CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
Klaus Schulze - Moondawn (Revisited Records:REV031)
Klaus Schulze-Moondawn
Amazonで詳しく見る

本日もまだまだ引き続きジャーマンプログレッシブロックの紹介です。こんなマニアックな特集を組んでいるせいか、徐々にアクセス数が減っていて寂しいこの頃です。でもテクノを聴く者の宿命として、ジャーマンプログレ特集は続けるぞと。昨日はManuel Gottsching様を紹介したので、今日はその友人であるキーボーディストのKlaus Schulze氏を紹介します。Gottsching様とSchulze氏と言えば元Ash Ra Tempelのメンバーとして、完全にラリッている瞑想(迷走?)サイケデリックロックをプレイしていました。"E2-E4"のGottsching様しか知らない人には到底聴く事の出来ない強烈な音楽でありまして、その時はSchulze氏はドラマーとして超絶に自由奔放なリズムを叩いていたんですね。アルバム一枚を出した所でSchulze氏はバンドを脱退するのですが、ソロになった時点から彼のシンセサイザー奏者としての道が始まったのです。さて名作として誉れ高い本作は、珍しくもドラマーを引き入れて電子音の演奏と生演奏を共演させています。電子音と言うかシンセサイザーはたんまり利用されているものの、分かり易い音ではなくて難解なジャーマンプログレを象徴しているドロドロと重苦しい雰囲気に包まれています。曲の途中からメランコリックなシーケンスも入ったりしてくると、テクノっぽい連続的な繰り返しも出てくるのですが、やっぱり爽快感は皆無ですな。ただ細かく入っているSEとか浮遊感のあるシンセのエコー、ミニマルなシンセのシーケンスの使い方とかは、とても76年に一人で作ったとは思えない出来です。またそれに合わせたドラムの躍動的なグルーヴがあるおかげで、だれる事無く大きなうねりを生み出しボーナストラック含め3曲78分と言う壮大なストーリーを聴き通す事が出来るようになっています。いやしかし気持ち良い音なんだか不快な音なんだか分からないけど、とても深い世界である事には間違いないですね。

Check "Klaus Schulze"
| ETC1 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Manuel Gottsching & Michael Hoenig - Early Water (Spalax Music:CD14536)
Manuel Gottsching & Michael Hoenig-Early Water
Amazonで詳しく見る

本日も更に引き続きジャーマンプログレッシブロックの紹介です。今日は皆様お待ちかね?"E2-E4"で有名なManuel Gottsching様と、全く名前の知らないMichael Hoenigのコラボーレートアルバムです。Manuel Gottschingと言えばとにかく"E2-E4"によってジャーマンプログレのみならず現在のテクノまで深々と影響を残し、後世に語り継がれるべき存在のギタリストであります。そしてMichael Hoenigはとあるバンドのキーボーディスト。この二人のコラボレーションは結果は奇跡的にも、この本作の中に壮大で深い一大絵巻として残される事になったのでした。テクノ好きの方は当然"E2-E4"はご存じだと思いますが、本作はそれにも負けない位の瞑想力と快楽さを発揮して、1曲48分28秒と言う長い長いインナートリップへと引き込むのです。Hoenigに依る単調に繰り返されるシンセシーケンスの上を、Gottschingがギターをフリーキーに又はあるパターンを繰り返し演奏するだけのある意味な変化の少ない楽曲。そういった意味ではやはり"E2-E4"と同類な訳ですが、"E2-E4"が星の煌めく様に音の一つ一つが主張する訳のに対し、本作は月の静かな光の様に滑らかでスムースな音響ですね。角が立っておらず丸いアナログ的な音は聞き易く、一般的にもヒーリングミュージックとして聴ける物だと思います。Gottschingのギターは咆吼してもHoenigの優しいシンセ音がそれをも包み込み、全体的に優しい音作りになるのですね。1976年作にレコーディングされたのに、実際のリリースは1995年とは非常にもったない。何であれ"E2-E4"を好きな人は、必ず聴いた方が良いですよ。

Check "Manuel Gottsching" & "Michael Hoenig"
| ETC1 | 21:45 | comments(6) | trackbacks(2) | |
Moebius & Plank - Material (CAPTAIN TRIP RECORDS:CTCD-576)
Moebius & Plank-Material
Amazonで詳しく見る(紙ジャケット仕様)

今日も昨日に引き続きジャーマンプログレッシブロックの紹介です。昨日はMoebius & Plankコンビの1stアルバムを紹介しましたが、今日は同ユニットの2NDアルバムを紹介します。本作も限定1000枚のみのリイシューなので、気になる方はお早めに購入しますように。さて本作にも関わっているConny Plankなんですが、ジャーマンプログレッシブロックにおいては欠かす事の出来ない存在でありまして、Cluster以外にもKraftwerkやNEU!、Ash Ra Tempel、Guru Guruなど多くのバンドのプロデューサーやエンジニアを務めていました。そして80年代に入ると数多のニューウェーブバンドから手を引かれる状態となり、音楽制作においてかなりの影響を及ぼしたそうです。で本作なのですが、確かにジャーマンプログレと言うよりは音が鋭角的でニューウェーブの方に近いかと思われます。電子楽器の利用は当然なのですが、ギターなども導入されて荒々しく生々しい臨場感のある音が特徴ですね。81年作なのに古臭い感覚を匂わせる事もなく、ソリッドで切れ味鋭い音とか立体的な音響が今でも新鮮に聞こえます。もちろんエレクトロニクスも存分に使われていて、太いアナログシンセの音や廃墟から生じる様な寂れた音がパンク精神を感じさせますね。完全にConny Plank色全開です。

Check "Dieter Moebius" & "Conny Plank"
| ETC1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Moebius & Plank - Rastakraut Pasta (CAPTAIN TRIP RECORDS:CTCD-575)
Moebius & Plank-Rastakraut Pasta
Amazonで詳しく見る(紙ジャケット仕様)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
昨日に引き続きジャーマンプログレッシブロックの紹介です。今日紹介するのはClusterのメンバーであるDieter Moebiusと、ジャーマンプログレからニューウェーブまで多大なる影響を持つ名プロデューサー・Conny Plankの共作。なんとこのアルバムつい最近1000枚のみ限定でリイシューされた名盤で、私も予約して待ち望んだ期待の作品です。タイトルは直訳すると「マリファナパスタ」(らしい)。ジャーマンプログレの難解なイメージは払拭するかの如く楽天的で開放的なんですが、タイトル通りどこかぶっ飛んじゃってます。シンセと言うかエレクトロニクスが気の抜けたポップな旋律を奏でてはいますが、ダブとかレゲエから影響を受けた空間的な音響やグルーヴは普段のジャーマンプログレとは少々異なる物。電子音楽版レゲエとでも言えばよいのでしょうか、電子音楽なのに妙に生々しいですね。お香でもモクモクと焚いて、いかがわしい煙の中で聴きたくなる様なヒッピー的サイケデリックミュージックですな。80年作ですが今聴いても最高に面白いですよ。

Check "Dieter Moebius" & "Conny Plank"
| ETC1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(2) | |
Cluster - Cluster (Brain:POCP-2385)
Cluster-Cluster
Amazonで詳しく見る(紙ジャケット仕様)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
テクノとの関連も深いジャーマンプログレッシブロックの名盤の数々が目出度く再発される事になったので、今日から当面はジャーマンプログレ特集を続けます。テクノが好きな方は是非ともこの機会にジャーマンプログレにも耳を傾けるべきでしょう。有名どころで挙げればKraftwerkやManuel Gottschingなんかは皆様ご存じだと思いますが、実は70年代初期には同じくドイツからエレクトロニクスを駆使した新世代のロックバンドが続々と生まれていたのです。彼ら新世代はロックとは言いつつも既存のフォーマットから外れた構成力と前衛的な実験精神を伴って、予定調和にならない電子音楽を生み出したのです。そしてそれら音楽はその後、テクノの活性化に伴い新たに日の目を浴びる事となったのでした。

さてジャーマンプログレ特集初日は、Dieter MoebiusとHans-Joachim Roedeliusの二人からなるCluster。ジャケットをまずは見て貰いましょう。星が無数に散りばめられているけれど、正にそんな感じのラリパッパーな音楽です。ビートとかリズムなんてものは存在しないし、明確なメロディーもありません。電子楽器が無機質で不安定な旋律をなぞり、この世とは思えない異次元の様な不思議な音を発しているだけなのです。ふらふらとふらつく電子音には浮遊感覚を覚えるのですが、それが快楽を生み出すかと言えばそうでもなく密閉空間に閉じこめられた如く陰鬱で重い空気が漂っています。ビヨンビヨンとかゴォォーとかずっとそんな感じで電子音が鳴っているだけで単調ですが、テクノだって単調なリズムが基本。そうゆう意味ではテクノ好きが最も好感を示すジャーマンプログレかもしれません。単純に電子音好きな人も聴く価値は有りです。

Check "Cluster"
| ETC1 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Massive Attack - Protection (Virgin Records:7243 8 39883 2 7)
Massive Attack-Protection
Amazonで詳しく見る(スペシャルプライス)
 Amazonで詳しく見る(日本盤) Amazonで詳しく見る(UK盤)
毎度毎度アルバムリリースの間隔が長くて、ファンをヤキモキさせるブリストルシーンの最重要ユニット・Massive Attack。トリップホップと呼ばれるジャンルを開拓したそのサウンドは、ヒップホップやダブ、レゲエを高密度に圧縮し練り上げた非常に粘性の高い音で、一大ムーブメントを引き起こしたと言っても過言ではないでしょう。そんな彼らの1994年リリースの2NDアルバムが"Protection"。基本的に彼らの作品に駄作は無し(最新作を除く)と思っていますが、このアルバムも非常に素晴らしいです。彼らの中では一番レゲエとかヒップホップ色が強いと思うこのアルバムですが、それだけだったら僕は聴くのは逆にしんどいですね。どうして僕が彼らのアルバムを聴ける事が出来るのかと説明するならば、ブルージーなギターカッティングやメランコリックなピアノの音色、柔軟で広がりのあるストリングス、どこか陰りがあり神妙めいたゲストボーカルの歌などを、細かく緻密に配置してドラマチックで精美な世界観を創り上げているからです。Everything But The GirlのTracey Thornがボーカルをとる"Protection"を聴いてみなよ。後半のピアノアルペジオが流れる辺りでは、じんわりと心の底から込み上げる物があります。Trickyが歌う"Karmacoma"は、ズブズブと沼にはまっていくマッドな音ですね。Craig Armstrongがピアノを演奏する"Heat Miser"も、闇の中に光明が射してくるみたいで泣けてきます。ブラックミュージックを基にはしているのだけれど、それをUK流の美しい音と組み合わせ再構築した作業は確実に新たなるシーンを創り出したと言えるでしょう。Nicolette、Horace Andy、Nellee Hooperとゲスト陣も強力でこれ以上は考えられない最高のトリップホップアルバムだと思いますね。しかし異様に湿度が高いと言うか、何だこのずぶ濡れの音は…。

試聴

Check "Massive Attack"
| ETC1 | 23:00 | comments(5) | trackbacks(1) | |
Fila Brazillia - Another Late Night (Azuli Records:ALNCD01)
Fila Brazillia-Another Late Night
Amazonで詳しく見る

連日HMVで格安で購入したアルバムを紹介していますが、それも今日で最後です。最後は名前を聞いた事ある位しか知らないFila Brazilliaが手掛ける、"Another Late Night"シリーズの一枚目。まじでFila Brazilliaがどんなユニットか知らなくてちょっと調べたのですが、ジャズ、ソウル、ファンクなどを滑らかに溶かしてゆるゆるにプレイした感じの音楽性らしいです。オリジナルアルバムは一度も聴いた事ないから判断の仕様がありませんが、午後三時のお昼寝時に聴くのどかな音楽と予想します。そんな彼らが選曲&ミックスを務めたのがこの"Another Late Night"なんですが、ミックスはかなり適当と言うか差し障り無い程度に繋いでいますよってな感じです。なのでミックスプレイを期待している人は、間違っても買わない方が良いでしょう。音楽的にはもっさりとしたファンクを中心にジャズとかダウンテンポを繋いでいる様ですが、だらだらと垂れ流しになっている雰囲気はのどかでリラックスした空気を纏っていますね。可もなく不可もなくただただ流れているBGMとして聴いてしまいますが、全く重みもないし嫌味もないしそうゆう意味では本当にBGMらしいですね。アコースティックな湿っぽい感触と爽やかな空気感に、そして少々郷愁を足した微睡み系ダウンテンポは徐々に眠気を誘うのでした。ところで真夜中の音楽と謳われているけれど、どうしたって昼下がりの音楽だと思うんだけどね。

試聴

Check "Fila Brazillia"

Tracklistは続きで。
続きを読む >>
| ETC1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Steve Hillage - Rainbow Dome Musick [Original Recording Remastered] (Virgin Records:CDVR1)
Steve Hillage-Rainbow Dome Musick
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(限定盤)
昨日に引き続きSystem 7のメンバー・Steve Hillageのソロアルバムを紹介。これも79年にリリースされた過去のアルバムなのですが、リマスター済みで再発です。リリースはかなり前なんですけど、音はかなりのぶっ飛び具合のアンビエントなのでSystem 7好きにも難なく受け入れられる作品だと断言します。GONG脱退後、完全にソロになったHillageは奥様のMiquette Giraudyと共に音楽活動を始めるのですが、二人の相乗効果は多大なる影響を及ぼし総天然色、楽天・快楽主義が全開になった「Rainbow Dome Musick」を生み出したのでした。タイトルはそのまんま内容を表してると言え、フルカラーの音が空から降臨してくるように辺りを包んでいきます。スペイシーなギターだけでなく、エレクトロニクスも貪欲に取り入れたサウンドは、現System 7の原型とも言えるべきトランシーな効果を発揮して、言葉では表現出来ない程の幻想的な世界を表現していますよね。今聴いても全然古臭くないし、中途半端な最近のアンビエントなんか比類にならない位快楽の度合いが高いと思います。余りにも色数が多すぎて仕舞には、眩い光だけになり自分も光の中に溶け込んでしまいそうだし。これを79年に作ったなんて先人恐るべしですよ。Steve Hillageの過去作品を復習したら、今度はSystem 7も聴いて過去と現在を比べるのも一興です。

Check "Steve Hillage"
| ETC1 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
Steve Hillage - Fish Rising [Original Recording Remastered] (Virgin Records:CDVR2031)
Steve Hillage-Fish Rising [Original Recording Remastered]
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(限定盤)

突然ですがSystem 7のメンバー・Steve Hillageのソロアルバムの紹介。突然つか1975年の作品が、リマスターされて再発されるからなんだけどね。僕を含めて今の世代にはやっぱりSystem 7の方が有名で、トランシーでハイパーサイケデリックなテクノサウンドは歳を経る毎にパワーアップしてゆく格好良いおじさん代表なんですが、そんな人の過去の作品をこの機会に聴いてみるのもどうでしょうか。この人元々はGONGと言うフランスのプログレッシブロックバンドのギタリストで、半分いっちゃってるようなかなりオプティミスティックな音を出していたのですが、GONGでの経験を生かして作ったファーストソロアルバムが「Fish Rising」です。リリースされた年を考えれば分かると思いますが、全然テクノちゃいますよ。普通に昔のプログレッシブロックなんですが、でもHillageらしいトリッピーな快楽がヘナヘナで極彩色のギターに依って表現出来ているんじゃないかな。でもSystem 7に比べるとトランシーと言うよりは底抜けに明るいポップな音で、気の抜ける脱力サウンドは面白可笑しいです。これが20年後に現役バリバリのテクノユニットになるなんて、本人も想像だにしなかったでしょうな。

Check "Steve Hillage"
| ETC1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Rovo - Condor (Rovo Organization:WRCD-36)
Rovo-Condor
Amazonで詳しく見る

昨日の音楽紹介で益子樹の名前が出て来たので、その関連でROVOのご紹介です。ヴァイオリニスト・勝井祐二、BOREDOMSの元ギタリスト・山本精一、そしてプロデューサーとして活躍する益子樹、数々のバンドでリズムを支えるドラマー・芳垣安洋&岡部洋一、そしてベーシスト・原田仁から成る6人編成の日本屈指のバンド、それがROVO。日本のロックにとっくのとうに飽きてしまった僕ですが、このバンドこそ僕が最後に出会った素晴らしい日本のロックバンドです。ツインドラムで生み出される変幻自在なリズムと、空高く舞う高揚感のあるヴァイオリン、コズミックなSE、重く圧力のあるベース、地味に華を添えるギターが無限の相乗効果を生み出し、「人力トランス」と言わしめた世にも言えぬ恍惚感を放出します。肉体を駆使した彼らの音、グルーヴはテクノにも負けない踊る欲求を掻き立て、数々のレイブやフェスティバルで多くの観客を無心に踊らせたのでした。

そして2006年リリースの最新作は、なんと一曲55分の超大作。なんと編集やオーバーダブは無しの気迫の人力演奏で、彼らが音楽に込める思いの入れようも伺えるかと思います。かつては「人力トランス」とまで言われた彼らの音ですが、もう今となってはそんな安っぽい形容も消え去り、地球を飛び越え遥か宇宙までぶっ飛んでいくコズミックジャーニーへと成し遂げています。3章に分かれた楽曲は、ジャズやプログレ、ポストロックの様に複雑なリズムが定型を保たずに変容を見せて、そして徐々に空を突き抜け宇宙へと飛翔していく高揚感があります。余りの超大作の為一回聴いただけでは世界観の把握は難しいですが、何度も聴くうちに極限まで研ぎ澄まされたプレイとサイケデリックかつ開放感のある音に、いつの間にか引き込まれる事は間違いないでしょう。テクノばかり聴いている人も、たまには人力による高揚感を味わってみては如何でしょうか。

タワーレコードの特集ページ

Check "Rovo"
| ETC1 | 23:00 | comments(5) | trackbacks(0) | |