<< Autechre - Incunabula (Warp Records:WARPCD17) | main | Newworldaquarium - The Dead Bears (NWAQ:NWAQ02CD) >>
Autechre - Quaristice (Warp Records:WARPCD333)
Autechre-Quaristice
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
Autechreの1stアルバムはまだアンビエンス漂う聴き易いテクノでしたが、アルバムをリリースする毎に定型を崩しながら奇妙で無機質になり理解が難しくなっていきました。そんなこんなで自分も近年のAutechreの作品は惰性で買い続けると言う形が続いていて、ぶっちゃけそんなに聴き込んでおりません。そして最近新作が出たのでやはり惰性で買っておきましたが、まあ意外と良かった(失礼)。進化か退化かは分かりませんが、初期の頃のアンビエンスなムードが多少なりとも復活している事、そして曲数が20曲もあり一曲が短いので聴き易くなっている事、それらが良い方向に作用していると思います。勿論アンビエントミュージックだけでなくどぎついマシン音が奇天烈に弾けるメタリックかつインダストリアルな作風もあるし、その壊れっぷりは相変わらず。しかしAphex Twinが直感や衝動に因って生み出してきた音に比べると、やはりAutechreは全て計算の上で難解なテクノを作っているので、Aphexの壊れ具合とは良くも悪くも度合いが異なるんですね。インパクトなり破壊的なパワーはいまいち欠けている気がします。逆に言うと実験性と単純に音を楽しむバランスが上手く取れているとも考えられるし、それが彼らの特徴なのかもしれないですね。近年のAutechreの作品の中では一番楽しめる内容だと思うし、まだまだAutechreは終わったりなんかしないはずです。

試聴

Check "Autechre"
| TECHNO5 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1203
トラックバック
Quaristice / Autechre
Autechreの最新アルバム、"Quaristice / Autechre"がリリースされました。 本当に久々にAutechre買ってみたのですがものすごくAbstractで構造的な音をさらに進めている感じです。 Ambient的楽曲もあってある意味Contemporaryな感じの作品になっています。
| Born Properly | 2008/03/10 8:19 AM |