CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Kahimi Karie Presents Crue-l Crystallization (Crue-L Records:KYTHMAK111DA) | main | Sunshine Jones - Seven Tracks In Seven Days (King Street Sounds:KCD-251) >>
Summer Sessions 2 Mixed By DJ Heather & Onionz (OM Records:OM-274)
Summer Sessions 2 Mixed By DJ Heather & Onionz
Amazonで詳しく見る

ここ一週間猛暑が続いていて本当に死ぬかと思う位の暑さでしたが、週末でやっと快適な気温になりほっとしました。しかしラニーニャ現象だから猛暑だとかとってつけた様な解説を聞くけれど、○○現象ではなくて単純に温暖化してるだけだろうと突っ込みたくなります。○○現象のせいにするのではなく、現実に目を向けろと思うこの頃。

さて多少は暑さも解消された週末ですが、今日は猛暑にぴったりな夏向けの盛り上がりハウスMIXCDをどうぞ。リリースはやっぱり夏が似合うサンフランシスコのOM Recordsで、とにかく何も考えず開放的に踊りたいなら海が近い場所の音楽シーンなのです。一枚目はDJ Heatherなる女性DJがミックスを担当していて、シカゴハウス系の人だとか?確かにシカゴらしいスカスカでパンピンでファンキーな曲が数珠繋ぎになっていて、からっと乾燥した爽やかさとノリノリご機嫌なノリは夏向けと言うのが適切です。随分と明るい選曲で思考や意識とは別に誰でも盛り上がるのは明白ですが、個人的にはシカゴらしい凶悪で粗悪な音が前面に出る方が好きだったりします。でもまあ使い道としては海に向かうドライビング途中にでも爆音で聴けば、きっとスピード違反して海には着けない事でしょう。

しかし実は一枚目にはそこまで興味は無くて、テクノも使った二枚目に興味があったから購入したんです。だってFunk D'VoidもTechnasiaもLos HermanosもHardfloorもDeetronも入っているなんて、正に僕好みじゃありませんか!勿論ハウス中心のセットではあるけれど、その中にスパイスとしてクールなテクノがバランス良く入っているから、テクノ/ハウスのどちらのファンにも聴いて貰える様な内容です。ハウスにしても一枚目とは異なり多少ディープで感覚的に深みにはまっていき、ただ楽天的な一枚目とは雰囲気も音も違います。これは夏向けか〜?と疑問は湧いてくるけれど、むしろいつ聴いても楽しめる普遍的なミックスだからこっちの方が断然お勧め。テンションも一枚目より抑え目だし、ゆるゆるだらりと聴ける感じ。こちらは海から家に帰る途中のドライビング中に聴くと、喧騒の後の郷愁を味わえるかと思います。

試聴

Check "DJ Heather" & "Onionz"

Tracklistは続きで。
Disc One : DJ Heather Mix
01. Intro
02. Back In Town - Special Interest
03. The Beat Goes Boom - Groove Federation
04. Jazz Bug - Ken ECB
05. Win for Life [Anyo's Mingman Remix] - Hustle & Flow
06. Chuggin [Tracey Cooper Remix] - Diem
07. Alphabet Man [Derrick Carter's BHQ Mix] - Greenskeepers
08. Dig It - Chris Harris
09. Lively Abelton Lovers - Prztz
10. What You Say - Marko Militano
11. Around Villejiuf - Phil Weeks & Sneak
12. Proper Wow - Eddie Leader
13. Drunken - Oh D & OFS
14. I am Down [Count Funkula Fun With Faders Remix] - Digital Villains
15. Yeah Yeah Zoom Zoom - Slum Science & Hector Morales
16. Free Your Mind - Ion
17. Clap Your Hands [Lawnchair Generals Remix] - Mr Leisure
18. Not Crazy - Inland Knights

Disc Two : Onionz Mix
01. Lovelee Home - Blaze Vs Funk d'Void
02. Warm Milk - James Talk [Includes Onionz - Burning (Accapella)]
03. Resonator - Opus Ink
04. The Calling - Onionz [Dub]
05. A Thing Of Beauty Is A Joy Forever - Technasia [Includes Copyright Feat. Imaani - I Pray (Accapella)]
06. Don't Slip Away - Onionz
07. Birth Of 3000 - Los Hermanos
08. Prayer For My Brothers [Ruanne Emmenes Edit] - Onionz
09. The Bushman - Magik Johnson [Includes Kink & Mieka Du Franx - Throwdown (Accapella)]
10. Tick Tick Tick - Funk d'Void & Phil Kieran [Includes Kathy Brown - You Give Good Love (Jay J Accapella)]
11. | Let's Get Over It - Deetron Feat. Justin Chapman
12. Sunshine - Jamie Anderson Feat. Marlek
13. Sangita - DJ 3000
14. Woman Of The Sun [Bryan Zentz Disruptor Dub]- Onionz Feat. El Feco
15. ATOL [Hardfloor Remix] - Gui Boratto

※CDジャケットには
07. Guidance - Los Hermanosと書いてありますが、
正しくは
07. Birth Of 3000 - Los Hermanos
です
| HOUSE3 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1010
トラックバック