CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Ellen Allien & Apparat - Orchestra Of Bubbles (BPitch Control:BPC125CD) | main | Summer Sessions 2 Mixed By DJ Heather & Onionz (OM Records:OM-274) >>
Kahimi Karie Presents Crue-l Crystallization (Crue-L Records:KYTHMAK111DA)
Kahimi Karie Presents Crue-l Crystallization
Amazonで詳しく見る

遂にこのブログでもKahimi Karieが出てくるなんて自分でも思ってなかったけど、Crue-L Recordsの作品を彼女がたまたまコンパイルしただけで、別に彼女の事を好きでも無ければ詳しい知識も持ち合わせていない。自分の中ではKahimi Karieはフリッパーズギターと同じ渋谷系の一言で片づいてしまう、それ位彼女の事は分からないと言う訳です。でも実は彼女がCrue-Lの作品をコンパイルしたのは、初期にCrue-Lから作品を出していた事が関係あったみたい。知らなかったよ、Kahimi KarieがCrue-Lからリリースしてたなんて…。てかCrue-Lに関してもクラブミュージックに歩み寄った近年の作品以外は全く無知でございまして、初期の頃のレーベル作風も知らないです。

早速一通り聴いてみた所、人肌の温もりと静かなる情熱とそしてメランコリーな空気が混在するアダルトな音楽ですね。クラブミュージック性は皆無ながらもアコースティックで柔らかい音色が爽やかに体を通過して、随分と落ち着きを感じさせるラウンジを意識した内容でしょうか。ジャンル的に何というか分からないけれどダウンテンポが近いのかな、ゆったりと流れる音がゆったりと広がって決して部屋の雰囲気を壊さない様な楽曲が詰まっています。最近のCrue-L Recordsしか知らない僕にとっては、こんな静謐で厳格なるムードを持ったCrue-Lは逆に新鮮でした。男共は女の子を部屋に呼んで一緒に聴けば、二人の距離が縮まるんじゃないかと。そうじゃなくても違いの分かる人だと格上げされたり位はするかも、と自分に酔いたい人にも向いている。

試聴

Tracklistは続きで。
1 Mo'r (Idjut Boy Reprise Mix) / Crue-L Grand Orchestra
2 Duet With Bird / Port Of Notes
3 La Dolce Vita / Hiroshi Fujisawa Feat.Kahimi Karie
4 Small Music / Tomoki Kanda
5 Circle 2 (Kt's Short Edit) / Museum Of Plate
6 For Promotional Use Only / Tokyo God Night
7 Still Be Your Girl(Ajinomoto Mix) / Crue-L Grand Orchestra
8 Cherish Our Love / Love Tambourines
9 Welcome To The Jungle / Port Of Notes
10 Cannival Carpenter (Type G) / Crue-L Grand Orchestra
11 夏至 / Karin
12 Unknown Language / Port Of Notes
13 David Hamilton(St. Etienne Instrumantal Remix) / Kahimi Karie
14 F# / Museum Of Plate
15 森は出かける / Port Of Notes
16 Tangerine (Reprise) / Eli + Hiroshi
17 3rd Way To Home / Fran-Key
18 La Dolce Vita (Version Piano) / Hiroshi Fujiwara
| ETC2 | 21:45 | comments(3) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - | |

コメント
マチュくん、こんにちは。
このアルバム、試聴してみたらかなりツボだったので、
早速iTunes storeから聴きたい曲だけDLしました♪
(アルバムより半額近いしすぐに聴けるのでハマってますw)
私も彼女の曲は聴いた事がなかったので、聴けてよかった。
ありがとう。

ところで来月半ば、yellowでJAZZ HIP HOPのGIGがあります。
詳細分かり次第upしますので、興味あったら遊びに来てくださいネ。
| ミホミホ* | 2007/08/20 6:10 PM |
あ、関係ないのですが、先週末のARIL BRIKHA、KEN ISHIIのgigは
うちの彼の仕事でした。
予想外にケンさん7:00まで回したらしいけど、行かれましたか?

| ミホミホ* | 2007/08/20 6:15 PM |
>ミホミホ*さん
DL音源は安いんですね。金銭的にDL音源に惹かれる点もあるなー。
ちなみにCosmic Soulは寝過ごして行けませんでした。
凄い行きたかったので悔しいです、ぐすん。

あと是非とも色々イベントの紹介をお願いします。
毎週クラブで遊べる時間とお金が一杯あったならば、
毎週行きたいのにー。
| マチュ | 2007/08/20 9:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1009
トラックバック