<< Spirit Catcher - Harmonized Session (IRMA JAPAN:IRJP-0009) | main | Pressure Funk - Twisted Funk (Soma Quality Recordings:SOMACD14) >>
Shut Up And Dance! Updated (Ostgut Tontrager:ostgutCD03)
Shut Up And Dance! Updated
Amazonで詳しく見る

本コンピレーションはドイツのバレエ団のイベントの為にクラブアーティストが新曲を提供した企画盤なのですが、その参加面子が尋常ならざる凄さ。ミニマルテクノ新生代のSleeparchive、チリアンミニマル代表格のLuciano、大人気のÂme、昔からのテクノファンお馴染みのThe 7th Plain(Luke Slater)、あとNSI.(って誰?)と誰もが目を見張る面子です。やはり注目はÂmeの"Fiori"(過去レビュー)でしょうか。既にこの曲はレコードで購入済みですが、実はこのアルバムからのカットだったんですね。CDで出てるならレコード買わなくても良かったかもね…orz。SleeparchiveはBasic Channelスタイルのディープなミニマル曲を提供。シンプルな様で機能美に溢れているフロアをも意識した内容で、ダビーな音響はうっとりとする位美しいです。Lucianoは相変わらず独特で、乾いたパーカッションが軽快に鳴るラテンミニマル?と言うのかな。いつもよりも何故か妙に可愛らしいキャッチーな雰囲気を感じました。Luke Slaterに関してはクラブトラックと言うよりは、むしろ場面が徐々に移り変わるようなサウンドトラックみたい。最近この人はいまいちなのが、正直な所。昔はアナログ機材でぶっといハードサウンドを聴かせてくれてたのにねー。NSI.は全然知らないアーティストですが、深いリバーヴの聴いたエクスペリメンタルな内容でテクノらしいと言えばテクノらしい音。4つ打ちではないのに、グルーヴィでなかなか良かったです。5曲のみの収録ですが計一時間程のボリュームなので、お腹一杯になりました。

試聴

Tracklistは続きで。
1. NSI. - Bridge And Tunnel People
2. Sleeparchive - Perspective
3. Ame - Fiori
4. Luciano - Drunken Ballet
5. The 7th Plain - Symphony For The Surrealists
| TECHNO5 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
はじめまして

これ、好きなんです!
いつも聞いています。
| あきお | 2008/02/19 3:14 PM |
>あきおさん
こんにちわ、はじめまして。

このアルバム曲数は少ないですけど、カッコイイ曲が詰まっていますよね。
実際にバレエのイベントで使用したのかどうか気になります。

テクノの曲を使用するなんて、ライヒの曲を使用するローザスのセンスに近い物を感じますな。
| マチュ | 2008/02/20 10:55 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1179
トラックバック