<< Jovonn - Spirit (Track Mode:TMCD1003) | main | Calm Featuring Moonage Electric Big Band Presents The Cowardly Boy Ain't Stand Alone At Yebisu The Garden Hall (Lastrum Corporation:LACD-0065/6) >>
Calm - Blue Planet (Music Conception:MUCOCD-018)
Calm-Blue Planet
Amazonで詳しく見る

K.F.名義やJapanese Synchro Systemでの活動があったせいか、メインプロジェクトであるこの名義では実に4年半ぶりとなるCalmの最新作。前述したプロジェクトにはさほど興味が持てていなかったので、この名義での帰還には大変期待をしていますがさあどうでしょうか。前作"Ancient Future"(過去レビュー)ではMoonage Electric Ensambleを率いてのバンドアンサンブルで壮大に迫り来るストーリーを感じさせてくれましたが、本作では生演奏の要素は少々控えめに打ち込みの要素が増えていると感じます。本人曰く敢えてシンプルな構成にしたそうで、その分曲その物のメロウな雰囲気は素直に伝わってきます。しかし自分が期待していたバンドとプログラミングの類い希なる一体感が織りなす世界観は失われていて、やや戸惑いも隠せません。ふんだんに生演奏を取り入れていた前作では優雅でアーバンなジャズ+アンビエントを自然と表現出来ていたのですが、本作ではどちらかと言うと懐古を匂わせるK.F.名義に近い音を感じます。ジャンル的に言うならばハウス+ダウンテンポになるのかな。更にはボーカルや朗読も取り入れられておりますが、これは無くても良かったかなと思いました。いやまあ好みの問題になるけれど、歌が楽曲を邪魔しちゃってる気が気がするんですよ。4年待ったけれど、何だかすっきりしないぞ、むー。

試聴

Check "Calm"
| HOUSE3 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
“歌が楽曲を邪魔しちゃってる”
あーー、すごくわかります。同意見です。

ポップになるのはいいんだけれども、
歌の取り込み方があまり上手でなかったような…
割とありがちな感じになってしまったというか中途半端というか。

2作連続リリースということで続編?の『Silver Moon』が
1/末〜2/初にリリース予定だという情報がありました。
こちらはもっとインストぽくなるそうで、期待できるかな?

| 山やま | 2007/12/13 3:38 PM |
>山やまさん
確かに以前よりポップな感じかも。とっつき易さは
あるかもしれないですね。
ただ歌がしっくりトラックにはまらない。

次作早いですね。インスト中心ですかー。
トラック的に変化はあるんでしょうかね。
| マチュ | 2007/12/14 7:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1119
トラックバック