CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2008/05/22 Composium 2008 Featuring Steve Reich @ 東京オペラシティー | main | John Digweed - Transitions Vol.4 (Renaissance:REN42CD) >>
2008/05/23 root & branch presents UBIK @ Unit
絶望した!!まあそれは言い過ぎかもしれないけれど、最近のクラブミュージックシーンは憂うべく状況にあるのは間違いなさそうです。と言うのも先日行ったパーティーには、初来日のNewworldaquarium、そしてIan O'Brien, Kentaro Iwakiと実力のあるアーティストが揃っていたにも関わらず、大した集客が出来なかった事実があったからです。しかもメイン時間帯のNewworldaquarium以外はフロアもガラガラで、本当に悲しい状況でした。なんかねもうダメかもしれないね、パーティーは一杯開かれていてもしっかり音楽を聴いている層は一割もいないのかもしれない。Daft PunkやFatboy SlimやUnderworld、またはRichie HawtinやSven Vath、Carl Coxとかねフロアを山手線の様に混ませる位のアーティストもいるけれど、じゃあ果たしてそれらのパーティーに来る人のどれだけが本格的にクラブミュージックを聴いているのかな?今回僕が聴きに行ったアーティストだって良質な音楽を発信しているのに、何故こうも不当な評価を受けるのか全く理解出来ない。きっと時代は変わったんだね、音楽ではなくクラブに来る事が目的になってしまったんだろう。なんだか悲しいけれど、これが現実に違いない。続きは軽くイベントの内容でも。
12時過ぎにフロアに入ってまずは岩城ケンタロウ氏。この人の音はテクノとハウスの両方の要素が聴けるから好きです。今回は比較的テッキーな流れで強烈な4つ打ちながらも空間の広がりを感じさせるダビーな音響で、一番楽しめました。

2時半からはメインのNewworldaquarium、オランダのDelsinなどからリリースしている実力派。Carl Craigもお気に入りだし、本来はもっと注目されるべきアーティスト。日本での知名度は低すぎて、酷い扱いですね。なんて言いながらもこの日は予想と異なりアッパーで硬めのテクノだったので、微妙だったかも。普段彼がリリースする作品はどちらかと言うとデトロイトハウスの影響が強い漆黒の闇を感じさせるハウシーな物が多く、DJにもそんな音を期待していたのですが…。

最後は在日しているIan O'Brienで、この人は本当にいつも変わらずにUR、デトロイトテクノが中心。この人のデトロイト愛は相当な深さでここまで包み隠さずに前面に出す人も珍しいですが、やっぱりデトロイト系のDJは自分も好きですね。楽天的と言うと場合に依っては悪い意味で使われるかもしれませんが、この人のDJを聴いていると幸せになれたりポジティブなパワーを貰えます。UR系を聴く人は多くてもIan O'Brienを知らない様では、それはかなり損をしていると断言します。

今回はかなり悲観的なレポートになってしまいましたが、多分今後もクラブミュージックに取っては冬の時代が続きそうな感じですね。乙女ハウスとかそんなのが流行る時代だからな…。取り敢えず岩城ケンタロウ氏の以下のMIXCDはお勧めです。

■Kentaro Iwaki - Izanai(過去レビュー)
Kentaro Iwaki-Izanai
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 22:00 | comments(16) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
ちょっと脱線していたらすいません。

本当に音楽が好きな人は半端ない数の音を聞いている・・・
=CD代がかさむ・・・

世の中、不景気で音楽好きでもCD購入を我慢する人が増える。
CD売れない、音楽聴かない・・・

って事ありそうじゃないですか?

僕は音楽以外にファッションが大好きでそっちのお金もすごくかかって
買いたいのに我慢せざる終えないCDいっぱいあります。

クラブで知り合う方と音楽の話しても詳しくない人多いですね!
それは間違えないと思いますね・・・
昔がどうだったかは知りませんが、
今は、クラブ=騒ぐところという感じですよね!

日本人はノリノリな音楽が好きなミーハー人種だからしょうがないですねww

| KENBO | 2008/05/25 10:11 PM |
>KENBOさん
>不景気で音楽好きでもCD購入を我慢する人が増える。
そうです、多分不景気なり趣味の多様化なりで購入を減らす人は多くなっているでしょうね。
別にクラブミュージック以外も売れ行きが落ちていると言いますし。
それは分かるんですが、なんか一部のDJに人気が偏り過ぎで凄い違和感を感じるんですね。
人が何聴こうが勝手だしどんなイベントに人が集まろうとそれは僕に関係無い事なんですが、
やっぱり才能のあるアーティストが見過ごされている状況は寂しくなってしまいますね。
ブランドに頼りすぎるのはもう日本人の習性なんでしょう。
| マチュ | 2008/05/25 10:27 PM |
あー、テクノシーンでもそんなことになってんですか。
正直、今、一番音楽をたくさん聴いてて、それをアウトプットしてるのは、おそらくヒップホップの人達です。
クラブできちんと遊んでて、きちんと盛り上がるべき曲(単なるアンセムじゃなくて、いろんな意味での名曲や最新曲含めて)やアーティストで盛り上がることをちゃんとヒップホップのイベントはできてるように思います。
なんでなんですかね。
今、イベントでガンガンに人が入るのって、超大物タレントか友達100人いる人がDJやってる個人イベントくらいなんですよね。少なくても、テクノやハウスは。

| mats3003 | 2008/05/25 11:50 PM |
>mats3003さん
以前だったらテクノでもアンセムがかかれば、フロアも一気に盛り上がったりしてたんですけど、最近はそう言うのは減ってると感じます。
ハウスも似た様な状況で、クラシックがかかってもフロア無反応なんて事は多々あります。
"Jaguar"や"Strings Of Life"さえ知らない客層が増えてますから、もう絶望的な状況だと思いますよ。
クラブに来るにももうちょっと勉強してきた方が楽しめると思うんですけど、
それは硬いor古い考え方なのでしょうかね。
| マチュ | 2008/05/26 12:15 AM |
ありゃ〜。。。今回はそんなイベントあったこと自体知らなかったです。残念。。

newworldaquariumはross154時代も含めかなり好きで全部持ってるし、もちろん最新作アルバムも最近の自分のなかではめずらしくヒットだったのに。。

ianもちょうど昨日ひさびさに3rd聴いててやっぱ好きだなぁって思い返してたところなのに。。w

岩城さんのテックかつ有機的なDJは僕も好きです。

しかしマチュさんの言うとおりだとしたら寂しい状況ですね。レコ屋もクラブもどんどん無くなってくしね。。今後はネットで買って家で聴くしか選択肢なくなっていくんですかね。
| taken | 2008/05/26 5:38 AM |
>takenさん
Newworldaquariumは154名義でも作品をリリースしていて、個人的にはお勧めなんですけどー…。
しかしDelsinだとか100% Pureだとか分かる層しか後光は通じなそうです。

クラブは寂しい、厳しい状況でしょうね。確かに人の埋まるパーティーもまだまだあるけれど、今回のは本当に危機的でした。時間帯によってはフロアに10人いない時もあったし。それぞれ活躍しているアーティストのはずなんですけどね、なんでだろって不可解でした。
| マチュ | 2008/05/26 7:49 AM |
はじめまして。

情報が簡単に手に入るようになった反面、貪欲さが無くなって、何となくチェックするレベルの人が増えているように感じます。

別に勉強する必要はないと思うし、知識が邪魔になることもあったりしますが、本当に好きならば言われなくても色々と知ろうとするものです。

自由なようで多様性が無くなっている現在、送り手が頑張らなければならないのは当然なのですが、受け手も与えられたものを漠然と待っているのではなく、自分自身も音楽のサポーターなんだという意識を持ってくれると嬉しいです。そうでないと、いつの間にか似たようなものしか残っていない状況になってしまうことでしょう。

そういった意味で、こういうブログが存在することは大事なことだと思いますよ。
| 白石隆之 | 2008/05/26 1:47 PM |
>白石隆之さん
こんばんわ、はじめまして。

非常に共感出来るコメントと言うか上手に代弁して頂いた感じで、すっきりしました。
ネット等が普及したおかげで以前よりも音楽に触れられる機会は増えているはずなのに、
音楽に対しての貪欲さは失われているのは確かに否めないですね。
発信する側の努力は大事なのは当然ですが、聴き手側がそれに着いてこない現状は本当に寂しく思います。
趣味・娯楽の多様化、その他諸々原因はあるのでしょうが、自分なりの音楽感を持つ人が増えてくれるとクラブシーンにも活気が出ると思うのですが。

当ブログはやはり一般的にはまだまだ聴かれていないテクノ等を様々な人に聴いて欲しいと言う思いから初めておりますので、今後も地道に更新を続けます。
| マチュ | 2008/05/26 9:00 PM |
数年前、うちの田舎にイアンが来てくれたんですけど、それは絶望的に人いませんでした…悲しい…田舎だからだと思ってたけど、東京でもそうなんですね!イアン大好きなんで悲しいです…

田舎のイベントは誰がDJかとかより主催者が宣伝してるか、友達呼べるかが全てな感じです。だから早い時間には人多いのに、ゲストの時間になると人いないなんてことがある…(前座のDJを付き合いで見にきているという感じ)
| yuka | 2008/05/27 5:10 PM |
当方関西ですが、やっぱり大物DJとHIPHOP以外集客は悪いですね。
FPMの裏でmixmaster morrisが小さいテントでチビチビやってたのには泣けました。
ミーハー層を取り込めなくなったらジャンルとしては終わりですし、取り込みすぎると質の悪い客が増える。
音楽業界が縮小して小さいパイを取り合う中で、クラブミュージックを広く普及させる上手い手立てってないんでしょうかね。
今の閉塞感は本気で危ない…。
| | 2008/05/27 6:20 PM |
>yukaさん
>主催者が宣伝してるか、友達呼べるかが全てな感じです。
東京でもそれは多少なりとも似た感じはあるかもしれないですね。
もしくは渋谷にあるWOMBなんかは大抵どんなパーティーでも客が入っているから、集客には場所柄とかも重要なんでしょう。
勿論宣伝や友達を多く呼べるコネクションは大事ですが、折角呼んだゲストの時がガラガラだと寂しいですね。

>名無しさん
mixmaster morrisなんかはその手の方面じゃ大御所だと思うんですけど、東京でも小さなパーティーに出てる事が多いから、多分集客が出来ないと予想されていると思います。
最近はリリースもしていないから昔からのファンでないと確かに知る機会も無いのでしょうが、何かやり切れない思いです。

多分近年はDL音源が増えて音楽に触れ合える機会は整っても、以前ほどの熱狂的なリスナーが減りつつあるんだと思いますよ。ネットも無いレコード中心の時代の方が色々と労力は必要だったのに、その頃の方が盛り上がってたなんて言うのも不思議なものです。
| マチュ | 2008/05/27 10:13 PM |
僕の考えでは現在の国内のクラブシーンは中規模クラスのイベントが一番空洞化しているかもしれないと考えております。

100人弱のキャパの小バコのイベントはDJの身内+身内の友達+ぶらり飛び込みで来てくれたお客数人でそこそこウマいこと形になってくれます。そして所謂Wire等の大規模レイブは強力なスポンサーが複数ついて多額の宣伝費がかけられてるので普段はクラブカルチャーをあまり扱わないぴあとかの情報誌等のメディアにもドーン!と宣伝記事が載っかるので情報がライト層の目にも多く触れるので横アリクラスのキャパでも人を集められると。

で、中規模クラスになると身内+αだけだと全然フロアが埋まらないし、フライヤーを撒く、ネット上で宣伝の書き込みをする以上のPRはなかなか難しいものでしょう。宣伝に使う経費はどうしても限られてしまいますからね。しかも同じ日により強力なイベントが複数バッティングしたらお客さんを取られたりバラけたりしますからね。やはり今の現状では複数のイベントで少ないパイを取り合ってる状態だと思いますね。

あとWire等のレイブが一般化したが故にライト層のお客にしてみればクラブ系のイベント行くのは1年に一度で十分だと思っちゃってるかもしれません。年に一度なお祭りの感覚というか。もしくは年に1回格闘技をテレビで見るのは大晦日のK-1 Dynamite!だけみたいな(笑)。

これは去年メタモを見に行って感じたことですが、最近は“音楽好き”な人よりも“フェス好き”な人が多いのかもしれません。テント張って仲間でライブやDJ聞きながらワイワイお酒を酌み交わして楽しむといったアーティスト目当てというよりもフェスの雰囲気を楽しみに来てるというか。まあでも僕はそれはそれで家で曲をただジッと聴いてるよりも健康的でいいとは思いますけど(笑)。

ともかくこれからのクラブシーンはパイを増やしていくためにもっと対世間に求心力・遠心力両方増やさないといけないと思います。世間に紹介するある意味アンテナショップ的な存在が必要というか。まあかつての電気がその役割を果たしてきたんですけど。

今のライト層の人達は細分化しすぎて何から手を付けていけばいいのか状態ですよきっと。シーン全体で世間の目を引くこと・振り向かせることをもっと考えなければならない段階に来ています。まだ見ぬ才能あるアーティストを世間に紹介するという意味ではむか〜し新宿リキッドでやってた久保憲司さんがやってた「クラブ・ヴィーナス」的なイベントがあればいいんですけどね(笑)。

僕自身も友達と浅草のStellaという小さなクラブでイベントを行っておりますが身内以外のお客をいかに多く呼び込むか悩み、考えております。やりたい事は色々あれども、金も無ければコネも無い、知名度も無いのでできる限りのことを地道にやっておりますけれども「一人でも多くの人を首根っこ捕まえてでも振り向かせてやる!」という気持ちで頑張る次第です(笑)。

長々となり申し訳ございません。失礼いたしました。
| REC-ing Crew | 2008/05/27 11:28 PM |
私もNewworldaquarium目当てで見に行きました。内容はまさに微妙=ストーリーが見えにくく、もう少し起伏がほしかったところです。

皆さんのお話は概ねどこかに共感できるものがあるものばかりでした。ただ1点UNITはこういう場合1人のプレイを2時間に限定する方針のようで、過去にも平日にがんばっていっても2時間だからなあ。。。という理由で見送ったイベントはあります。 もっと言うとハウス系はまだしもテクノ×UNITという組み合わせ自体、自分の中ではちょっと微妙なところで、UNITの関係の方がみていたら嬉しいのですが、きっちり盛り上がりきれるPARTYの内容か?もう少し見直してほしいところだったりします。
LIVEハウスとしてのUNITやラウンジとしてのSALOONは結構好きなんですけどね。
| LM | 2008/05/28 8:48 AM |
>REC-ing Crewさん
昔に比べればネットでの宣伝も増えたのだし、音楽に触れ合う環境は充分に整っているはずですよね。
またレイヴやフェス等も頻繁に行われてるのだから、それだけで終わるんではなくそこからどんどん掘り下げる様な層が増えると、このシーンも展望が見えて来ると思います。
これだけ音楽に触れ合う環境は出来上がっているのだから、あとはリスナー側の意識次第だと思うんですよね。

>LMさん
おぉ、あれだけ集客の無かったパーティーにいらしてたのですね。Newworldaquariumは期待してたのですが、DJ気質じゃないのかもしれないですね。

そう言えばUNITはそれ程ロングセットはないですね。まあ僕はテクノに限って言えば2時間程度のセットで満足しちゃうので、それで良いかなって感じです。雰囲気自体も嫌いではないし、YELLOWがクローズした後はUNITにお世話になる事が増えるのかなと。AIR、WOMB、UNIT、ageHa等で取捨選択すると、やっぱりUNITが自分にとっては妥当なんですよね。
| マチュ | 2008/05/28 11:19 PM |
>これは去年メタモを見に行って感じたことですが、最近は“音楽好き”な人よりも“フェス好き”な人が多いのかもしれません。テント張って仲間でライブやDJ聞きながらワイワイお酒を酌み交わして楽しむといったアーティスト目当てというよりもフェスの雰囲気を楽しみに来てるというか。

あーっ!これめちゃめちゃ分かります!!
フェスは行くけど普段のクラブイベントは行かないみたいな…
狭くて暗い中で音+お酒含めたドリンクだけで長時間っていうのが、辛いらしいです。
だらだらだべったり、御飯食べたり、広くて空気がよいところがいいらしい…結構音楽好きな人にも多いですね!特に30歳以上!
私は暗い中で音楽と自分で一対一でどっぷりのめり込むのも楽しいですけどね!!
| yuka | 2008/05/31 1:01 PM |
>yukaさん
フェスはフェスで野外の気持ち良さや屋台などを楽しめて、それはそれで僕も好きです。
クラブはそれに比べると確かに慣れないと長時間いるのはしんどいですよね。
基本的に食事も無いし逃げ場も無いし、あの密閉感は大変かも。
でも自分はあの密閉感こそがクラブの醍醐味だと感じます。
新宿リキッドやイエローみたいに素晴らしいクラブが、また新たに生まれる事を祈るばかりです。
| マチュ | 2008/05/31 9:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1288
トラックバック