CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Fusik - Sunset Dance (Aztribe:AZT11) | main | DJ Skurge - Radio UR Vol.1.1 - A Lost Transmission (Underground Resistance:UGCD-UR004) >>
Fuse Presents Shinedoe (Music Man Records:MMCD029)
Fuse Presents Shinedoe
Amazonで詳しく見る

正直最近のテクノシーンにはうんざりだ。クリックだかミニマルだか知らないが、チマチマネチネチユルユルで一気に老け込んだ様な音ばかりが氾濫している(と思う)。まあ一過性の流行だとは思うけど自分はテクノに入り始めた頃にJeff Millsに衝撃を受けた人間なので、根っこにはハードミニマルみたいなゴリゴリ激しいテクノがあり、だからどっちかと言うとテンションの高く山あり谷ありのハードなテクノが好きなので最近のテクノシーンには少々食傷気味なのです。し〜か〜しだ〜、オランダのデトロイト系列レーベル・100% Pureでも活躍するShinedoeのユルユルMIXCDは、想像以上に素晴らしか〜。確かにユルユルではあるんだけど、ディープなシカゴハウスやベーチャン系テクノなどの奥行きはあってもリズムがかっちりしている曲を繋いでいて、更にはURの名曲で一気に盛り上がったり意外性もあって楽しめますね。ミニマルもシカゴもデトロイトもごった煮ながら激昂する展開は少ないけれど、ずぶずぶと足を引き込まれる引力には抗えません。流行のミニマルもそうじゃないかって?確かに似た感覚はあるけれど、自分はリズムは硬い方が好きなので本作の方が好みです。本作も流行っぽいヒプノティックさを持ち合わせていますが、それでもテクノ本流の音寄りなので流行が終わった後も聴けるはず。

試聴

Check "Shinedoe"

Tracklistは続きで。
1. DJ Bone – Music (Speech)
2. Substance & Vainqueur – Reverberate
3. Ron Trent – Feel The Rhythm (Version)
4. Laid – Punch Up (Wozsonik Vokz)
5. Mr. V - Jus’ Dance
6. Ron Trent & Chez Damier – Space Ridims
7. Daniel Mehlhart – Wach Werden
8. Denis Karimani – Strange But Cool (2000 And One Remix)
9. Arnaud Le Texier vs Italoboyz – Arancio
10. Shinedoe – Dialogue
11. 2000 And One – Pak Pak
12. Roy Davis Jr - About Love (Jon Marsh "All About" Vocal Mix)
13. Polder – Strange Ways
14. Dave Ellesmere – Today, Tomorrow And Yesterday
15. Dennis Ferrer – Transitions
16. Stephan Bodzin vs Marc Romboy – Ferdinand
17. Minilogue - Elephant’s Parade
18. Harry Romero feat. Robert Owens - I Go Back (Wink Hypnotic Interpretation)
19. Underground Resistance – Final Frontier
20. Gui Boratto – The Blessing
| TECHNO5 | 22:30 | comments(5) | trackbacks(3) | |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - | |

コメント
単純に気になるんですが、
マチュさんって以前からミニマルへの嫌悪感を露にしていますが、
逆にシュランツとかにはいかないんですか?
わりと初期の Jeff Mills に近い感じもあると思うんですが。
| shooter | 2007/09/08 12:22 AM |
今日は。
昨日のcolorsstudio行っとくべきでしたかね>shinedoe
| | 2007/09/08 8:06 AM |
>shooterさん
中にはミニマルでも良いのはあるんですけどね。
随分とクリック/ミニマル路線に変更した人も多くて、
画一的に成りすぎたのかなと。
WIREで凄かったと言うFELIX KROCHER聴いてみましたけど、
BPM早いですねw
でもおとなしいのよりはこの位過激な方が好きかも。

>名無しさん
こんにちは、はじめまして。
shinedoeのイベントはあったんですけど、
イベント自体に興味は惹かれなかったので行きませんでした。
でも彼女のプレイだけは聴いてみたかったですね
| マチュ | 2007/09/08 11:11 AM |
私もこのテのミックスCDで、久々に好感が持てた1枚でした!
彼女のプレイを生で聴いてみたいです。
| MEGUMILK | 2007/09/08 1:56 PM |
>MEGUMILKさん
Colors Studioに来てたんですけど、僕も行かなかったです。次こそは!

MEGUMILKさんもブログお持ちしているので、ブログリストに追加させて頂きますね。よろしく(^^
| マチュ | 2007/09/09 7:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1024
トラックバック
Shinedoe / Fuse Presents Shinedoe
Shinedoeというアーティストは全く知らなかったのですが、最近リリースされ
| H2R CROSSOVER | 2007/10/08 11:46 PM |
Fuse Presents Shinedoe
Fuse Presents Shinedoe やっぱりFUSEシリー...
| 週刊少年ズボンヌ | 2007/10/25 11:43 AM |
Shinedoe - Fuse presents Shinedoe (Music Man/2007)
Shinedoe - Fuse presents Shinedoe Label: Music Man Records (mmcd 029) Format: CD Released: 2007 試聴 >> Amazon.co.jp >> iTS >>キャッツ・アイ逮捕 >> 病んでるなぁ、こいつ...
| acid over the rainbow | 2008/02/27 1:24 AM |