CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Francois DuBois - I Try (Part One) (Urbantorque:URTR034) | main | As One - Reflections [Limited Edition] (Spiral Records:XQAW-1012) >>
Larry Heard - Alien [Limited Edition] (Spiral Records:XQAW-1011)
Larry Heard-Alien
Amazonで詳しく見る

一年に亘りLost Classicsを再発してきた"Electric Soul Classics"も、今回発売されるシリーズでようやく終焉を迎えます。そしてそのシリーズの中で最も素晴らしく、またLarry Heardの経歴の中でも最も輝かしい作品が本作であります。ディープハウス、またはアンビエントハウスとも呼ばれる彼の音楽観は、音楽は音楽、それ以上でもそれ以下でもなく、自らのコメントを聞くよりもただ音楽を聴いて欲しいと言う職人気質の塊です。そう聴くと人間的には扱い辛そうな感じを受けますが、ただ寡黙なだけで実際の彼の心は想像以上に深いのでした。この"Alien"(過去レビュー)はアンビエント風を少々匂わせる落ち着いたディープハウスなのですが、タイトルから分かるとおり宇宙をテーマにしています。まあそれは僕の過去レビューを参考にして頂くとして、とにかくこの作品では思慮深い彼のソウルがそのまま表現された作品であり、余りの穏やかさにLarryへの畏敬の念さえ浮かんでくるのでした。誰だって音楽にソウルを込めて音楽を創っているはずですが、Larryの音楽に載せられる思いは余りに重く余りに切なく、そして人を魅了する。また活動暦20年以上に亘るベテランでありながら今も昔も変わらないその音楽性は、流れの早いダンスミュージックシーンにおいてはその存在自体が奇跡であり、伝説でもあるのです。そしてLarryは皆に問う、"Can You Feel It"と。

試聴

Check "Larry Heard"
| HOUSE3 | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:25 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1062
トラックバック