<< Louie Vega Presents Luisito Quintero - Percussion Maddness Revisited (BBE:BBECD093) | main | Fuse Presents Shinedoe (Music Man Records:MMCD029) >>
Fusik - Sunset Dance (Aztribe:AZT11)
Fusik-Sunset Dance
Amazonで詳しく見る

井上薫と言えば日本が誇るクロスオーバーなDJだと言う認識が僕の中でありましたが、ここ数年の活動はDJのみならずアーティストとしての活動の幅も広げて、Aurora名義ではアコースティックギターをフル活用したバレアリックな音楽を演奏したり、なんとSilverstoneなるロックバンドを組んだりとクラブに依存しない音楽に取り組んでいます。そして今回のプロジェクトはi-depのサックス奏者・藤枝伸介と手を組み、「架空のアイランド・ミュージック」をコンセプトに開放感と安堵に満ち足りた音楽に取り組みました。懐かしさを感じるディスコ、スパニッシュギターが哀愁を奏でるハウス、そしていつもの井上節が効いているムーディーなチルアウトまでと色々な音が聞こえてきますが、不思議ととっちらかった印象は無く都会の喧騒から離れた自然の中にいる感覚が浮かんできます。文明の力など存在しない無人島で息づく生命、新緑に萌える森、止まる事の無い潮の満ち引き、そして毎日繰り返される太陽の出入り、その中では束縛も無く自由な時間が流れて行く。自分が都会に居る事など忘れてしまう空気は、やはり世界を横断する音楽感覚を持つ井上薫だからこそだと思います。ただ30分弱とボリュームが少ない事と、その場の雰囲気でレコーディングしたのかどうかセッション的な雰囲気があって、普段よりは作り込み具合が感じられなかったのが残念。井上薫は大好きなアーティストなので、過度の期待をしてしまう訳でした。

試聴

Check "Kaoru Inoue"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1023
トラックバック