<< As One - Reflections [Limited Edition] (Spiral Records:XQAW-1012) | main | Savath & Savalas - Golden Pollen (Anti-:86839-2) >>
Two Lone Swordsmen - Stockwell Steppas ([Limited Edition] (Spiral Records:XQAW-1013)
Two Lone Swordsmen-Stockwell Steppas
Amazonで詳しく見る

一年間をかけて12枚の名作を掘り起こした"Electric Soul Classics"も、遂に本作をもって静かにフィナーレを迎えます。12枚の内Two Lone Swordsmenは3枚含まれているので、やはり彼らも実力とは裏腹に今程一般的には売れていなかったのかなと考えられます。自分もTLSの96〜7年頃の作品は持っていなかったので、今回の再発シリーズには大変お世話になりました。さて近年は野暮ったいロカビリーに入り浸りのAndrew Weatherall先生ですが、TLSの初期はクラブ直結のアンダーグラウンドなディープハウスなのでかなりお勧めです。UKの地下、または裏街道を進んできた彼のダークなスピリッツ炸裂の暗く寒い音。光も射さなければ空気の密度も薄い閉ざされた世界の中で淡々とダビーな音が聞こえてくるのですが、いつの間にか闇の中に微かに光るソウルが浮かんできます。それはまるで闇の中で行く先も見えずどうしようもない絶望の淵から救われる様な安堵感。最初はとても希望なんか感じられない音だったのに、聴き終わった後には何故かほっと一息付ける様な暗く儚い作品です。暗いからこそ際立つ美しさをここに見つけました。

試聴

Check "Two Lone Swordsmen"
| HOUSE3 | 15:45 | comments(2) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 15:45 | - | - | |

コメント
この頃のTwo Lone Swordsmenは本当にかっこよかったですね。

今でもこのアルバムからはたまにかけたりするのですが音のいいシステムのある箱で回すとすごいかっこいいです。

個人的にはこの少し前のDub路線もすごい好きですがこのDeep House的な頃も捨てられません。
| Tack | 2007/10/29 10:38 AM |
>Tackさん
彼らはダブ、エレクトロ、ディープハウス、そして最近の
ロック路線となんでも器用にこなしますね。
やっぱりウェザーオールの懐の深さは並大抵じゃないと。
僕はやっぱりこのディープハウス路線が一番好きですね。
| マチュ | 2007/10/30 7:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1064
トラックバック
Stockwell Steppas / Two Lone Swordsmen
こちらもSOPではなくPTとなるのである意味シングル版扱いですが、内容としては3枚目のアルバムになる"Stockwell Steppas / Two Lone Swordsmen"です。 これが実質PT(Weatherallのレーベル)からの最後のシングル(アルバム)となったものでこれによってEmissions Audi
| Born Properly | 2007/10/29 10:37 AM |