CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
2009/02/14 Makin' Love Mix vol.2 @ Grassroots
なんともいかがわしいパーティー名"Makin' Love Mix"。ラブメイクするからセックス、いや、とても素敵だよね。ラブ&セックスを探しに"Makin' Love Mix"に行けば良い。って冗談だ、出会いなんて偶然のものだしな。Music is Music、音を楽しむと書いて音楽、音に浸れ。

今宵のパーティーのレジデントは僕の大好きなDJ Yogurtと、L?K?O。L?K?Oに関してはそれ程詳しくないけれど、レゲエとかヒップホップなどのMIXCDをリリースしているみたいですね。そんな二人が集結すればGrassrootsもHouse Of Loveに様変わり。一夜だけの恋の重力や愛の磁場が発生する場所となるのです。音的にはヒップホップとかR & Bとかが中心だった気がするが(相当飲んでいたので記憶が曖昧)、とにかく緩くてメロウでラブリーで本当に心地良い音ばかりなのよね。普段この手の音は聴かない自分でも、このパーティーだけはガチで自分の心を掴んで離さない。それにGrassrootsの小さいけれど、でもとても親近感のある内装が好きで、音と空間がマッチしているんですわ。飲んだり喋ったり、飲んだり喋ったり、あれ、昨日は殆ど踊ってないや、まあ良いか。一人で来て相手を探すも良し、恋人がいる人はその人を連れてきて愛を育むのも良し、一夜だけでも日常を忘れちゃいなよ。このパーティーはずっと続いていくと嬉しいな、何度でも愛の重力が僕を引き寄せるだろう。

■DJ Yogurt Presents Singles & Remixes 2005 To 2008(過去レビュー)
DJ Yogurt Presents Singles & Remixes 2005 To 2008
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 19:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2009/02/07 root & branch presents UBIK featuring LUOMO @ Unit
軽羹1 軽羹2
また昨日に続き不毛な一夜を過ごした。二夜連続オールナイトとは少し自分を抑制せなと思う訳で。金は消費するし酒飲み過ぎて体にも悪いし、いや、まあそんな生活が好きだから良いんだけど。時々いつまでこんな事出来るかななんてはっとするの。でもその時が来るまで突っ走りたい、人生は一度だから。

つか不毛な一夜では無かった。実は当ブログ読者かつマイミクのmimiさんが、出張で東京に来ていたついでに本日のパーティーに遊びに来てくれたのです。12時過ぎにクラブに入って顔合わせ(合コンかよwww)して、小一時間程雑談。おっとりした綺麗なお姉さん気質な人で、まあ殆どオレの悩みばかりを聞いてもらってたよ。しかしブログの印象からは全然違うって言われたけど、ブログの通りただの変態だよ、オレは。しかも帰りには軽羹もプレゼントして頂いて、本当に本当に感謝です。もっちりむちむちした触感で美味しかったですよ。ブログを通して人と人との繋がりが出来た事は、素晴らしい事だと実感した一夜。mimiさんお疲れ様でした。

Vladislav Delayのライブ、超アブストラクで廃退的なサウンドスケープ。しかしSaloon激混み、マゾな人多過ぎ。説明が難しいバキュズグドルゥゥゥゥ〜ンみたいな不鮮明な音がずっと鳴っているだけで、リズムも一定じゃないので全く全容を掴めない。深すぎる音響工学。

Moodman、相変わらずパーティーの趣旨に合わせたプレイが出来る人。ミニマルっぽい感じながらもハウスビートを基調にした硬めのテクノを連発。パキパキとしたシャープな音が格好良かった。

Luomo、久しぶりに彼のライブを体験。ずっしり太くてシャープな4つ打ちのキックに、耽美な上物が乗っかったエレガンスかつ気品漂うハウス。これをオレは洋風演歌と呼ぶ。うむ、曲の構成や音自体は完璧とも思える内容。が、4つ打ちがずっと続くのは良いんだけど、どんどん単調に陥ってしまった。優等生過ぎるライブと言うか安定感がありすぎた。2002年のforce hyper-disco night @ 新宿LIQUIDROOMの時のLuomoのライブは、もっと耽美と狂気が混じっていてぶっ飛んだライブだったんだよ。ワインボトルをかっくらってLuomoも頭をハンギングしまくってノリノリだったんだ。今回はね…きっと大人になったんだよ。

DJ Yogurt、最高。ミニマル、テックハウス、ハウス、プログレなどを回していたけれど、とにかく飛ばしまくっていました。ズンドコ図太いリズムで疾走感に溢れたプレイ。Petar Dundovの"Sparkling Stars"、そして激盛り上がったJebskiの"Frame"も回された。キラキラと盛り上がるプログレがかかっていたら、A†A±A†Aさんがdeadmau5の超ヒット曲だよと教えてくれた。本当にヨグ氏は何でも回すんだね。朝方になるとちょっと明るくてハッピーな感じのハウスが増えてきた。いわゆるアフターアワーズかいな。まあとにかく盛り上がっていたDJ Yogurt。こりゃMakin' Love Mix vol.2も参加必至だな。

ブログ読者のmimiさんともいっぱい話せたし、音楽も良かったからいっぱい踊れたし、充実した一夜でつた。

■Luomo - Vocalcity(過去レビュー)
Luomo-Vocalcity
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 08:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2009/01/23 TAICO CLUB presents SO VERY SHOW! @ Womb
昨日はVADERを家に呼んでマチュ家と一緒に夕飯を一緒したので、封印しておいた兄貴からの頂き物「Bernachon」のチョコを開封。VADERと一つずつ頂きましたが、上品で綺麗に消えゆく甘さの極上のチョコレートでした。僕もベルナシオンのチョコを買おうと思ってたら「やじうまプラス」で放送されちゃったせいか、その直後にネットでも売り切れ(ほんとにただのやじうまだわ)。でもクラブ行く前に再度「サロン・ド・ショコラ」を見たら、購入可に戻っていたので即購入。

家で飯食べてがっつり酒飲んだ後は、一人で子宮に向かう。なんだかエロイ表現ですが、常識的に考えてWOMBです。常識的に考えて昨夜はミニマルナイト、流石にそんなに客入らないかと思ってたら人いっぱいになったので、何だか嬉しかったです。最初はKaitoことHiroshi WatanabeのDJですが、普段よりも幾分か硬めのテックハウスだった気が。重厚で幻想的なシンセヴェールの曲を回しながらも、ドンチク重めのリズムでアッパーに盛り上げておりました。
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 09:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
2009/01/16 HORIZON presents HOUSE LEGEND ALFREDO again!! @ Unit
今回のUNITはALFREDOっつーバレアリックの伝説的なDJがメインだったみたいです。自分はALFREDOと言われても全く知らないので、今回はぐだぐだ飲んでぐだぐだ音楽聴く感じで遊びに行きました。でクラブ行く前に余りに暇すぎて、一人で恵比寿のBilly Barew's Beer Barに飲みに行く。まあここはベルギービールを扱ってるチェーン店では有名なのでわざわざ紹介しなくてもご存じでしょうが、ベルギービール以外にも世界各国のビールが揃っているので大変重宝しているバーです。今回はベルギーのローデンバッハグランクリュとチェコのピルスナー・ウルケルを飲みました。前者は樽で2年寝かした褐色のビールで、甘酸っぱくて不思議な味。後者はピルスナーの元祖として有名なビールで、美しい淡黄金色と共に爽やかな爽快感のある味で確かに美味しかったですね〜。しかし外国のビールは財布にダメージを与えるので、時々しか行けないのが残念であります。

適当に飲んだ後はUNITに突撃。と行ってもだいたいサルーンでぶらぶらしてた。最初のやけのはらが甘くてトロトロのダウンテンポを回していて、酒を飲んでいた自分にはとても心地良かったです。最近の自分は甘い・切ないモードと言うか、緩いのが体に染みこんでしまったようです。適当にALFREDOのプレイも断片的に聴きに行ったら、"The Man With the Red Face"やら"Jaguar(Derrick May Remix)"→"キング牧師の説法"→"Blackwater"とかかなりクラシック多用してて、アッパーに盛り上げてた気がする。聴けてなかった時間ではバレアリックなプレイをしてたの?でサルーンのDJ Yogurtも断片的に聴いていたけれど、テックハウス中心だったかしら?こちらもかなり盛り上がっていて、"Dreamin' (Satoshi Reconstructed Dubshell)"ではフロア爆発って感じ。その後のYAMADAtheGIANTはトライバルハウス中心で土着的だった気がするけれど、クラブで久しぶりに"Give It Up(Re-edit)"を聴いた。数年前まではこんな音が主流だったのに、今はミニマルばかりだよね。ミニマルはもう勘弁だよ、ソウルが無いよ。そして上でもかかった"The Man With the Red Face"がサルーンでもかかって大盛り上がり。最後は瀧見憲司のプレイをちょこっとだけ聴いたけど、ハウスの曲をピッチを落としまくってかけたり独特なプレイですね。とまあ本当にぐだぐだし過ぎて、無心で踊ってたパーティーでした。最近の自分は軟派なのでハードな音も聴きに行かないと、駄目だとも思った日。でも甘くて緩い、そんなモードに浸り中。
| EVENT REPORT1 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
2009/01/04 Chillout Village 09 @ 高井戸倶楽部
新年一発目のパーティーは高井戸倶楽部で行われたChillout Village。チルアウト系のパーティーはどんなもんかと楽しみにしていましたが、予想外にもまったりじゃなくて盛り上がっておりました。取り敢えず4時半位にさっさと入って酒をかっくらっていると、途中でDJ Heartwarmさんらしき人が僕に手を振っていたけれど、違う人に手を振っていると勘違いしてガン無視。後でトイレに連れてかれてしばかれた(嘘です)。DJ Heartwarmさんは早めに切り上げちゃって、殆ど話せなかったので残念。

フロアではUtsumiがプレイ中。なんだかエキゾチックでトライバルな感じの選曲だったっけ?チルアウトパーティーだからノンビートなのかなと思っていたら、普通にビートが入っていて踊れちゃう感じ。まあ確かにゆるゆるなんで、まったりしたムードはあったけど。途中でB2FLogのTakenさんと待ち合わせ、奥様と一緒にいらしておりました。旦那さんはイケメン、奥様綺麗、お互い音楽好き、良いね、そんなカップル。酒を飲んでぐだぐだと音楽話をして時間を過ごす。チルアウト系だと音が邪魔にならず、ぐだぐだと過ごす事が出来て良いですね。ArtmanにDJが変わるとHEADZ系のビートが尖った感じの音が多かったかな。うむ、チルアウトじゃなくね?もっとフワフワトロトロな音を聴きたい気持ちも。

7時位に遅れてクラブ友達がやってきてみんなで乾杯。高井戸倶楽部は元倉庫を改造したレストランなので奥にはソファーなどもいっぱい置いてあって、そこでみんなで酒を飲みつつまたぐだぐだと雑談。フロアではDJ KENSEIがヒップホップを回していた気が。比較的メロウな感じだったはずだけど、もっとしっかり聴いておけば良かった。フロアには人も溢れてきて、良い感じに温まっておりました。

9時位からお目当てのMixmaster Morrisがプレイ。予想はしていたけれど特にアンビエントセットって訳でもなく、ビートががんがん入っているのをプレイ。途中友達から今かかっている曲を調べに行けと指令を受けるも、最近のDJはレコード使ってないから曲が分からん。やはり個人的にはレコードを大事にして欲しいとも思うのである。フロアでDJ Yogurt発見、カコイイね。また2月か3月にGrassrootsでMakin' Love Setをやってくれるそうな、仕事休んででも行くよ。ついでにTom Middletonも発見、せっかくなら一緒に回して欲しいと思った冬。そんな感じで音楽はBGMとして適当に聞き流し、ずっとみんなでしゃべってたんじゃなかろうか。酒もたんまり飲んで、確実にγ-GTPの値も悪化していそうな29歳。新年早々のパーティーとしてはのんびり気楽に楽しむ事が出来ました。

帰りの電車でまたもTom Middletonと遭遇。何という奇遇。

■OUTERLIMITS Inc. presents DJ KeNsEi in OM-Lette Dub(過去レビュー)
OUTERLIMITS Inc. presents DJ KeNsEi in OM-Lette Dub
Amazonで詳しく見る


■The Irresistible Force - It's Tomorrow Already(過去レビュー)
The Irresistible Force - It's Tomorrow Already
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2008/12/27 CHAOS @ Unit
今年最後のズンドコッ!今月はこれでクラブに行くのは4回目、良いペースで通えております。これもひとえに彼女がいないから自由気ままに行動出来るおかげ。そりゃ彼女いたら彼女にも時間割かないといけないし、頻繁にクラブなんか行けませんよ。今はこの自由な時間を楽しめば良いのさ。

今回は当ブログの読者様に阿部さん風に「やらないか?」…じゃなくて、「一緒に行きませんか?」と誘われて田中フミヤのCHAOSに行きました。クラブで適当に話をした後は良い意味で放置しておいても大丈夫なお方だったので、気兼ねなく楽しめました。クラブで適当に放置されても大丈夫だってお方は、連絡頂ければ一緒にクラブに行けますので興味の有る方は是非コンタクトをどうぞ。

さて久しぶりのCHAOSだったけど、年末のせいか予想よりも混んでいて大盛況でしたね。始発過ぎても結構な人が残っていたし、あんだけ地味ニマルなプレイに大勢の人が集まるって時代も面白いものです。フミヤのプレイは硬いキックと潰れたキックを使い分けて、その上をカチコチ、カッツン、パキパキなパーカッションをのせて完全にリズム一本で押し通すミニマルな内容でしたね。緩急をつけて永遠と言うミニマルのサイクルの中で、徐々に風景を変えさせていくそのスタイルはフミヤの得意な壇上でした。体の芯まで響く重いキックに対して、パーカッションは体を突き抜けるようなイメージで、リズム主体ながらもそれだけで高揚感が生まれるなんて凄いね。シンセの上物とかは殆ど無いんで慣れてない人にはある意味修行と言うか忍耐の必要な音なんだけど、地味ニマルに慣れてくるとそれだけで気持ち良くなれますよ。やはり男ならハードになろうじゃありませんか、Hard Music From Hard City。田中フミヤは顔も格好良いし、後ろのバージンならあげても良いよっ!って思う訳はさすがに無い…

ゲストのSammy Dee(Pantytec)はフミヤよりもアッパー気味だったかな。ちょっとうとうと寝ていたんで余り記憶に無いのですが、一本調子でズンドコ攻めていた気がします。踊るには問題の無いプレイだったけど、不覚にも自分は夢現だったのでどうしようもありませんでした。でもまあ両者ともストイックなミニマルで格好良いね。最近のフニャフニャなミニマルよりは、断然好感が持てるし甘さが全くなく渋い音が好きですわ。

■Fumiya Tanaka - DJ MIX 1/2[MIX.SOUND.SPACE](過去レビュー)
Fumiya Tanaka-DJ MIX 1/2[MIX.SOUND.SPACE]
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(UK盤)
| EVENT REPORT1 | 08:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2008/12/19 HMV SHIBUYA & ONLINE 10TH ANNIVERSARY presents CARL CRAIG Supported by MTV @ Womb
るんるん、今日は一人でカールクレイグ。でもクラブ行く前に美味しいビールを飲むのです、と言う事で渋谷のセンター街にある「THE ALDGATE」で一人飲んできた。ここは英国パブって言うのかな、イギリスのビールが充実している隠れ家的バーなんですよね。自分はベルギーやドイツ、イギリスのビールが好きなんでビールが充実しているバーが大好きなんです。しかもここはキャッシュオンデリバリーだから金を使い過ぎる事はないし、カウンター、テーブル、立ち飲みと色々な飲み方が出来るので、一人で行ってもカップルで行ってもグループで行っても楽しめるのです。チャージも無くて良心的だし、BGMがUKロック中心(ハードロックは絶対に流れません)なので雰囲気が良いのですわ。五月蠅い渋谷の中では大人が多いバーなのでお勧め。デートで女の子と飲むのに使いたいバーけど、相手がいないナリ。
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 08:00 | comments(14) | trackbacks(0) | |
2008/12/12 root & branch presents UBIK @ Unit
年末はパーティーいっぱい、夢いっぱい、Le Petit OrbとMoodymann+Moodmanが被ってこれは悩ましい。結局Moodymannは去年行ったから今年はオーブで。クラブ行く前にみんな集合して飲み屋で飲んでいたんだけど、なんだかお洒落なダイニングだったので気分はそわそわ。男だけで飲む時は赤提灯みたいな所だし、一人で飲む時はバーで黙々と飲んでいるので、慣れない所だと緊張します。S田さん、僕の分を含め奢って頂きありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

24時開演だったのでそれに合わせて入りましたが、今回は激混みでもなく丁度良い客の入りで良いムード。最初はThomas FehlmannのDJタイム、ねちっこく濃厚に、重くダビーに効いてくるKomapktスタイルな印象。硬派、ストイックでいかにもテクノ的な音なんだけど、どこか妖艶さと知的さを含んだプレイは親父の枯れた味わいですね。なんとOctave Oneの"Blackwater"も回したりして驚きましたが、彼が回すとデトロイトっぽいと言うよりはねちっこくなるので不思議。去年のライブも盛り上がっていたけれど、DJも良いなんて憧れます。途中フロアでぶらぶらしていたら目の前にAlex Patersonが?!

自分:「ア、アレックスですよね?(英語で)」
アレックス:「Ye〜〜〜s(みたいな)」
自分:「オーブ、超大好きっす!!(英語で)」
アレックス:「サンキュー(みたいな)」

とそんなオーブ馬鹿になって少しだけ何か話しました。アレックスも色々言ってたんだけど、自分も酔ってたし難しい英語までは理解出来ないから、良く分からんかったわ。やっぱり英語はしっかり勉強しないとね。そういやアレックスが居たから近くに居た女の子にアレックスが目の前にいるよ〜っと教えてあげたら、「誰それ?」みたいな反応でオレが白い目で見られましたよ。ちょっと寂しい…(まあ大概の女の子はそれが普通なんだろうけど)

その後はAlexとFehlmannが合体してLe Petit Orbのライブが開始。ちょっと酒飲み過ぎて音の記憶が断片的にしか無いので、説明が出来ん。ダンサンブルでぶっ飛んだ亜空間テクノって言っておけば間違いなさそうだけど。最後のAlexのDJもそんなに記憶が無いのだけど、色々回していたような??自分はグダグダだったんでレポートも適当、最近ダメだね…。取り敢えず一晩中踊れる楽しいパーティーだったとは思いますよ。60近いおっさん達なのにほんとエネルギッシュで素敵。

■The Orb - Okie Dokie It's the Orb on Kompakt(過去レビュー)
The Orb-Okie Dokie Its the Orb on Kompakt
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(日本盤)

■Thomas Fehlmann - Honigpumpe(過去レビュー)
Thomas Fehlmann-Honigpumpe
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
| EVENT REPORT1 | 08:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
2008/12/06 GRASSROOTSTRIBE presents Makin' LOVE MIX Vol.1 @ Grassroots
メイクラブをしにGrassrootsに行ったのですが、おかげさまでメイクラブ出来ました \^o^/

以上マチュの妄想
以下非情なる現実

結果ノーセックスで終了!

と言う事で高円寺にある小さなクラブ(?)・Grassrootsでのパーティー。出演はDJ Yogurt、Altz、Conomarkだったのですが、企画が"Makin' Love Mix"(過去レビュー)みたいなエロイ音楽中心と言う物だったのでワクワクドキドキですよ。Grassroots自体はほぼ民家みたいな15畳あるかないか程の小さなクラブで、クラブと言うよりはホームパーティーみたいな親近感のある空間なんですわ。そんな所に昨日は予想を超えていっぱいの人が訪れて、まったりゆるりとそして賑やかな素晴らしいムードが出来ておりました。R & Bとかダウンテンポ中心でエロク、緩く、ムーディーに、そして朝方になればアッパーに4つ打ちなんかもかかってた様な(はて、余り記憶がない?)。とにかく小さな場所だったけどとても素晴らしい空間と時間があって、居心地が良かったのです。昨日は知り合いの方も来ていてそのご友人も紹介して頂き、みんなで談笑もして楽しめたのでいつも以上に盛り上がりました。昨日絡んで頂いた皆様、本当にどうもありがとうございました。

DJ YogurtのMIXCDは彼のHPでも購入出来るので、気になる方は是非。
http://www.djyogurt.com/

コンピレーションアルバムもお勧めです。

■DJ Yogurt Presents Singles & Remixes 2005 To 2008(過去レビュー)
DJ Yogurt Presents Singles & Remixes 2005 To 2008
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 19:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
2008/10/31 Air Tokyo Presents Halloweeeeeen Party @ Air
昨夜はハロウィン、カトリックの伝統行事の日でございます。無宗教派が多数の日本も何故かハロウィンパーティーを開くのは滑稽ですが、自分もKen IshiiとHeigo Tani(Wall Five)のDJが聴けて、しかもAirからのメールをプリントアウトして持って行くと2000円で入場可能とお得だったので遊びに行ってきました。が12時半頃に着くと既に行列が出来ているじゃないか!!!Airで行列が出来ているのなんて久しぶりに見たな。中に入ったら死ぬ程の混みようではなく、むしろ丁度良い感じに盛り上がれる混み具合だったので一安心。しかしハロウィン用に色々と仮装してくる人が思ったよりも多く、周りの気合いに入れ様には感心しました。自分が仮装するのには全く興味は無いけれど、女の子がメイドやゴスロリなどの衣装を着るのは一向に構わんっ!※ただし可愛い子に限る(ただしイケメンに限るの改変バージョン)。今日だけと言わずHの時にも着て欲しいと思うのである。
続きを読む >>
| EVENT REPORT1 | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |