CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Radioactive Man - Radioactive Man (Rotters Golf Club:RGCCD001) | main | Blowman Meets Sato-an - Respect For Self Respect For Others (Mule Musiq:muef3) >>
Radioactive Man - Booby Trap (Rotters Golf Club:RGCCD009)
Radioactive Man-Booby Trap
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
昨日に引き続きRadioactive Manの紹介。3rdアルバムが出たばっかりですが、まだ購入していないので2ndアルバムでもどうぞ。Two Lone Swordsmenの一員と言う事もあり当然エレクトロ節が聴けるものの、1stに比べるとどこか変態性が増していて遊び心も感じられる内容。1stなんかはどこまでも深海を進む潜水艦の様に暗いイメージが付きまとっておりましたが、2ndにおいては潜水艦が浮上して日の目を浴びた様な弾けた音です。エレクトロと言えばエレクトロなんだけど、リズムに多様性が生じていて腰に響く躍動感を感じられます。エレクトロつーかブレイクビーツと言った方が妥当かな。その分逆にディープな雰囲気は失われてしまい、1stの厳かで静謐な面影は殆どナッシング。壊れ気味で精神分裂症的なエレクトロが好きな人は、本作の方が合うかもしれません。

試聴

Check "Keith Tenniswood"
| TECHNO6 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック