COCOFURO ますの湯
COCOFURO ますの湯

かつては都内に2000軒を越えていた銭湯も経営者の高齢化や客数減少により廃業する店も増えており、銭湯好きな筆者にとっては残念な状況。そんな中でも設備投資やリフォームを行い新たな客層を掴んで、銭湯文化を守ろうと頑張っている銭湯も少なからずある。2019年3月1日にリニューアルしたCOCOFURO ますの湯もその一つであり、今流行りのデザイナーズ型銭湯である。久が原駅目の前の立地、珍しい早朝からの開店となる6〜24時営業、そして大田区特有の黒湯温泉、他にもまだまだお奨めポイントは多数あり、人気を博しているようだ。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ラーメンイエロー 御徒町店
ラーメンイエロー 御徒町店1

平日の夕方に上野で特別展「三国志」を見て、その帰りに御徒町を歩いているとおやおや黄色い看板が現れたではないか。三国志だけに黄巾の乱か?(黄巾賊は黄巾と呼ばれる黄色い頭巾を頭に巻いていた)…というのは冗談で、帰りに寄れる二郎系はないかとチェックしていたのだが、それがこのラーメンイエロー。なんでも新潟が本店の二郎インスパイアだそうで、こちらは2017年7月に東京初進出となった御徒町店。今回はラーメン並(850円)にトッピングはやさいましましにんにくあぶらで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
埜庵 kohori-noan 26回目
埜庵1

今年もかき氷のシーズンの到来、となれば何はさておき通年かき氷営業を広めた発端である湘南は鵠沼海岸の「埜庵 kohori-noan」。正直この数年のかき氷ブームはタピオカブームと同様で加熱し過ぎていて距離を置きたくなる状況ではあるが、かき氷に対し開眼する原点となった埜庵だけは、今でもタイミングを図って一年に一度位は美味しいかき氷を求めて足を運んでいる。日光・三ツ星氷室の天然氷を使った…なんてもはや天然氷を使ったかき氷屋が溢れていて、それだけでは店のアピールにならない時代、埜庵は天然氷が将来失われるであろう事まで予測して、天然氷を売りにせずにあくまでシロップやソースの美味しさを売りにして新たな顧客を開拓している。さて、恒例夏のシーズンは本店での営業は控えてデパート等に出店をしているが、今回7月24日から8月13日にかけて藤沢のさいか屋に出店していたので、平日の夕方に出向く事にした。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
トランキーロ!
トランキーロ! 1

北は札幌、西は京都までじわじわと全国へと広がり続けるラーメン二郎。一方でそれに影響を受けたインスパイア店は本家以上の勢いで増殖と拡大を続けており、もはや単にガッツリというだけでは舌の肥えたファンを惹き付けるのが難しい程に、巷にはインスパイア店が溢れている。そんな状況で二郎系不毛の地である西新宿五丁目に2019年5月に誕生したインスパイア店がこのトランキーロ!。木・金曜日は「煮干しそば虎愼 離レ」として営業しているが、土〜水曜日はこのトランキーロ!として営業しており、店としては完全に別営業。さて、開店前から並んでいたものの自分以外には誰もいないので人気無いのか?と不安になったが、オープンと同時に店に入るとそのタイミングで他の客もやってきて、6席しかない狭い店内は直ぐに埋まってしまった。事前情報では汁なしが人気のようであったが、初めてだったのでラーメン並(800円)、無料トッピングはニンニクヤサイアブラで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
らーめん陸 尾山台店
らーめん陸 尾山台店1

乱立するラーメン二郎インスパイア店、オリジナルより更に暴力的な量へと振り切れたり、または逆に濃厚な味ながらも上品さを兼ね備えた店もあったりと、枝分かれしたその先は玉石混淆。その中でも比較的綺麗な盛り付けが印象的なインスパイア系がらーめん陸で、その店長はラーメン二郎・上野毛店の出身だそうな。本店は上町店となるが、今回訪れたのが支店となる尾山台店で、何とも寂れた面構えの店先で一見さんは不安を覚えるかもしれない。今回はラーメン(750円)にトッピングはヤサイアブラで注文。ニンニクは卓上の壺に粗みじん切りの刻みニンニクに入っているので、自分で好きなだけ盛るとよい。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ラーメン ゼンゼン
ラーメン ゼンゼン1

ラーメン二郎という源流を軸に枝分かれしたそれぞれの店が更なる個性を獲得しているインスパイア系、その中には本家二郎よりも更にインパクトを持つ店も少なくはないが、その一つに挙げられるのが蓮爾だろう。その最大の特徴は本家を上回る極太麺で、その暴力的な麺に魅了されたジロリアンも少なくはない。とは言いながらも当方はまだ未訪問ながらも、今回その蓮爾の店長をしていた方が独立し、武蔵新城にゼンゼンなる店を開店させたとの情報を聞き付け訪問してきた。今回は豚の評判が良かったので、ラーメン(700円)豚増し(150円)にトッピングはニンニクヤサイアブラで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
那須温泉 小林館 ~ 鹿の湯 ~ 滝の湯

那須湯本1

年末恒例、一年で心身に溜まった汚れを浄化すべく癒やしを求めて温泉旅行へと向かった先は、栃木は那須湯本へ。高原と言う事で動物園や牧場に富んでおり、また美術館やパン屋にペンションやホテルも多く観光には向いている地域ですが、それも那須湯本の手前まで。標高の高い奥の方に向かうに連れて人は減っていき、その代わりに硫化水素の匂いと共に現れるのは鄙びた温泉の町並み。舒明2年(西暦630年)に開湯したとされる名湯・鹿の湯に始まり、今でも古き良き温泉が湧き出るその地は湯治にも適した民宿も多く、温泉好きな人にとっては欠かせない場所だ。

続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
らうめん さぶ郎
らうめん さぶ郎1

ある種最早ムーブメントとも呼べるラーメン二郎とそのインスパイア系の快進撃、中にはまんま名前をパクってくる店も少なくはないが、新橋・汐留にあるこちらの店も正にそれ。その名も「さぶ郎」、ある意味二郎の次だから進化しているとも考えられる。事実、醤油だけでなく味噌や塩の3種類の味が選べるという点でも進化系と呼ぶ事が出来るかもしれない。今回は醤油豚5枚(850円)に極太麺(無料)を注文、トッピングは脂野菜刻み玉ねぎで。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ピコピコポン
ピコピコポン1

最近はラーメン二郎/インスパイアの新規開拓が停滞しているのも、新しく出店する場所がもはや交通の便の良い所が減ってきているのも原因の一つで、逆にそれだけインスパイア店も都内に飽和というか充実しているとも言える。そんな中で一際注目を集める新規インスパイアが、西早稲田のピコピコポン。ふざけたような名前のその店は、しかしインスパイア系最高峰の評価を得ている豚星。で働いていた人が開店させたそうで、それならば注目を集めるのも必然だろう。地下鉄ならば西早稲田駅が最寄りだが、JR高田馬場駅からでも徒歩10分もかからないので立地はそう悪くもない。今回はラーメン(780円)で、無料トッピングはニンニクヤサイアブラで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
川崎 政之湯
政之湯

今では駅周辺も再開発されたおかげで都会的な雰囲気になっている川崎駅も、ちょっと足を伸ばせば立ち飲み屋や特殊浴場なんかもあったりと、そのディープな界隈はいまだ健在だ。そしてそんな街にも温泉があったとしたら…って、駅から歩いて7〜8分程の繁華街の中に、何と温泉銭湯があるのだ。それこそ「政の湯通り」沿いにある政之湯で、銭湯の名前が通り名になっている位にもしかしたら街の憩いの場なのかと勝手に想像しつつも、その銭湯の2件隣は特殊浴場だったりでそのギャップが何とも言えない怪しさを醸し出している。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |