CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2008/04/11 Cocoon Morphs Tokyo Feat. Ricardo Villalobos @ Womb | main | Aril Brikha - Prey For Peace (Music Man Records:MM116) >>
Ricardo Villalobos - Love Family Trax (Goodlife Records:RTD 314.5002.2)
Ricardo Villalobos-Love Family Trax
Amazonで詳しく見る

先日Ricardo VillalobosのDJプレイを生で体験したのですが、自分が持っている彼のMIXCD三枚全てと実際のプレイに差があり最初は結構驚きました。もちろん生のプレイも良かったしMIXCDも良いので、MIXCDを気に入った人は実際にDJプレイを聴きに行く事をお勧めします。本日紹介するMIXCDはVillalobosの初のMIXCDなのですが、調べた所によると市場での価値が高騰していてとんでもない額で転売されております。自分は丁度日本でクリックハウスなるムーブメントが流行っていた頃に、良く分からずに本作を購入したのである意味運が良かったのかなと。そして内容も彼のMIXCDの中ではピカイチですが、最近の作風とは結構かけ離れていてポクポクな土着系リズムも聴けるのですが、それ以上にトランシーな要素が大きいです。クリクリと丸みを帯びたキックが入るリズムトラックを中心にハウシーなグルーヴを紡いでいくのですが、上物にトランスに近い感じのうっすらと情緒漂う音が入ってきたりして最近のVillalobosからは窺えない音が見え隠れしています。ミニマルとテックハウスの中間位の音と言えば良いでしょうか、なかなかの美メロが聴ける内容です。そう言えば昔は彼もエレガンスなメロディーを多用したトラックをリリースしていたけれど、最近は作風がほぼ土着系に定着してしまってるんですよね。土着系も悪くないけれど彼には本作から窺える耽美でセクシーなトランス要素も期待している訳で、昔の作風の復活をどうしても望んでしまいます。本作は少々音が薄っぺらくて線が細い気はしますが、これ位の方がメロディーがリズムトラックに負けないので丁度良いのでしょう。

試聴

Check "Ricardo Villalobos"

Tracklistは続きで。
01.Lynx - Call... (Jan Jelinek Remix)
02.Eight Miles High - Im Schatten
03.Akufen - The Unexpected Guest
04.Styro2000 - Gunk
05.Thomas Brinkmann - Easy Goin
06.Minimal Man - Make A Move (Pt. 1)
07.Villalobos - Fruh
08.Submania - Ship
09.Archetype - If Next
10.Christian Bloch - Refuse
11.Ricardo Villalobos - Bredow
12.Marco Cigno - Head In Clouds
13.M-Core - Pioneer To Poet
14.Ricardo Villalobos - Panpot Spliff
15.H. Brunner - Senses
16.Luciano - Problem Kidz
17.TPM - Beta Bodega
18.Sieg Uber Die Sonne - Asymkop
| TECHNO6 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック