CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Jesper Dahlback - Stockholm Mix Sessions 2 (Turbo:TRB60102) | main | DJ Spinna - Intergalactic Soul (Columbia Music Entertainment:COCB-53517) >>
Ananda Project - Night Blossom (Nite Grooves:KCD263)
Ananda Project-Night Blossom
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
最近の乙女ハウスって言うジャンルは正直どうなんでしょ。ハウスが一般人にも広がるのは嬉しいけれど、なんだか乙女ハウスってジャンルにカテゴライズされているアーティストを見る限りだと少々ちゃらい感じがぬぐえないんですよね。まあさ、マスメディアもそうやって聴衆を洗脳して売り上げを伸ばしたいんだろうけれど、乙女ハウスこそがハウスだなんて勘違いされて聴かれているとしたら悲しい気持ちになります。

じゃあ普段ハウスを聴かない人にもお勧めできる本格的なハウスとは?それなら僕はまず第一にAnanda Projectを挙げます。Chris Brannを核にし生演奏とプログラミングを巧みに組み合わせた生っぽい音を聴かせる本格派ユニット。ブラジリアンやラテン、ジャジーな雰囲気も取り込みつつ優雅で繊細な作風が特徴で、クラブ向けのトラックとしてだけでなくホームで聴くのにも適した良質なハウスを量産する素晴らしいアーティストです。ハウスが一般的にも聴かれつつなるようになった今メジャーとマイナーの境も曖昧になってきておりますが、Ananda Projectはメジャーの聴き易さとマイナーの音楽に対する誠実な精神を兼ね備えており、彼らこそハウスの入門としても最適だと考えるのです。本作は3RDアルバム"Fire Flower"(過去レビュー)のリミックス盤に、Ananda Projectの曲だけを使用したMIXCDも付けた豪華な2枚組み。リミックス盤にはJoe Claussell、Blaze、Frankie Feliciano、Idjut Boysなどが参加していて、オリジナル盤よりはクラブでの使用を意識した作風に変化しております。そしてMIXCDの方はもう文句無しの出来な至極の名曲揃いで、ハウスってこんなにも美しく感情的な音楽だったの?と思わせられます。エモーショナルと言う言葉はまさにこんな音楽の為にあったのか?!Ananda Projectの音楽を聴いているとこれがクラブミュージックだとかハウスだとかそんな事はどうでも良い事で、ただの音楽として聴いて欲しくなりますね。

試聴

Check "Ananda Project"

Tracklistは続きで。
DISC 1
1. Let Love Fly [Joe Claussell's Sacred Rhythm LP Version]
2. Stalk You [DJ Kawasaki Remix]
3. Into the Sunshine [Ricanstruction Mix]
4. Fireworks [Blaze Roots Vocal Mix]
5. Moments Before Dreaming [Idjut Boys RMX I]
6. Free Me [Scott Richmond & DJ Ebar Vocal]
7. Where the Music Takes You [Pastaboys Dub]
8. Stay as You Are [Tomo Dub]
9. Universal Love [Jay-J's Shifted Up Mix]
10. Moment Before Dreaming [Original Version]

DISC 2
1. Into the Sunrise (Reprise)
2. Secrets [King Brit Sunset Mix]
3. Stay as You Are [The Rurals Remix]
4. Justice, Mercy [Aquanote's Peace Mix]
5. Moment Before Dreaming [Idjut Boys Dub]
6. Remember When (The Wind Destroyed Our Village) [Alternate Mix]
7. Let Love Fly [Early Winter Mix]
8. Icu
9. Where the Music Takes You
10. Bahia [Kyoto Jazz Massive Mix]
11. Kiss Kiss Kiss [Alternative Mix]
12. You Are There
13. Cascades of Colour [Wamdue Black Mix]
| HOUSE3 | 23:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
乙女ハウスって言葉すっかり定番化してきていますよね・・・
マチュさんの気持ちすごくわかります。。。
けどまったくハウス初心者が何買うか迷っている時には良いのかもしれませんね・・・
最初の入門としては・・・

最近、クラブ閉店だったり、CISCO閉店だったり、クラブ業界が低迷!?
しつつあるこの時、どんどんクラブミュージックに皆が触れていって欲しい
物です。
と思います。

| KENBO | 2008/03/29 1:07 PM |
>KENBOさん
乙女ハウス、今は流行ってるけれどすぐに廃れそうな一過性な臭いがプンプン。だって安っぽい言葉ですからねー。
乙女ハウスはあっても男ハウスは出てこないのかな?
まあ、確かに入門位のジャンルとして受け止めて頂きたいものです。

しかし昔よりはクラブに行く人は増えているんだろうから、決してクラブミュージックが聴かれてない訳じゃないんだろうけれど、
この停滞感は一体何なのでしょう?
| マチュ | 2008/03/30 12:48 AM |
リンク先で試聴しましたがいいですねーこれは。最近こういう良質なハウスをあまり聞いてなかったんである意味新鮮ですね。いい意味でテクノ漬けになった頭の中がリセットされるというか。

確かに“乙女ハウス”という名前はいかがなものかとは思いますが、クラブミュージックをよく知らない世間の感心の集めるためにはまあ必要悪かなと(笑)。要するに谷川さんがK-1に曙やボビー・オロゴン、元ロッテの立川を出すようなモノというか(笑)。まったく世間に無視されるよりはマシだとは思います。

世間に誤解されるのを恐れるあまりマニアックになりすぎて内へ内へと篭ってしまうとライト層が新たに入りづらくなってしまい結局シーンはより縮小してしまうし、ひとまず“乙女ハウス”という形で食べやすく間口を広げて世間との接点を多くすることは決して悪いことばかりではないと思います。

なんやかんや言っても僕も中学の頃に電気やYMOに出会うまでは“テクノ”の“テ”の字もまったく知らなかった人間なんで。そういうのを通過した上で本来のより良質な曲の良さに一人でも多くの人が気づいてくれれば儲けモノかなぁと(笑)。
| REC-ing Crew | 2008/03/30 9:23 PM |
>REC-ing Crewさん
Ananda Projectは良いですよ、本当に名曲揃いで完璧です。

“乙女ハウス”が谷P〜なんたらの話は、まあ確かにそんな感じでしょうね。それでハウスに入ってきたら、そのまま色々なハウスに足を踏み入れてくれると良いとは思います。

まあだからと言って売り方の方が、後の事を考えているようには感じられないのが悲しい所。せめてもうちょっと素敵なジャンル名を考えてくれたら良いんですけどね〜
| マチュ | 2008/04/02 1:41 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1212
トラックバック