<< Lazy Fat People - Pixelgirl EP (Planet E:PE65289-1) | main | Christian Smith & John Selway - The Coming Storm (Sino:SINO103CD) >>
ele-king presents Wildman's House (Ki/oon Records:KSC3913)
ele-king presents Wildman's House
Amazonで詳しく見る

acid over the rainbowのびびんばさんがお勧めしていたので、気になって購入してみた一枚。びびんばさんは自分の手が届かない痒い所をさり気なく紹介してくれるナイスなセンスを持ったお方です。音楽以外にもお酒の紹介もしてくれていて、飽きないブログで大変お勧めなんで是非ご覧になって下さいね。

さてまずタイトルに注目。はい、"ele-king"ですよね、知ってる方はオタク。現リミックス編集長の野田努がかつて発行・編集していたテクノ雑誌です。アンダーグラウンドな音楽を率先して紹介していた雑誌で好きだったんだけど、やっぱりアングラは売上が延びないのか廃刊しちゃったんですよね、残念。その"ele-king"の野田努や中田久美子(テクノ好きな写真家兼翻訳家でいいのかな?)らが選曲を行ったこのMIXCDですが、彼らによるとディープハウスを集めたとの事。まあしかし色々なアーティストがざっくばらんに入っていて、フレンチハウスのMotorbassにカナダのNick Holder(Track Heads)、デトロイトハウスのMoodymanとAlton Miller、ロンドンのPhil Asher(Basic Soul)、スウェーデンテクノのJesper Dahlback、ラテンハウスのBasement Jaxx、そして日本から横田進と田中フミヤ(Karafuto)とひとえにディープハウスと言えども一つにはまとめられない幅広さがあります。ここでの野田努のディープハウスとは"音楽性に意識的であろうとするアンダーグラウンドなハウス"を指すらしいが、確かに一般的に見ればアンダーグラウンドな選曲でも堅苦しい音楽を聴かせる訳でもなく、意外とノリの良いハウスが多くハッピーな気分で受け入れられると思います。かといって享楽的にただ盛り上げるだけのMIXCDとも違い、統一されたエモーショナルな雰囲気が自然と存在していて、そうゆう意味で確かにディープハウスなんだなーと感じました。昔の野田努はセンスが良かったなと感慨深くなる一枚。

Tracklistは続きで。
1. Wildman Disco / Wildman's Disco
2. Basement Jaxx / Paradise
3. Track Heads / Deep In U
4. 4AM / Kingston(Two Lone Swordsmen Mix)
5. Fresh & Low / New Life
6. Motorbass / Les Ondes
7. J.Dahlback / The Persuader
8. Karafuto / Funky Squad
9. Alton M / Sunset Central
10.Moodyman / Mahogany Brown
11.Digs & Woosh / The Message(20:20 Barndance Mix)
12.Yokota / One Way
13.Roy Davis Jr. / Gabrielle(The Scroll Mix)
14.Chris Gray / In The Dark
15.Basic Soul / Over The Moon
16.Freestyle Man / Love Story
| HOUSE3 | 19:50 | comments(4) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 19:50 | - | - | |

コメント
うぎゃっ恥ずかしい!!
褒められるのは弱いのです。ありがとうございます。

自分が飽きないように音楽以外のものも紹介していますが、
読んでるひとにもそう感じていただけると嬉しいですね。
| びびんば | 2007/11/01 11:13 PM |
>びびんばさん
ビールは今後も紹介し続けて欲しいですね。
自分で全部ビール買うのは大変だから、びびんばさんの
レビューで美味しそうなビールを買いますよ。
| マチュ | 2007/11/02 11:34 PM |
古い記事にトラックバックすいません。
昔のele-kingは、廃刊になってしまったけど非商業的で良かったですよね。
選曲がマニアック過ぎてまだ耳が慣れてないですが、これは隠れた名盤だと思ってます。
| majestic | 2008/09/17 2:43 AM |
>majesticさん
古い記事でもトラックバック嬉しいです。ありがとうございます。
エレキングは内容がマニアックで面白かったですよね。
多分クラブミュージックがマイナーだった時期だったから、
どんな内容でも面白かったんじゃないででしょうか。
今はクラブミュージックもオーバーグラウンドになった様に見えて、
質は追い付いてない気がします。
そのせいかリミックスと言う雑誌も余りおもろーないのが正直な所。
| マチュ | 2008/09/18 2:29 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1082
トラックバック
ele-king presents
自分がテクノを聴き始めたのは、確か95年頃のケンイシイが最初だったと思う。 学生時代にバイトの帰りにジャケットデザインに惹かれて衝動的に購入したものの、 聴いた当初は単調なリズムだけの変な音楽を買ってしまったという印象だった。 しかし、次第に惹かれてい
| ノンジャンルスタイル−音楽の追想と発見− | 2008/09/17 2:40 AM |