CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Susumu Yokota - Love or Die (Skintone:STR-13) | main | Yanokami (Yamaha Music:YCCW-10034) >>
Fumiya Tanaka - Mur Mur - Conversation Mix (Torema Records:TRSCCD-01)
Fumiya Tanaka-Mur Mur - Conversation Mix
Amazonで詳しく見る

テクノ番長なんて異名も今や懐かし田中フミヤの最新MIXCDは、2007年3月24日にYELLOWで行われたChaosでのDJプレイを収録した物。テクノ番長と呼ばれていた頃のハードで過激なプレイはなりを潜め、今ではストイックかつクールなミニマルテクノをプレイしある意味昔よりも漢(おとこ)らしいかもしれない。が自分的にはハードな頃の方のフミヤの方が好きだったので特に本作に期待をしていた訳ではないが、今年5月にChaosでフミヤの生プレイを久しぶりに聴いたら意外と格好良かったので、もしかしたら本作も楽しい内容となっているかもとは思っていた。まあ蓋を開けてみればやっぱりでディープでミニマル、そして地味なテンションの玄人向けのセットです。生プレイを聴いた時はもうちょっと硬めのリズムが入ってファンキーだった記憶があったんだけど、このCDだとお餅をぺったんぺったん点く様にぬちゃぬちゃとした音でなんか微妙だ。2002年頃の音を収録している"DJ MIX 1/2[MIX.SOUND.SPACE]"(過去レビュー)自体も昔の面影は無かったけれど、本作はそこから比べても更に変容していてフミヤを追いかけ続けるのは思ったよりも至難の業だ。だいたいピークタイムを切り取ったと言われる本作だけど、それを知らないで聴いて本当にピークだと感じる人が一体どれだけいるんだろうか。僕は確かに5月のChaosで踊りまくったけど、その時のテンションとこのMIXCDのテンションが一緒だとは思わない。単純に時期が違うから音が違うのか、または現場の雰囲気をCDでは再現出来ないだけなのか、そこら辺は判断がつかない。ただ何にしてもピークタイムが本作みたいなテンションだと、これを聴いてフミヤの生プレイを聴きたいと思う人は少ないと思うぞ。しらふじゃなくてぶっ飛んでる状態で聴くなら、逆にかなり有効に効く深めの音ではあると思うが。

試聴

Check "Fumiya Tanaka"

Tracklistは続きで。
1. Bruno Pronsato - River
2. Alix Alvarez - Boom Bip
3. Ambivalent - White Tea Disciple
4. Fraktion - This Never Works
5. Chris Carrier - Junction
6. Florian Meindl - While You Sleep
7. Guillaume & The Coutu Dumonts - Nbank Nbank...
8. Frankie - Liquid
9. Frankie - Surge
10. Precession - Sandcastle
11. Cobblestone Jazz - Indian In Me (Mix,1)
12. Peter Van Hoesen - Increments (Exercise One Remix)
13. Cab Drivers - Eiwico
14. Paco Osuna - Joakhim
15. Audio Werner - Just Wanna Get Down Rmx
16. Aaron Hedges - Uncomplicate Yourself (Sweet'n Candy Rmx)
17. Glimpse - You Must Protect Yourself
18. Cobblestone Jazz - Dump Track
| TECHNO5 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
あー、やっぱりそんな感じかー。

とりあえずスルーで。
| katt.jp | 2007/08/12 11:12 PM |
>katt.jpさん
人それぞれ印象は違うと思いますが、僕はこれは無しかなと。
2日前にageHaで田中フミヤの生プレイを聴いたのですが、
やっぱりこのMIXCDとは全く音が違っていて、
生の方が遙かに良かったです。
| マチュ | 2007/08/13 8:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Fumiya Tanaka - mur mur: Conversation Mix (Torema/2007)
Fumiya Tanaka - mur mur: conversation mix Label: Torema Records / Soundscape (TRSCCD-01) Format: CD Released: 2007 試聴 >> Amazon.co.jp >> iTS >>吾らがとれまレコード社長、田中の中の田中、田中フミヤの
| acid over the rainbow | 2007/09/01 4:50 PM |
mur mur-conversation mix : 田中フミヤ
  mur mur-conversation mix : 田中フミヤ 買う予定はなかったんだけど、中古レコ屋で売られているのを見て即ゲット。何故買う予定がなかったって?昔の激しいプレイと最近のディープなプレイを比較してしまうのがイヤ
| Yokohama Beat Junkie | 2007/10/13 11:17 PM |