CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Mark Farina - Fabric 40 (Fabric:FABRIC79) | main | 2008/05/23 root & branch presents UBIK @ Unit >>
2008/05/22 Composium 2008 Featuring Steve Reich @ 東京オペラシティー
い、行ってきたよー、Steve Reichのコンサート。現代音楽の巨匠、ほぼ12年ぶりの来日コンサート。とにかく"Music For 18 Musicians"が聴きたくて聴きたくて、この時をどれだけ待ち望んでいたか。クラシックなり現代音楽なりは殆ど聴く機会は無いけれど、この曲だけは今でも頻繁に聴いていて、特に寝る前にかけておくと丁度良い睡眠剤と化します。実際この日も眠りに落ちかけやばかったですが…。席はかなり前の方が取れたおかげでステージから10m以内とかなり良い環境で聴く事が出来ました。それにコンサートホールはやっぱり音響が良いですね。響きが突き抜ける様に澄んでいて、綺麗に音が通るんですよ。また座席に座って寛ぎながら聴けるので、クラブより楽ちんで良いですわー。
当日は3曲程演奏が聴けまして、まず一曲目は"Drumming Part 1"。8台のボンゴを4人で演奏するだけの演奏なのですが、既にこの時点で驚異的なグルーヴが打ち鳴らされていてぽかーんとしてしまいました。自分が感じたのはアフロポリリズム、多彩なリズムが複雑に絡まり独特のうねりを生み出し絶大なエネルギーとなって会場中を埋め尽くします。会場で貰ったパンフレットには曲の理論等も書いてあるけれど、自分には全く持って理解出来ずとにかく体感で凄さを感じるのみ。テクノのズンドコにも負けない強烈なグルーヴだったのは確かですが。

2曲目は"Proverb"、声楽とオルガン、ヴィブラフォンからなるアンサンブル。"Drumming"とは対称的にどこか儚げで悲壮感さえ漂う曲。オルガンは終始教会での音楽の様に重苦しい音を出しっぱなしで、そこに男女の神秘的なヴォーカルが乗っかってくるんだけど、厳かな雰囲気が強くこれは途中で瞼が重くなりました。

そして3曲目で待ちに待った"Music For 18 Musicians"、18人での完璧なるアンサンブルが登場。うむ、やっぱり予想通り圧巻、桃源郷の世界が待っておりました。基本はマリンバやピアノの等拍のリズムがパルスの様に続いて、そこにリズムの異なる声や弦楽器、管楽器が強弱を付けたりしていくだけのシンプルな構成。どのパートも複雑なメロディーを聴かせる訳でもなく、本当に単調にパルスの様に同じフレーズを繰り返すだけの演奏。しかしこれは演奏する方は気が狂うんじゃないかと思う位で、マリンバなんかはやはり途中でプレイヤーが交代したりしておりました。でも聴く方はマリンバのカンカンと一定間隔で鳴るパルスと、アワアワアワアワ〜と言う女性の声が余りにも心地良くて途中で眠りそうになりました。勿論そこは一緒に来た友達と相互扶助と言う事で、肘を打ち合い起きてましたが。一時間に渡るパルス波に因る壮大なストーリーでしたが、長さは全く持って感じなかったですね。会場中にエヴァーグリーンな空気が満ち満足であります。

ライヒを聴くなら以下の10枚組セットがお得で聴き応えあり。勿論"Music For 18 Musicians"も収録されております。

■Steve Reich - Works 1965-1995(過去レビュー)
Steve Reich-1965-1995
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 11:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - | - | |

コメント
ライヒ来日してたんですね。知りませんでした。
しかも「Drumming」をやったとは!!
個人的には「Piano Phase」とか「Four Organs」みたいなのが好きです。
もちろん「Music For 18 Musicians」もですが、ああ見てみたいいい〜。
| びびんば | 2008/05/23 3:39 PM |
>びびんばさん
ドラミング凄かったですよ。複雑なんだけれど、とにかく
体感的に痺れるグルーヴでした。

Music For 18 Musicians以外にも名曲が一杯あるんで、確かに他の曲も聴きたいですね。
かなり長いコンサートになってしまいますが。
| マチュ | 2008/05/24 1:43 PM |
>ライヒ来日してたんですね。知りませんでした

いや、私もこれは見逃してショックだったりします。
(知らなかったああああ)
| LM | 2008/05/28 8:37 AM |
>LMさん
自分はMIXIのライヒコミュで来日公演を知りました。
来日自体が本当に滅多に無いので、今回はコンサートに行く事が出来て良かったです。

ライヒも歳が歳だし、次の来日公演はあるんでしょうかね…。
| マチュ | 2008/05/28 9:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1287
トラックバック