のある優しいメロディーでアルバムを染め上げられて、彼が愛するアナログサウンドの温かさを前面に出した作風は確かにVakulaである事を主張もしています。色々なタイプのハウスが収録されているのでDJにも重宝するでしょうが、ホームリスニングとしてもVakulaの魅力が伝わってくる力作ですね。

試聴

Check "Vakula"
| HOUSE7 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
A Long Hot Summer Mixed By Chris Brann From Ananda Project (Nite Grooves:KCD274)
A Long Hot Summer Mixed By Chris Brann From Ananda Project
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
NYから世界へ素晴らしいハウスを送り続けるKing Street Sounds/Nite Groovesも、近年は作品の良し悪しとは関係せずにアメリカ産ハウスの人気低迷の煽りを受けている様に思われる。かくいう私も以前程にはアメリカのハウスを聴く頻度は落ちているが、本作品を聴くと実は今でも良質なハウスが粛々とリリースされていた事に気付いた。本作品はKing Street Sounds/Nite Groovesを代表するアーティストであるChris Brann(aka Ananda Project/P'Taah)に拠る夏向けの空気が満ちたMIXCDではあるが、それと共にレーベルの近年の作品のみを使用したレーベルショーケース的なCDでもある。最初に断っておくとChris Brannの活動の主軸はアーティスト/トラックメーカーであり、クラブで色々な音楽を使用し自分の世界を築き上げるDJではないと思っている。だから本作でもミックスの妙技を楽しむと言った趣は少なく、一曲一曲を丁寧に繋げ合わせ曲その物の魅力を最大限に聞かせる事に終始するようなタイプのミックスだ。その点では確かにMIXCDとしての意外な選曲から生まれる創造性は無いが、Ananda Projectらしくハウスをベースにしながらもラテンやアフロにジャズやアンビエントな要素を含みつつ、アーバンに洗練されたセクシーさや甘く切ない陶酔感を継続させる期待通りの選曲をしている。強烈な太陽光で視界も揺らぐ真夏のシーズンに於いても、雲一つ無い青空に吸い込まれるような涼風を吹かせる爽快で色気のある音が続き、ぐったりする心身もクールダウンさせる制汗剤となるだろう。それと共に前述のレーベルがかつての様に大ヒット作を生み出している訳ではないが、普遍的に聴きたくなるハウスをリリースする活動を続けていた事に気付かせてくれ、王道のハウスとは何たるかを優しい音でありながらしかし強い信念をもってして体現しているのである。良い意味でこの夏のBGMとなりそうな一枚だ。

試聴

Check "Ananda Project"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Session Victim - The Haunted House Of House (Delusions Of Grandeur:DOGCD02)
Session Victim - The Haunted House Of House
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
Freerange Recordsを主宰しているJimpsterが、モダンなハウスに中心軸を置いた別ラインとして運営しているDelusions Of Grandeur。2009年設立の新興レーベルながらも6th Borough Project、Tornado Wallace、Deep Space Orchestraら注目をアーティストを擁し話題騒然となっているレーベルの一つだ。そのレーベルからまた一つ、目が離せないユニットによるアルバムが到着。それこそドイツの二人組ユニットであるSession Victimの初のアルバムであり、ドイツはテクノだけでなくハウスでも最先端を歩んでいる事を主張する程に完成度の高い作品を送り出した。作風としてはサンプリングを使用したファンキーなハウスから湿っぽく生の臨場感が迫るジャジーハウス、粘り気のある黒く訝しいビートダウンから小気味よいラップが軽さを演出するヒップハウス、果てはロック風の男泣きギターがセンチメンタルに響くサイケなハウスまでアルバムと言うフォーマットを充分に生かした懐の深さ感じさせる。一見多様なハウスに取組み統一性が無いような印象もあるが、決してアルバムの方向性が拡散する事もなく、むしろ多種の作風が一枚岩となりSession Victimのハウスと言う音を主張している。生風の音を感じさせながらもそれらを丁寧に電子音とフィットさせる音への洗練した感覚や、典型的なソウル剥き出しに盛り上げるハウスとは一線を画す一歩引いたような奥ゆかしさ、温度感もそれ程上がらないにもかかわらず低温で燻るソウルネス、そのどれもが上手く抑制されながらメロウなディープハウスを形成しているのだ。感覚的なセンスだけでなく制作に対する理知的なヴィジョンも伝わってくる、それこそモダンと呼ぶべきディープハウスなのだろう。非常に完成度の高いアルバムであり、Session Victimと共にDelusions Of Grandeurと言うレーベルをも評価を高める一枚となるだろう。

試聴

Check "Session Victim"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Tom Trago - Iris (Remixes) (Rush Hour Recordings:RH 114 RMX)
Tom Trago - Iris (Remixes)
Amazonで詳しく見る(MP3)

オランダからデトロイト・テクノ/シカゴ・ハウスの復権を促すRush Hour Recordingsから、Tom Tragoの新作はなんとシカゴレジェンドのTyree Cooperをボーカルに迎えたリミックス集。しかもリミキサーにはこれまたシカゴ・ハウスの巨匠であるLarry Heardに、Firecracker Recordingsを主宰するLinkwood、そしてブルガリアからのKiNKを起用と話題性も抜群の一枚。格段に素晴らしいのが完全にLarry節全開となる"What You Do (Larry Heard's Fingers House Dub)"で、憂いを帯びた切なく物悲しいコードを展開するキーボード使いが素晴らしく、しみじみとした枯れ具合が心にそっと染みこんで労る様です。無駄を省いたシンプルなベースラインやキーボードの旋律などが目立つものの、何処までも丁寧に作り上げた作風こそLarryの心情を雄弁に物語るこれぞディープハウスと言う一曲です。一方Linkwoodによる"Being With You (Linkwood Remix)"は、フランジャーをかけたハットで抑揚を出しつつや浮遊感のある幻想的な上モノが広がり、それが未来的な初期デトロイト・テクノを思わせる良作。また音自体は綺麗だけれども懐かしさを感じさせる素朴な音色で満たされており、それが余計にメロウさを際立てています。一番シカゴ・ハウスらしいのが"What You Do (KiNK's Peaktime Remix)"で、ザクザクとしたハイハットや汚らしいスネア、不安を誘うオルガンのメロディーに狂気じみたTyree Cooperのボーカルが乗っかり、前述の二曲とは全く異なる暴力的なリミックスとなっています。全曲文句無しに素晴らしく、是が非でも聴いて欲しい一枚です。

試聴

Check "Tom Trago"
| HOUSE7 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Moody - I Guess U Never Been Lonely EP (KDJ:KDJ 41)
Moody - I Guess U Never Been Lonely EP

リリースする作品の多くがプレミア化しているデトロイトの鬼才・Moodymannの新作は、なんと日本のみ、しかもディスクユニオン完全独占販売となるこれまたプレミア化必至のアナログ盤。今頃海外のコレクターも血眼になってあの手この手で入手しようとしている事でしょう。近年の作風は官能と怒気が混沌とした強烈なハウスからは距離を置いていますが、新作でもその方向性は変わらずにジャズファンクを打ち出した"Ulooklykei-Cecreamnda-Summertyme"が秀逸です。セクシーで濃厚な甘い声を聞かせるNikki-Oをボーカルに迎え、ローズ・ピアノの艶やかな音色、哀愁のあるギターカッティング、荒い臨場感のあるドラムなどセッション風に録音されたハウスを意識させないトラックは、Moodymannが彼のルーツにあるブラックミュージックへの思いを以前よりも強く打ち出しているようです。そして"I Guess U Never Been Lonely"ではなんとエレクトロ・ポップで人気を博しているJunior Boysをフィーチャしており、ぶりぶりとした切迫感のあるエレクトロベースや冷めたJunior Boysの歌(?)もどこか虚無的。Junior Boysが参加した影響もあるのか4つ打ちのハウスながらも、電子の音に痺れるエレクトロ感が強めですね。他にもそのダブバージョンを含む計4曲を収録し、Moodymannの謎めいた官能をとことん堪能出来る1枚です。

MOODY - I Guess You Never Been Lonely EP - snippets by mahoganimusic

Check "Moodymann"
| HOUSE7 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Akufen - Battlestar Galacticlown (Musique Risquee:RISQUEE 025)
Akufen - Battlestar Galacticlown
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

遂に出た、なんとこのAkufen名義では9年振りとなる新作EP。自らマイクロ・サンプリングと称する細かく刻んだサンプリングの嵐の技は新作でも健在で、もはや予測の付かない音のコラージュと化しています。1年半にはHorror Inc.名義で湿り気のあるアンビエント風なハウスを作品をリリースしていましたが、やはりこのAkufen名義では本領発揮と言うかリスナーの多くが期待しているであろうファンキーなハウスを披露。跳ねたビートの中に何だか良く分からない断片化されたサンプリングが埋め込まれ、ファンキーな4つ打ちのグルーヴを生かしているものの、以前に比べると全体的にベース音や低音でぶっ飛ばすようなプレッシャーはかなり後退しています。重心の低い音が後退した分だけ軽やかに浮揚感も増し、ユーモア溢れる可愛らしい無邪気な音の使い方がより強調される事となり、強烈なグルーヴに頼らなくとも軽快かつ愉快に踊れる方向へと進んでいるようです。肉体感溢れる迫力のあるクラブトラックと言う事にはもう関心が無いのかもしれないけれど、このレコードジャケットのようにカラフルでポップな世界感はパワーアップしており、過去の遺産に頼る事なく新たな作風へとチャレンジしていると言う意味では進化しているのでしょう。

試聴

Check "Akufen"
| HOUSE7 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |