CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Hanna - Portrait Of Warren (Little Angel Records:LAR017) | main | Radioactive Man - Booby Trap (Rotters Golf Club:RGCCD009) >>
Radioactive Man - Radioactive Man (Rotters Golf Club:RGCCD001)
Radioactive Man-Radioactive Man
Amazonで詳しく見る

テクノ、ハウス、エレクトロ、ダブ、ブレイクビーツ、ロック、パンク、ありとあらゆる音楽性を持っているAndrew Weatherallですが、近年の彼はロカビリーにはまっていて個人的にはイマイチで残念。ならばそこで頼るべきはTwo Lone SwordsmenでWeatherallとユニットを組んでいるKeith Tenniswoodのプロジェクト・Radioactive Manになります。何となくWeatherallの影に隠れている様に思われがちですが(事実自分も以前はそう認識してました)、このRadioactive Man名義の1stアルバムを聴いてからはその認識を改める様になりました。つかめちゃカッコいいテクノ、いやディープなエレクトロパンクで尖がりまくり。絞り込まれた強靭な肉体を見せ付けるが如く音数は少ないながらも強烈なエレクトロを披露し、びっしばっしと貧弱な体をしばきあげる様です。面白いのはそんなダークでパンキッシュな音の中にも、ドリーミーで夢うつつなメロディーも聴けたりして退廃的な色に染まりきらずにポップな空気も感じれる事。エレクトロ一色だと聴き通すのに体力が必要で結構しんどいのですが、Radioactive Manのエレクトロはアングラとポップが程よくブレンドされているので、僕の様なエレクトロが苦手な人でもすんなり聴けるんだと思います。最近のWeatherallに飽きている人は、是非ともRadioactive Manなんか如何でしょうか。

試聴

Check "Keith Tenniswood"
| TECHNO6 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1239
トラックバック