CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Steve Bug - Fabric 37 (Fabric:FABRIC73) | main | Jovonn - Spirit (Track Mode:TMCD1003) >>
Mix Form Mixed By Haruomi Hosono (Progressive Form:PFCD10)
Mix Form Mixed By Haruomi Hosono
Amazonで詳しく見る

かつてエレクトロニカが流行っていた時に日本でもエレクトロニカを中心に実験的な音楽をリリースしていたPROGRESSIVE FOrMと言うレーベルがあったのですが(今も続いているけれど)、なんと2006年にYMOの細野晴臣氏がそのレーベル音源を使用してMIXCDを手掛けていたのですよ。多分細野氏のMIXCDと言うのは初物なんじゃないでしょうか?その意味ではかなりの快挙でありますが、内容の方も予想以上に面白いと言うかファンキーです。PROGRESSIVE FOrMと言えば青木孝允、半野喜弘辺りが有名なので小難しくて踊れない音楽だと思っておりましたが、その思い込みは間違っておりました。勿論全てが単純な4つ打ちと言う訳ではないのですが、いびつで複雑なリズムでは在りながら強靭で芯の強いキックが存在していて、ガツッガツッと食い込んでくるキックはフロア対応以外の何物でもないでしょう。そしてこのレーベルの特徴でもある実験的な側面も当然入っていて、幾何学模様が広がっていく様な緻密で無機的な電子音の広がりは、黒人が生み出したテクノのファンキーさとは違う言わば日本が誇る最先端技術を音像化したかの如く未来的なファンキーさを感じさせます。もはやテクノはここまで来たのかとさえ思わせるエクスペリメンタルな内容で、この様な職人的に作り込んだ音はやはり日本人が得意とする分野なのかなと思います。正直PROGRESSIVE FOrM自体はそこまで興味無かったのですが、このMIXCDはマジで良いです。

試聴

Check "Haruomi Hosono"

Tracklistは続きで。
1 Ryoichi Kurokawa "Everything You Can See Through A Little Hole" From PFCD06 -Copynature-Track#02
2 Haruomi Hosono "Mixed Form #1"Material Taken From Ryoichi Kurokawa "OOL" From PFCD06 -Copynature- Track#03 Yoshihiro Hanno "Dub" From PFCD04 -9 Modules.+- Track#01 Yoshihiro Hanno "Square" From PFCD04 -9 Modules.+- Track#08
3 Haruomi Hosono "Mixed Form #2" Material Taken From AOKI Takamasa "Dear People" From PFCD05 -Indigo Rose- Track#02 Yoshihiro Hanno "Square" From PFCD04 -9 Modules.+- Track#08 Yoshihiro Hanno "Dub" From PFCD04 -9 Modules.+- Track#01
4 Yoshihiro Hanno "Oval" From PFCD04 -9 Modules.+- Track#09
5 Static "Examples Are But Suggestions" From PFCD08 -FORMA. 2.03- Track#02
6 Clickety And Clack "Pine" From PFCD03 -FORMA. 1.02- Track#07 Nao Tokui "Pine Ave" From PFCD07 -MIND THE GAP- Track#07
7 Nao Tokui "Pan Pacific" From PFCD07 -MIND THE GAP- Track#02
8 Nao Tokui "Ms. Cherry" From PFCD07 -MIND THE GAP- Track#08
9 AOKI Takamasa "Mry." From Pfc_2 -SILICOM Two- Track#04
10 Yoshihiro Hanno "S.E.Q" From PFCD04 -9 Modules.+- Track#02
11 AOKI Takamasa "Sorc." From Pfc_2 -SILICOM Two- Track#05
12 AOKI Takamasa "Neuger." From Pfc_2 -SILICOM Two- Track#11
13 Process "Nexus" From PFCD08 -FORMA. 2.03- Track#06
14 Sounguarehouse "Ah Eh Ee" From PFCD03 -FORMA. 1.02- Track#02
15 30506 "Vvv" From PFCD03 -FORMA. 1.02- Track#10
16 Yoshihiro Hanno "6" From PFCD04 -9 Modules.+- Track#06
17 AOKI Takamasa "Pimo" From Pfc_2 -SILICOM Two- Track#07
| TECHNO5 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック