CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Aphex Twin - Selected Ambient Works 85-92 [Original recording remastered] (Apollo:AMB3922RM) | main | 川原湯温泉 笹湯 >>
Ken Ishii - Jelly Tones [Original recording remastered] (R & S Records:RS95065CD)
Ken Ishii-Jelly Tones
Amazonで詳しく見る

今日もこの度のR & Sのリイシューシリーズの一つ、純国産の世界基準テクノ"Jelly Tones"(過去レビュー)の紹介です。とにかく初期の頃のケンイシイは凄かったと言うか、唯一無二の音を鳴らしていてオリジナルとは彼の為にあった言葉でしょう。模倣や再構築の繰り返されるテクノの歴史の中で、ケンイシイの音は東京から発せられた未知の音であり未来の音でもありました。何と言っても目を見張るのがその特徴的な音。向こう側が透けそうな位に透明度の高いシンセサウンド、それが彼の音楽を特徴付けていると言っても過言ではない。またデトロイトのエモーショナルさ、ヨーロッパーのエレガンスとも異なる感覚、それは多分日本と言うテクノロジー大国から生まれた未来感なのに違いない。この作品がリリースされた1995年、ケンイシイはまだ25歳。若くしてその存在を世界に知らしめた本当の天才。そして現在もケンイシイはテクノの未来を見据えている。

試聴

Check "Ken Ishii"
| TECHNO6 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
ケンさんのは、「メタル・ブルー・アメリカ」以外は、みんな好きです。


| diary_ore | 2008/04/24 10:38 PM |
>diary_oreさん
やはりMBAは人気が無いですねw
自分もMBAだけは大して聴かないですね。
取り合えずDJ活動が忙しいようですが、昔の様なインテリジェントな作品もまたリリースして欲しいと思ってます。
| マチュ | 2008/04/25 11:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック