CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2008/01/26 FACE presents Andre Collins Japan Tour 2008 @ Space Lab Yellow | main | System 7 - Point 3 Water Album (A-Wave:AAWCD003) >>
boris - Flood (Midi Creative:CXCA1076)

Boris-Flood
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
引き続き"宇宙からの歌、宇宙への音"(過去レビュー)からのCD紹介。本日は日本のバンド・Borisなる人達のギターアンビエントアルバム。Wikipediaによると「日本のスリーピースヘヴィメタル、ストーナー・ロック、ノイズロックバンドである。」だそうで。ギター、ベース、ドラムを基本としたシンプルなプレイながらも圧巻の内容で、一曲70分の大作です(一応4つにトラック分けはされていますが)。序盤はギターのシンプルなフレーズがミニマルの如く10分以上も静かに繰り返され、トラック1終盤でノイジーなSEが一気に空間を埋め尽くす。そしてトラック2に変わった所で一転、優しくメランコリーなギターのフレーズが繰り返され、一緒にドラムやベースも入ってきます。そしてそのままトラック3の中盤まで進んだ所で、一気に静から動の状態へ音を開放。怒涛のノイズギターが放出され一緒に祈りにも似たボーカルも入ってきて、感情の昂ぶりが最高潮に達します。ギターノイズとは言っても不快な物ではなく、轟音ではあるけれどどこか儚げで脆く壊れやすい美しさを表現しているみたいな。プレイヤーの心の底からの咆哮って感じで、胸にグッと来ます。そしてトラック4に変わると、エネルギーを使い果たした後は喧騒の後の余韻に浸る一時が静かに待っています。エコーを効かせたギターがほわ〜んと響き、静かに静かに終焉の時を迎えるのでした。長時間の大作らしくドラマティックに盛り上がっていく様が見事に表現されていて、長いからと言って途中でだれたりもせず感動的に最後まで聴けました。MOGWAIなどが好きな人は、BORISにも好印象を抱けるのではないでしょうか。

試聴

Check "Boris"
| ETC2 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
まさかマチュがBoris聞いてるとは思いもしなかった。
ノイズまみれで結構好きです。
BorisがOKならSun O)))もアホみたいなノイズだよ〜
| cdvader | 2008/01/29 11:45 PM |
>cdvader
俺はたまたま本のレビュー読んで買っただけだよ。
Vaderは相変わらずコアなアーティスト聞いてるねー。
最近のVaderはマニアック過ぎて俺もついていけんぞ。
| マチュ | 2008/01/30 11:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック