CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< UPCOMING EVENT | main | Spikewave - Inspiration Information (Crue-L Records:KYTHMAK098) >>
Joel Mull - The Observer (Harthouse Mannheim:HHMA007-2)
Joel Mull-The Observer
Amazonで詳しく見る

すっかり忘れていましたが8/24の時点でこのブログも4年目に突入。今後もテクノを中心にハウスやクロスオーバー系、ロックやエクスペリメンタルな物まで色々紹介出来る様に頑張りたいと思います。でも自分の歳を考えるとCD買う量は控えて、貯蓄を増やしていかないとなと危惧を感じたり…。

さてAdam BeyerやCari Lekebuschと並ぶスウェーディッシュテクノの重鎮・Joel Mullの久しぶりのアルバムが遂に届きました。予約注文してたのに発売日からほぼ2ヶ月経ってから入荷って、どんだけ出荷量が少ないんじゃと。しかもHarthouseからのリリースなんだけど、確かHarthouseって潰れたんじゃなかったっけ?よくよく調べるとある会社が買い取ってレーベルを復活させたらしく、意外と好調にEPをリリースしているみたいです。それはさておきこのアルバムはテクノアルバムとしては、しっかり通して聴ける内容で予想以上に良い感じ。自分の中ではJoelって前述のベイヤーとかカリレケの一味で比較的ハードな路線を突き進んでるかと思い込んでたのですが、これを聴くと意外にも情緒豊かなテックハウスとかにも長けてるのかなと。本作はテックハウスとまでは行かないけれど、うっすらと透明な上物が綺麗に入っていて更に昨今のクリック/ミニマル路線を取り入れた音だと思います。テックハウスみたいに滑らかな流れはなくて、むしろクネクネとうねりのあるリズムが特徴的で番長ことFumiya Tanakaが好きそうなグルーヴがありますね。かと言って番長程地味では無くて、メランコリーなシンセのラインが軽く効いているからデトロイトテクノとかが好きな人にも受けますよ。そういえば去年のDrumcode Nightでもベイヤーとカリはゴリゴリのハードテクノだったけど、Joelだけは滑らかでハウシーなテックハウスをプレイしていたっけ。

試聴

Check "Joel Mull"
| TECHNO5 | 09:20 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:20 | - | - | |

コメント
HarthouseってHardfloorが買い取ったんでしたっけ? 今は違うのかな?
最近のHarthouseはドラッギーなビッキビキのエレクトロハウスを
たくさんリリースしていて結構信頼してます。
このアルバムは深遠な感じで良さそうですね。
| びびんば | 2007/09/01 9:37 PM |
>びびんばさん
discogsによるとオリバーがA&Rを担当してたようですね。
で2回目の倒産、その後現在はDaredo Musicが買い取ってると言う事みたいです。

このJoelのアルバムは彼がTruesoulからリリースしたEPの続編的な音に近いかなと。
ベイヤーはTruesoul立ち上げてデトロイトの道に行くかと思ったら、結局クリックでしたねー。
本腰入れてTruesoulを運営して欲しいです。
| マチュ | 2007/09/01 10:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック