<< Dave Clarke - Remixes & Rarities 1992-2005 (Music Man Records:MMCD026) | main | Kuniyuki Takahashi - All These Things (Mule Musiq:mmd5) >>
Fairmont - Coloured In Memory (Border Community:20BCCD)
Fairmont-Coloured In Memory
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
脅威の新人…ではなくて、実は既にKompakt Extraやミニマル/クリックで密かに注目を集めているTraum Schallplatteなどからもリリースを重ねているJake FairleyことFairmontのアルバムが、今最も旬なレーベルであるBorder Communityからリリースされました。結論から言いますとやはり出来は文句無しに良いと思います。その上で思うことは、レーベルメイトのJames Holden、Nathan Fakeもフロアに拘わらずにプログレッシヴロックやシューゲイザー、エレクトロニカなどを意識したアルバムを発表しておりますが、このFairmontも同じ路線を歩んでいて余りアーティスト毎の特色を感じられないかなと。モヤモヤと幻惑的な景色を創造する虚ろなメロディー、中毒性の高いリスキーな音色は正にBorder Communityの専売特許で神経にヤバイ感じに作用しますが、その音はHoldenらとどこに差があるのでしょうか。ジャンルの枠組みを壊すべく付けられたBorder Communityと言うレーベル名ではありますが、そのレーベルカラーを壊さない様に作られた作品は逆説的にもレーベルの枠組みに収まってしまっているのではないでしょうか。確かにファンが望む音楽をそのままリリースした事は分かりますが、このレーベルだからこそもっとアーティスト毎に特色が出てきても良いとは思うのです。だからと言って余りにもレーベルから外れた作品を出すと僕を含めファンは文句を言うわけで、聴くほうは勝手なんですけどねw。敢えて言うならNathan Fakeがフロアを意識した"Dinamo"があるように、このレーベルももっとフロアを意識したら面白いんじゃないかと思います。こうずらずらと講釈たれましたが、家でまたーり聴くには最高に気持ち良いですよ。

試聴

Check "Fairmont"
| TECHNO5 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1103
トラックバック