CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< The Forcelab Edition Composure Mixed By Algorithm (Force Lab:FLAB010CD) | main | Deepchord Presents Echospace - The Coldest Season (Modern Love:Love033) >>
Ricardo Villalobos - Fabric 36 (Fabric:FABRIC71)
Ricardo Villalobos-Fabric 36
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
最近のミニマルシーンに冷ややかな態度を取っている私ですが、中にはオリジナリティーを確立しているアーティストもおりまして、やはりチリアンミニマルのRicardo Villalobosに関しては私も認めざるを得ない一歩抜きんでた存在です。ミニマルと言う存在で括られてはいるものの、ヨーロッパ的な音と言うよりは土着臭のする古来の民族的な音楽が思い浮かぶリズムや音が特徴で、乾いて色の無いパーカッション使いは極めて個を感じさせます。ただ完全にツールとして作られている曲が多いのでレコード単位で聴いてもさほど面白味はないのですが、これがミックスの一部になると非常に効果を発揮する訳であります。もしそんな曲だけで一枚のMIXCDで作ってしまったら?そんな仮定が実現してしまったのが、人気MIXCDシリーズ"Fabric"の最新作で全曲Ricardo Villalobosの未発表曲(新作?)で構成されています。リリース前にこの情報を聞いた時にはさすがにどうかと思っていたのですが、実際に聴いてみるとかなりキテルな〜と魔の魅力に取り付かれました。Richie Hawtinのミニマルな曲に土着色を付けた様な楽曲は、少ない音数ながらもねっとりと絡みつくグルーヴが有り、終始淡々と地味にリズムが鳴っているだけなのに何故か飽きる事はありません。途中ではリズムトラックとパーカッションが全く別のテンポに分かれたりして、支離滅裂気味にぶっ飛んだ世界に突入すると言うおかしな展開も出て来ます。密林の奥地で宗教めいた儀式をやる最中の音楽、または広大なアフリカの大地で原始的な生活を送る民族の音楽、そんなイメージが湧いてきます。なかなか言葉で魅力を説明するのが難しい音楽で魅力が伝わりきらないとは思うのですが、今のミニマルシーンでは完全に次元が違う所にいると断言します。名作と言うか迷作?それこそオリジナリティーを確立していると言う証拠なのでしょうか。

試聴

Check "Ricardo Villalobos"

Tracklistは続きで。
01. Groove 1880 / Ricardo Villalobos
02. Perc and Drums / Ricardo Villalobos
03. Moongomery / Ricardo Villalobos
04. Farenzer House / Ricardo Villalobos
05. M.Bassy / Ricardo Villalobos & Patrick Ense
06. Mecker / Ricardo Villalobos
07. 4 Wheel Drive / Ricardo Villalobos & Jorge Gonzales
08. Fizpatrick / Ricardo Villalobos & Patrick Ense
09. Andruic & Japan / Ricardo Villalobos & Andrew Gillings
10. Organic Tranceplant / Ricardo Villalobos
11. Prevorent / Ricardo Villalobos
12. Fumiyandric 2 / Ricardo Villalobos & Fumiya Tanaka
13. Won’t You Tell Me / Ricardo Villalobos
14. Primer Encuentro Latino - Americano (based on a same named song of : Los Jaivas and Manduka) / Ricardo Villalobos
15. Chropuspel Zundung / Ricardo Villalobos
| HOUSE3 | 23:00 | comments(5) | trackbacks(5) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
試聴したら、9曲目の和太鼓使った曲がむっちゃ格好良いので、
買おうか迷ってるんですけど、どうもミニマル・テクノは昔から苦手で・・・
| bigflag | 2007/09/16 5:45 PM |
>bigflagさん
ミニマルとは言え一般的なミニマルとはまた感触が
異なるので、意外と聴けるかもしれないですね。
テクノ程電子的でも無いし、不思議な感覚。
| マチュ | 2007/09/16 7:39 PM |
言い掛かりとしか思えないようなケンカ売りに来るひとにも、マチュさんは丁寧にコメントを返しておられるので尊敬です(僕ならソッコー削除してると思う)。でもそんなマチュさんの誠意すら理解できないような輩はもう放っておきましょうよ(笑)

そんな話はどーでも良いのですが、Villalobosはやっぱ別格ですね。

> 密林の奥地で宗教めいた儀式をやる最中の音楽

これ、いい比喩ですわ。正しくそんな妖しさが感じられました。
| びびんば | 2007/11/20 7:41 PM |
>びびんばさん
自分の家からは不便でもSPICE Cafeには行く価値がある事を強調したかっただけなんですけどね。あとやはり幾つか度を超える不愉快なコメントは削除してます。。。

しかしVillalobosは良いですね。今までDJを聴きには行ってないんだけど、次からは何が何でも行ってみないとと思います。ただ毎回WOMBで回してて、それがネックなんですよね。
| マチュ | 2007/11/21 1:35 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/04/29 5:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1030
トラックバック
fabric 36 / Ricardo Villalobos
あの「fabric」シリーズに Ricardo Villalobos が登場。 しかも、ショップのキャプションによると、 今作で注目すべき点は、ミックスCDでありながら全楽曲が自身の未発表オリジナル作品という点! ということらしいのだが、それなら「fabric」じゃなくても、オリ
| 音盤収集病患者の館 − 裏 Monkey Dance on a "Rocking Horse" | 2007/11/06 11:09 PM |
Fabric 36 : Ricardo Villalobos
今日、初めて東京ミッドタウン に行ってきますた。研修だったんですよ。六本木ヒルズ は通路が入り組んでいて、目的地まで辿り着くのに一苦労な施設ですが、東京ミッドタウンはシンプルで分かりやすい。しかも侘び寂びが感じられるジャポネスクな施設でありまし
| Yokohama Beat Junkie | 2007/11/07 1:19 AM |
チリの魂
Fizheuer Zieheuer 今回紹介するのは、チリ出身、ベルリン在住の...
| 週刊少年ズボンヌ | 2007/11/17 9:48 PM |
Ricardo Villalobos - Fabric 36 (Fabric/2007)
Ricardo Villalobos - Fabric 36 Label: Fabric (FABRIC 71) Format: CD Released: 2007 試聴 >> Amazon.co.jp >> iTS >>なんか気づけばビールblogみたいになって来てるので、あわててもう1エントリ書いてみます
| acid over the rainbow | 2007/11/20 7:23 PM |
Ricardo Villalobos 「Fabric 36」 ('07)
リカルド・ヴィラロボスは、チリ生まれ・ドイツ育ち(3歳の時に移住)のクリック/ミニマル・クリエイター。本作は人気の DJ Mix シリーズで、全曲がミキサー本人の曲というのはシリーズ初だそう。 ミニマル・テクノにある強い機能性、それが損なわれていたり、歪ん
| Una Noche Perfecta Para El Descarga | 2007/12/02 1:04 AM |