<< Virgin Mary - sugata (Burger Inn Records:BUCA1002) | main | 2004/12/18 F08:CARL COX GLOBAL @ Space Lab Yellow >>
Ian O'Brien With Hi-Tech Soul
Ian O'brien-Heartstrings Jazzanova-Days To Come(Remixes). Querid-Object Orient
左から「Heartstrings」、「Jazzanova-Days To Come(Remixes)」、「Querida-Object Orient EP」。「Tatto Jazz」のジャケは見つかりませんでした。

イアンオブライエンと言えば初期の頃はUnderground Resistance、特にHi-Tech Jazzに影響ありまくりのデトロイトフォロアーだったと思います。まだまだ認知度が低かったせいで初期の頃のEPは僕は持っていなかったのですが、運良くも手にする事が出来たので紹介してみようと思います。

「Tatto Jazz」はもろにUR影響を受けた分かりやすい曲です。シンセが水を得たかのように縦横無尽に暴れまくり、ビブラフォンが華を添えるように控えめに鳴り、リズムはアッパーに跳ねまくるURの影響受けまくりの超絶名曲。このオプティミスティック感は初期の頃の特徴で、キラキラした感じは彼特有の物でしょう。最近中古で購入しましたが、凄いレアなので是非とも再発すべきなEPですよ。

続いてはUKの偉大なPeacefrogから出した、「Heartstrings」。これはアフロパッカーシブなリズムが大地の躍動を思わせる、ブロークンビーツ風のトラックです。彼の場合ストレートなテクノも良いけど、生音を多様したパッカーション炸裂の曲も素晴らしいです。エレピとストリングスによって綺麗目に仕立て上げられています。B面にはやはりUR調の曲と、もろにフューチャージャズな曲があり懐の深さを伺わせます。

オリジナルトラックも素晴らしいけど、リミックスもほぼ神レベルな彼。その中でも「Days To Come (Ian O' Brien Remix)」は一大スペクタルな曲です。デトロイト以上にデトロイト、これこそが待ち望んでいたハイテックソウル。電子音が宇宙を飛び交うように交差し、そしてついに弾ける瞬間、宇宙旅行をするかのようにストレートなテック系4つ打ちが始まるギャラクシージャーニーです。今年の6月のYellowでLaurent Garnierが一番最初に使っていた曲です。フロアで聴いて宇宙に飛ばされました。「Jazzanova-Jazzanova Remixed」の2枚組アルバムにも収録されています。

そして一番新しい作品がQuerida名義の「Object Orient EP」。A面はやはりDays To Come (Ian O' Brien Remix)のハイテック感に似たような感じもあるけど、もっとテクノよりでよりシリアスになっていますが、コズミックな電子音が未来を垣間見せます。B面2曲も生っぽいトラックなのに、タフなビートでカッコいいですね。今後はもっとテクノよりのなるのを予感させます。

Check "Ian O'Brien"
| TECHNO1 | 21:04 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:04 | - | - | |

コメント
こんばんは〜

きゃーIAN O'BRIEN !!! 
とり上げてくれたの嬉しいです♪
その昔、多分彼の初めてのアルバム?DESSERT SONG??とかいうタイトルだったと思いますが、友達の家で聴かせてもらい、当時好きなアーティストの一人でした(今も当時もあまり詳しくないですが・・・)。 
最近音楽から遠ざかっていたので、今でも活躍しているのを知るのは嬉しいです:)

今度CDチェックしてみよう☆
| ZOE | 2004/12/19 3:02 AM |
>ZOEさん
オブライエンはまじ良いですよ。Desert Scoresって
言うのが1stで、他の二枚のアルバムも良いです。
アルバム毎に深化していって、今後にも期待出来る
素晴らしいアーティストだと思いますよ。
| マチュ | 2004/12/20 12:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/115
トラックバック