<< Maurice Fulton Presents Stress - Why Put Me Through It (Transfusion:TFCD01) | main | Gilles Peterson - In The House (ITH Records:ITH23CD) >>
Luke Slater - Fear And Loathing (React:REACTCD210)
Luke Slater-Fear And Loathing
Amazonで詳しく見る(US盤1)
 Amazonで詳しく見る(US盤2) Amazonで詳しく見る(UK盤)
2月18日のエントリでLuke Slaterの話が出てきたので、久しぶりに彼の魅力が味わえる全盛期の頃のMIXCDを聴いてみました。とにかくLuke Slater、もしくは別名義のPlanetary Assault Systemsと言えばゴリゴリぶっ太くワイルドな音を聴けるハードな野郎と言うイメージがありまして、昔はまじで好きでした(ハード路線を逸脱した近年は好きじゃない)。オリジナル作品がそうでありますからDJプレイも例にも洩れずかなりハードで、男気なり根性なりを感じられるDJでした。2001年リリースである2枚組の本MIXCDもやはりハードな展開が貫かれ、気合いを注入したい時にはぴったりな内容であります。

まずは一枚目、Jeff Mills、Ben Sims、Player、Regis、James Ruskinなど今となってはなんだか懐かしささえ感じる一昔前のハードなお方達のトラックがずらり。スピード感、重量と共に一級品でとにかく一直線にガツンガツンなプレイが聴けるのですが、不思議と粗雑さは感じないですね。確かに音は荒々しいのですが、乱暴にミックスするのではなく丁寧にミックスしている様でワイルドな中にもまとまりがあります。トライバル、ミニマル、ハードテクノなどが渾然一体となり肉体をしばきあげる好内容ですね。

対して二枚目ですが、こちらはスピード感よりも重厚さ、そして深みを感じさせる意外な内容です。ハードテクノもミニマルも確かに使われているのですが、勢い一直線ではなくドスンドスンと揺れが生じる重みがあり横揺れ系のグルーヴィーな展開ですね。ぶりぶりベースなエレクトロも出てきたり、渋みの効いたファンキーな音も聴けて全く予想していなかった意外な内容ながらも、じっくり聴き込めるミックスです。一枚目の激ハードな音の後に、二枚目のちょい緩めの音が来ると良い感じでアフターケアになりますね。

しかし久しぶりにこの様なハードなテクノを聴くと、やっぱりハードテクノって痛快で格好良いと思います。なんで最近は全く人気が無いんでしょうね?

試聴

Check "Luke Slater"

Tracklistは続きで。
1.01 Birdland Birdland (3:18)
1.02 Oxia Check The M... (2:46)
1.03 Player Player 6 Side A (3:03)
1.04 Ben Sims The Basics (1:48)
1.05 1st Bass Slam Me Down (3:10)
1.06 Planetary Assault Systems Atomic (3:05)
1.07 Jeff Mills AX-009B Track A1 (4:09)
1.08 DJ Shufflemaster Slip Inside You (2:26)
1.09 Chris Cowie Frisky (1:34)
1.10 Ben Sims Loops (4:02)
1.11 James Ruskin Confession (1:21)
1.12 Zzino vs. Filterheadz Corrador (3:45)
1.13 Regis Exercise For Institutions (4:10)
1.14 Ben Sims Manipulated (Adam Beyer Remix) (3:25)
1.15 Sharpside Teiscodrop (2:59)
1.16 Marco Bailey Green Hornet (The Advent Rework) (1:48)
1.17 Planetary Assault Systems Function 3 (2:53)
1.18 Ben Long The Virus (1:46)
1.19 Lords Of Shamboo Name 4 The Pain (2:23)
1.20 Planetary Assault Systems Function 5 (0:49)
1.21 Michel De Hey vs. Literon Transmitter (4:08)
1.22 Cracker Jack Pussy Freak (5:01)
1.23 Luke Slater Body Freefall, Electronic Inform (3:58)
1.24 Luke Slater Filter 2 (5:50)

2.01 DHS House Of God (2:14)
2.02 Two Lone Swordsmen Bunker (Ricardo Villalobos Remix) (1:41)
2.03 DBX Spock's Brain (3:45)
2.04 Luke Slater All Exhale (FC Kahuna Mix) (3:57)
2.05 Planetary Assault Systems Groove For Thought (4:28)
2.06 Millsart Every Dog Has It's Day Vol. 2 Track D1 (2:46)
2.07 Pacou Tijuca (2:35)
2.08 Jeff Mills Gamma Player (4:46)
2.09 Mr. G G's Strings (4:53)
2.10 Artificial Funk People Don't Know (4:51)
2.11 The Youngsters Illogique (4:18)
2.12 Mr. Sliff Power Tower (3:10)
2.13 Mr. Sliff Rippin' And Dippin' (3:41)
2.14 Rennie Pilgrem & B.L.I.M. Eskimo (Yellow Snow Remix) (1:14)
2.15 Tipper Tug Of War (2:49)
2.16 S.I. Futures I Like That (Brand New) (3:17)
2.17 DJ Remy Serious Damage (3:38)
2.18 Lamonde Dr. Smith (3:02)
2.19 Polarity Subdued (5:07)
2.20 Felix Da Housecat Silver Screen - Shower Scene (FC Kahuna Remix) (9:00)
| TECHNO5 | 07:30 | comments(7) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | |

コメント
お〜、この頃のLukeはまさにバリバリの全盛期でしたよね〜。僕も本当に大好きでした。ここ最近の彼の作品は嫌いでは無いんですけど、方向性がよく見えないというか。前に何かのインタビューで見たのですが「自分は“Freek Funk”の頃のイメージから脱却したいんだ」とは言ってたんですけど・・・。迷っているんでしょうね。ハード路線からクリック系に転換して本格的に成功してるのはRichie Hawtin,Adam Beyer,Raudive(Oliver Ho),田中フミヤぐらいでしょうか?すぐに思い当たるのは。別にLukeが失敗例だと言いたいわけではないんですけど(笑)。彼は遅かれ早かれ最近のJoey Beltramのようにいずれハード路線に出戻るような気がします。僕の憶測というか願望ですけど(笑)。

ハードテクノは今人気が無いというよりもあまりにも大半のDJやアーティストがミニマルの方に向き過ぎてシーンのバランスが崩れてる状態なのかもしれませんね。でも何やかんや言ってもいいプレイさえすればハードな曲でもお客さん達は全然盛り上がるはずだし、潜在的にはみんなハードなのをそろそろ求めてるとは思います。あとはキッカケ一つでしょうか?例えば元々ミニマルだった人がいきなりハード路線に転換するとか(笑)。
| REC-ing Crew | 2008/02/24 10:50 PM |
ボクもこれ大好きです。彼のアルバム「92-94」はもっと大好きです。まさにゴリゴリのハードテクノで、うっとりしてしまいます。
| ヨサ | 2008/02/24 11:16 PM |
>REC-ing Crewさん
クリック系に転向して上手く行っている人は少ないですよね。ベイヤーなんかはハードな音も残っていて非常に上手く転向したなと思わせますが、やはりその様な人は数少ないですね。ルークはさっさとハード目の音楽に戻った方が絶対人気も戻る気はしますねw

ハードな音楽が人気ない理由はほんと不明ですね。単純に多くのアーティストがミニマルを回すから、ファンもそれに合わせてミニマルを聴くだけなのかもしれないですね。

>ヨサさん
「92-94」って随分古いモンが出てきましたねw確か初期のコンピでしたっけ?それとか「X-Tront Vol.2」もハードで格好良かったです。何をとち狂ったか「Alright On Top」でポップな路線に行ったのがまずかったのでしょうか…
| マチュ | 2008/02/25 10:01 PM |
ハードテクノは・・・多分みんな飽きちゃったんだと思います。
あと、世のテクノヘッズが全体的に歳を取って、ユルい音を求めるようになったとか(笑)

個人的には、ハードテクノの復権はデトロイトテクノやその周辺から始まると予想しているので(希望?)、今年あたり期待したいですね。
| びびんば | 2008/02/27 1:21 AM |
>びびんばさん
飽きちゃう…なんだかそれも寂しいですね。
歳はどうしようもないですねw
自分もさすがにクラブで一晩中ハードテクノ聴いていると、
確かに疲れは尋常じゃないですから。

今年はハードテクノ来ますかね〜?
クラブでもがっつんがっつん五月蠅いのを聴きたいです。
| マチュ | 2008/02/27 10:37 AM |
リカルドヴィラロボスがとどめさしたから ヤバいのがないと 又ジミヘンでトリップするしかないから 早く新しい薬が欲しい
| gayjunk | 2008/06/29 1:06 AM |
>gayjunkさん
よくわかりませんが、ヴィラロボスは良いですね。
| マチュ | 2008/06/29 10:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1180
トラックバック
Fear and Loathing : Luke Slater
ちょっと、ちょっと、ちょっとー!さっき記事を書いてアップしたらエラーになってしまったぞ!しかも記事は跡形もなく消え去っている…。いい加減にして欲しいぞ、アメブロ。この不安定さ加減、なんとかせいよ。 気を取り直してもう一回書きます。 来
| Yokohama Beat Junkie | 2008/02/23 10:15 AM |