CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Fumiya Tanaka - Mur Mur - Conversation Mix (Torema Records:TRSCCD-01) | main | 2007/08/11 Clash 25 × METAMORPHOSE'07 @ ageHa >>
Yanokami (Yamaha Music:YCCW-10034)
Yanokami
Amazonで詳しく見る

近年のハラカミレイは仕事熱心ですね。昨年の"わすれもの"(過去レビュー)、"暗やみの色"(過去レビュー)、そして今年の"天然コケッコー"(過去レビュー)と一時期の停滞期からすると想像もつかない仕事っぷりです。そして今回は何と矢野顕子らの曲をハラカミがリミックスして、更に矢野が歌を新録で被せると言うコラボレーション。yanokamiなんて言うユニット名が付いているけれど、実質的にはハラカミのリミックスワーク集と言うべきか、または矢野のリミックスアルバムと言うべきか。しかし聴いてみれば分かる通り、どう聴いたってハラカミの音楽以外には感じられないハラカミ色満載です。これを聴いて分かったのはハラカミをハラカミたらしめているのは、実はその音色その物だったと言う事。ハラカミの割合と言うのは実は音色:メロディ=8:2位なんじゃないかと。だって本作の楽曲は大半は矢野の物で、それなのにやっぱりコロコロとした丸いハラカミ音色のせいでハラカミの作品にしか聞こえないからだ。音色だけでハラカミの作品と分かってしまう程ハラカミの音には特徴があって、これは凄い事であり逆にそこから変化出来なくなる事を考えると、今後も同じ作品しか創れないのかなと少々不安を感じる点もあります。でもそんな杞憂とは別にやっぱりハラカミの仕事は素晴らしく、本作に於いても可愛げなエレクトロニクス音と耳触りの良い軽めのエコーが織りなすファニーな世界は唯一無二の物。ただ最近はポップフィールドでも人気あって色々な仕事を受注するのは構わないけれど、それよりももっとオリジナルアルバムを出してくれた方が良いのですが。

試聴

Check "Rei Harakami"
| TECHNO5 | 11:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - | - | |

コメント
購入しました。

なんていうか、これまでの矢野顕子+レイ・ハラカミのコラボ総集編って感じで、ここ数年の成果っつーか、せっかくなのでここまでまとめておかないともったいないっすよって事ですかね。

まぁ、数年前のくるり+レイ・ハラカミをバックバンドに迎え(しかも一部だけ!)やったさとがえるコンサートの凄まじさはエライ事になっていた訳で、もっと色んな路線でお願いします>矢野顕子

そして、こうゆうコラボで正当な評価が得られるようになって本当に嬉しい>レイ・ハラカミ

| katt.jp | 2007/08/12 11:11 PM |
>katt.jpさん
ライブで共演した曲をまとめた感じなんでしょうか。
自分は矢野顕子にはさほど興味がないので、どうせなら
インストが聞きたいなと思いました。

共演と言えば一夜限りのROVO+Rei Harakamiのセッションは
驚愕ものでした。
もう3〜4年も前の話だったかな。どちらも人気が出つつある時の
旬のライブだった気がします。
| マチュ | 2007/08/13 8:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Yanokami
仕事が妙に忙しいので、更新を少々サボっていた。 で、今日はヤノカミ。 あのー、実は矢野顕子、苦手なんですよねー。 リリースする度に某音楽雑誌で絶賛されてるようなアカデミックくさいところとか、「行け柳田」なんて曲作っちゃう巨人ファンなところとか。 い
| 音盤収集病患者の館 − 裏 Monkey Dance on a "Rocking Horse" | 2007/09/06 10:02 PM |