CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Needs - (Not Wants) The Black Edition (Inpartmaint:NBIP-5020) | main | Stacey Pullen - Fabric 14 (Fabric(London):FABRIC27) >>
Carl Craig - More Songs About Food And Revolutionary Art (Planet E:PE65232CD)
Carl Craig-More Songs About Food And Revolutionary Art
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
もうすぐLos Hermanosのアルバム、「On Another Level」が出るので、しばらくデトロイトテクノ関連の紹介をしてみる事にしました。カールクレイグと言えば最もデトロイトテクノを発展させた天才の一人で、テクノをやらせてもハウスをやらせても一筋縄ではいかない曲を作る。実験的であるにもかかわらず、フロアでも機能し色々なアーティストがお世話になっている事間違いない。このアルバムはPaperclip People名義でのハウスや、69名義でのテクノでクラバーを魅了していた後に出された作品。これはフロア受けするよりは室内向きのリスニングミュージックが中心で、4つ打ち的な曲もほぼない。しかしここにはカールの英知の結晶が詰まっている。神々しいまでの研ぎ澄まされた電子音が緻密な構成を成し、それが深淵で穏やかなディープテクノを作り出す。ここにルールはない。カールの自由であり、未来へと進もうとする発想がテクノの概念を壊してしまったのだ。現在を見てもここまで奥深く、美しい作品はそうはないと思う。初期の早すぎた名曲「Domina」、「At Les」、「Suspiria」、「As Time Goes By」収録。21世紀以前に作られたエクスペリメンタルテクノの指標となるフューチャーミュージック。

試聴

Check "Carl Craig"
| TECHNO1 | 21:00 | comments(2) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
このアルバムは持ってますね。
でもCarl Craigってシングルでの仕事は最高に素晴らしいのに、アルバム作ると何だかちょっと好きじゃない曲ばかりなんですよね。

メジャーから出したアルバムとか惨憺たる評価だったし。

でもpaperclip peopleで出した数々のシングルは「神」。
特にremake。
| katt | 2004/12/07 11:32 PM |
アルバムはシングルに比べると地味には思いはしますね。
シングルが凄すぎるって事もあるんでしょうけど。
僕はアルバムも結構気に入ってはいますよ。
Tres Demented名義でのアルバムも来年には
出るとは思うので、期待しましょう。
| マチュ | 2004/12/08 9:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/105
トラックバック
カール・クレイグ
CARL CRAIG 『MORE SONGS ABOUT FOOD AND REVOLUTIONARY ART』 美しいテクノを聴いてください。そしてデトロイト・テクノの懐深さを体験してください。まずはこれを。  カール・クレイグ特有のメラ
| ACTIV-A 音楽による脳活性化計画など | 2005/11/22 12:05 PM |
Carl Craig / More Songs About Food and Revolutionary Art
エレクトリック・ソウルの完成形。 デトロイト・テクノ第二世代の旗手と言われるカール・クレイグ。リミックス等で何曲かは聴いた事があったのですが、アルバムを聴くのはこれが初めてです。本人名義としては2枚目となる97年作。鬼気迫ると言ってもいい程の、あまりの完
| SINGSTYRO*musicblog | 2005/12/11 1:06 AM |