<< Patrick Forge - Excursions 02 (Obsessive:EVSCD05) | main | Francois DuBois - I Try (Part One) (Urbantorque:URTR034) >>
The Art of Chill 4 Mixed By The Orb (Platipus:PLATCD160)
>The Art of Chill 4 Mixed By The Orb
Amazonで詳しく見る

アンビエントMIXシリーズである"The Art of Chill"の最新作は、アンビエントのマスター・The Orbが原点を見つめ直しそして現在をまとめた彼の自伝的な作品です。ライナーノーツを読む限りだと89年にAlex PatersonがPaul Oakenfoldに"Land Of Oz"のチルアウトルームでプレイする様に頼まれて、踊って熱くなったクラバーの体の火照りを冷ます為に新旧構わずチルアウトトラックを回していたそうな。その時のクラシックを中心としたのが一枚目、そして近年のアンビエントを中心としたのが二枚目と時代を隔てた構成になっています。一枚目はやはり古めの曲が多いせいかテクノと言うよりはポストロックやダブなども収録され、アコースティックな音が強調されております。チルアウトと言うよりは神秘的で神々しいオーラが出ていて、古き良き音楽に対し敬服したくなる、そんな真摯な内容ですね。対称的に二枚目は近年の音かつKompaktメンバーが揃っていて、これはテクノ好きな人ならばみんなハマル内容でしょう。大半がノンビートもしくは緩めのビートで、トロトロとただ甘くメランコリーで、電子の音だからこそ成せる幻想的な音を聴かせてくれます。アンビエントであり一時のチルアウトを体感出来る極上の内容です。いやー、最近出たニューアルバムより遙かに快楽度が高くうっとりしてしまいました。

試聴

Check "The Orb"

Tracklistは続きで。
Disc 1
01. David Bowie / Warszawa (1999 Digital Remaster)
02. Andrew Thomas / Fearsome Jewel 3
03. The Orb / Edelblau
04. Nina Walsh / Narcissist
05. Mad Professor / Dub Power
06. The City of Prague Philharmonic Orchestra / The Crouch End Festival Chorus / Duck You Sucker
07. Steve Hillage / Garden Of Paradise (2006 Digital Remaster)
08. Gudrun Gut / Tip Tip
09. Rootmasters / I Nearly Married Janis Joplin's mum
10. Transmission / Beyond Light
11. Penguin Café Orchestra / The Sound Of Someone You Love Who’s Going Away And It Doesn’t Matter
12. Brian Eno / Taking Tiger Mountain(2004 Digital Remaster)
13. The Orb / Falkenbrück

Disc 2
01. Gas / Gas 1
02. Autolump / Lumpy Psalms
03. Ulf Lohmann / Nicht Die Welt
04. Opium Jukebox / Smells Like Teen Spirit
05. Kaito / Inside River
06. The Orb / Codes
07. Thomas Fehlmann / With Oil
08. Schneider TM / Cuba TM
09. Transit Kings / The West End Of A Duck Going East
10. Andrew Thomas / Fearsome Jewel 10
11. Husky Rescue / Sleep Tight Tiger
| TECHNO5 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 17:15 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1040
トラックバック