CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
ラーメン ぶぅさん
ぶぅさん1

荏原中延と戸越公園の間の車が行き交う第二京浜、黄色い看板に可愛い豚さんの絵が描かれており何だあれはと店へと入ってみると、予感は的中新しくオープンしたラーメン二郎インスパイア系の店のぶぅさんだ。豚さんの絵といいぶぅさんなる豚まんまの店名といい、これ程分かりやすいインスパイアの意思表示はなかなか他には無いだろう。そして面白い事にトッピングはコーンや玉葱に鰹節など9種類の中から3種類を選ぶ方式になっている事で、これならば毎回味を変えて楽しむ事も出来るだろう。今回はラーメン(750円)を注文、トッピングは野菜増し・特製生姜・味付き脂で。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
火の豚 人形町駅前店
火の豚 人形町駅前店1

ラーメン界屈指のジャンキーかつボリュームで一大勢力を築き上げたラーメン二郎、そして麻婆豆腐を武器に人気を博す蒙古タンメン中本。ラーメン好きでなくともその名を知るであろう両者がもしもフュージョンしたら…そんな夢を叶えてしまった店が火の豚だ。埼玉に本店があるこのお店が今年になって人形町にも出店した事でちょっとした話題を集めており、二郎の中毒に染まっている身として、そして辛い料理好きとしてこれは行かねばという事で、人形町まで出向いてきた。今回はフュージョン(800円)で、無料トッピングはニンニクヤサイしょうがで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ラーメン 盛太郎
ラーメン盛太郎1

神田には元々ラーメン二郎神田店があった筈だが、その後暖簾を外しラーメン神田店となった歴史がある。何だかラーメン二郎やそのインスパイア系のイメージはそれ程ない神田、しかしそんな神田にラーメン盛太郎なるインスパイア系がある事を知った。ネット情報ではなかなかのインパクトがありそうだったので、わざわざラーメンを食すためだけに出向いてきた。インスパイア系というと形だけパクって実は麺や豚の量が大した事ない店も少なくはないが、ここはラーメンの麺は茹でる前の状態で小盛り285g、並盛り430g、大盛り570gとなかなかのボリュームを誇っており、修行しに行くには十分過ぎる量だ。折角なので今回はチャーシュー麺並(880円)を注文、トッピングは野菜ニンニク背脂で。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Outsiders 【旧店名】凛 大崎店
The Outsiders 1

ラーメン二郎のインスパイア店の凛 渋谷店で食べた「新みそ」が程よく辛い味噌味でなかなか美味しかったのを思い出し、系列店のThe Outsidersにも同じ内容である「辛ソバ」があるというのを知り、大崎まで足を伸ばして訪問してきた。このThe Outsidersは実は元々凛の大崎店だったのだが、2010年4月頃に凛改めThe Outsidersへと店名を変えて再出発。が更に2012年9月には五反田に系列店のDapper Dan NOODLEを開業した事でThe Outsidersがクローズする予定だったものの、何があったのか定かではないがその後Dapper Dan NOODLEが閉店して、その代わりにThe Outsidersは今も尚運営を続けている。取り敢えず今回は目的だった「辛ソバ」(800円)を注文、トッピングはニンニクマシで(ここは野菜や脂マシのオプションは無し)。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
伊東温泉 松原大黒天神の湯
松原大黒天神の湯

昨年末に一年間の疲れを取るべく大好きな温泉旅行へと行ったのは、随分と久しぶりになる伊東。熱海と近い事もあって昔は賑わっていた印象が残っているものの、一時期から熱海の衰退と連動するようにあまり注目を集めなくなったようにも感じていたが、また近年熱海の復活もあり伊東もどんなもんかと思い足を運んだ次第。と言っても目当ては伊豆シャボテン公園のカピバラ露天風呂で、その最寄が伊東だっただけ。しかし実は調べてみれば豊かな湯量は静岡県一を誇るそうで、町中にも七福神の湯なる共同浴場が多数ある事も知り、今回はその一つである松原大黒天神の湯で外湯を楽しんできた。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
埜庵 kohori-noan 25回目
埜庵1

ここ数年はかき氷のシーズンの最中は整理券制となり、またデパートに出展しても大行列となり、なかなか以前程には気軽に訪れる事が出来なくなっている鵠沼海岸の埜庵。しかしやはりどうしてもあの場所で店長と談笑しながら美味しいかき氷を食べたい!ならば客足の遠退く冬に行くのがBESTと言う事で、年末の旅行に合わせて鵠沼海岸へと寄ってきた。現地へと着くとこの寒い年末にもかかわらず多少の待ちが出来ており、やはり冬でも熱心なファンがいる事は流石かき氷専門店の先駆者としての実力だ。さて、冬のメニューは何があるかと期待していたところ、ハスカップや苺系も気になったものの「たまごとみるくとばにら いちごラズベリーシロップ添え」(1070円)なる見た事のない物があったのでこちらを注文。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
夢を語れ 白山店
夢を語れ 白山店1

一本の大樹が細かく枝分かれしていくように三田から始まったラーメン二郎も各支店、そして影響を受けたインスパイア系が都内から日本各地へと広がっている近年。その中で京都は一乗寺に2006年にオープンした「ラーメン荘 夢を語れ」は、関西ではインスパイア系の走りとして東京でも名の知られる存在だ。関西を軸に「地球規模で考えろ」や「歴史を刻め」などユニークな店名で支店を増やしており、東京に住む吾輩も興味を惹かれる存在だった。それが2016年11月に都内に初進出したのだが、それこそ白山店である。今回は初訪問という事で豚らーめん(950円)で、無料トッピングは全マシで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 20:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
新丸子 丸子温泉
丸子温泉

普段は特段用も無いので降りる事もない駅、それは東横線・目黒線が乗り入れる新丸子駅。今では再開発が進みタワマンが乱立する武蔵小杉の隣の駅でもあるが、そちらの華やかさに対して新丸子駅はまだローカルで落ち着いた雰囲気が残っており、そして何より駅近くに温泉銭湯がある事が驚きだ。その名も丸子温泉、浴場でなく温泉と名乗っている事からも分かる通り、しっかりと温泉なのだ。
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
麺でる 戸越公園店
麺でる 戸越公園店1

ラーメン二郎という本流から枝分かれし各所に広がるインスパイア系、その中でも着々と店舗を増やしているのが麺でるだ。以前に田園調布本店に伺ったものの本家にも負けないボリュームとコスパを誇っており、今回は戸越公園駅にもあると言う情報を嗅ぎ付け早速訪問してきた。丁度昼頃行ったせいか10席弱あるカウンターは殆ど埋まっており、どうやらなかなかの人気店にも伺える。田園調布本店では同料金で麺の量は選べたのだが、こちらは基本は250グラムのようだ。今回は子豚(750円)で、無料トッピングはヤサイマシマシニンニクアブラ魚粉で注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ちばから 渋谷道玄坂店
ちばから 渋谷道玄坂店1

東京カルチャーの中心地である渋谷、そのファッショナブルな場所のせいか若者が溢れながらもその街はラーメン二郎のようなにんにく臭溢れるB級ラーメンは似つかわしくないのか、インスパイア店も多くは存在しない。しかし2017年5月、突如として千葉は市原から「ちばから」を名乗るインスパイア店が渋谷はホテル街の直前にある道玄坂に出現した。オープン直後は大行列となっている話を聞いて訪れるのを避けていたのだが、とある夏の一日に今ならそんなでもないだろうと思い、道玄坂へと行く事にした。ホテル街に入っていくその坂の途中、店の前に着くと意外にも行列は無しだ。早速券売機でらーめん(890円)に豚券(200円)を購入、トッピングの呪文は野菜マシマシにんにくアブラねぎを唱える。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
続きを読む >>
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |