<< Pressure Funk - Twisted Funk (Soma Quality Recordings:SOMACD14) | main | Luke Slater - Fear And Loathing (React:REACTCD210) >>
Maurice Fulton Presents Stress - Why Put Me Through It (Transfusion:TFCD01)
Maurice Fulton Presents Stress-Why Put Me Through It
Amazonで詳しく見る

先週はYellowにMaurice Fultonが来日しておりました、すっかり忘れてましたが。近年は奥さんであるカナモリムツミのユニット・MUのプロデュースで名前が知れていますが、元々はガラージやハウス方面で活躍していたと思われます。僕はBoof名義の"A Soft Kiss By A Rose"(過去レビュー)で初めて彼の音に触れたのですが、エロティックな雰囲気とどす黒いグルーヴが滲み出ていてその妖艶な音にやられてしまいました。ではそれよりも以前の本作はと言うと、エロティックな音は控えめで奇天烈なハウスと表現するのが妥当でしょうか。臨場感とエッジのある生音と不思議な電子音が組み合わさり、トライバルで肉体を揺さぶるハウスもあればメランコリーで胸にぐっと来るディスコ調もスウィングするジャズ調もあり、なんだか掴み所の無いMauriceの脳内です。まとまりは無いですが枠にはまる事なく好き放題やっている様にも感じられ、面白い作品とも言えるでしょう。個々の曲は総じてカッコいいので、普通のハウスに飽きている人には本作をお勧めしたいと思います。

Check "Maurice Fulton"
| HOUSE3 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1152
トラックバック