<< Shed - Shedding The Past (Ostgut Tontrager:ostgutCD06) | main | Kenny Larkin - Keys, Strings, Tambourines (Planet E:PLE65303) >>
Fumiya Tanaka - I Am Not A DJ (Sony Music Entertainment:SRCS7663)
Fumiya Tanaka-I Am Not A DJ
Amazonで詳しく見る

昨日は田中フミヤのCHaOSに行こうと思って渋谷のバーで一人飲んでいたんだけど、体調がよろしくなく結局飲んだ後帰宅してしまいました。YELLOW亡き後WOMBで初のCHaOSだったので興味はあったのですが、体調不良には勝てませぬ。次のCHaOSはUNITでしたっけ?

さてそんな田中フミヤの懐かしいMIXCDが1995年リリースの本作。当時はまだMIXCD自体が極めて貴重であったのですが、彼がこうやってジャパニーズテクノの道を切り開いてきた訳なんですね。内容の方も現在のフミヤからはとても想像の付かないごった煮ハードなテクノで、Jeff Mills、Basic Channel関連、Carl Craig、Richie Hawtin、Planetary Assault Systems、Robert Hoodなど今ではテクノの大御所となったアーティストの曲がこれでもかと使用されています。若いだけあって荒々しい展開ながらも汗を感じられる激しいプレイで、最近のフミヤの特徴である知的でディープなプレイしか聴いた事がない人は衝撃を受けるんじゃないでしょうか。いやね、これはまじで格好良いですよ。まだまだ日本にクラブシーンが根付く前にこんなプレイをしていたなんて、やっぱりフミヤは漢です。モロにかつてのJeff Millsの影響下である事を差し引いても、暴力的でノーコントロールに爆走して行く猪突猛進なプレイは、フロアに音の爆弾を投下してるイメージで体もウキウキです。正直な気持ちを言うと、最近のプレイよりこう言った過激なプレイが聴きたいのが本音で、一年に一度でも良いからそんなパーティーを開いてくれると本当に嬉しいのですがね。昔からテクノを聴いている人は、多分こんな感じのMIXCDに共感する人は多いはず。ちなみに各曲に野田努とKEN=GO→が解説を付けているので、それを読むだけでも十分に楽しいです。

Check "Fumiya Tanaka"

Tracklistは続きで。
01. Animal Attack / FUMIYA TANAKA
02. Midnight Encounter / PURVEYORS OF FINE FUNK
03. The Wipe / FUTURE LEGENDS
04. Dinosaur Tank / DENKI GROOVE
05. Road Tour Rmx (Remixed By Dave Clarke) / ROBERT ARMANI
06. Vamp / ODYSSEY NINE
07. Starway Ritual / PLANETARY ASSAULT SYSTEMS
08. Step To Enchantment (Stringend) / MILLSART
09. Enforcement (Mills Mix) / CYRUS
10. Changes Of Life / JEFF MILLS
11. Duke Of Earlsfield / THE SABRES OF PARADISE
12. Like That (The Old School Mix) / DJ HELL
13. Trak Reshape / PHYLYPS
14. Ploy (Strategic Mix) / MAURIZIO
15. Lyot (Maurizio Mix) / VAINQUEUR
16. Loop (Fuse Mix) / LFO VERSUS F.U.S.E
17. Galaxy / BFC
18. Bio-Fidelic / G-MAN
19. Tied Up (Sweep Mix) / LFO
20. Nuclear Fall Out / DJ SKULLY
21. Train Trac (Train-Abuse) / F.U.S.E.
22. Billy / FUMIYA TANAKA
23. Tension / SPAWN
24. Museum / ROBERT HOOD
25. Point Break / SULFUREX
| TECHNO6 | 21:15 | comments(3) | trackbacks(2) | |
スポンサーサイト
| - | 21:15 | - | - | |

コメント
当時はハードテクノDJの権化みたいな感じでしたね。
僕もリリーフとかスティーブ・ヴィックネルとかを
回しまくってた、ハード&バンピンなフミヤを見たいですわ。
野田努といえばremix誌セレクトのアルバム(ハイテクソウル?)も
すごく印象に残っていますね〜。まさにテクノ黄金期!

| J汁 | 2008/09/24 12:14 AM |
このアルバム、ele-kingで確か10点満点の所、15点付いてた記憶が。

それで後追いで購入したけど、ミルズのリキッドルームと一緒で聴き所がまだ分からなくてあまり聴いてなかったです。
でも、改めて聴き直したら結構ハードに耳が慣れてカッコイイですね。
さすが黄金期の名盤。

今のクリックミニマルも好きですが。
| majestic | 2008/09/24 2:31 AM |
>J汁さん
リリーフ系も回してたんですか、それは気になりますね。
Remix誌のコンピはコズミックソウルですね、自分も持ってます。
昔は大変お世話になったコンピですね。

>majesticさん
満点を突き抜けた点数がついてたんですか、それは凄い!
自分もミルズ等のミニマルのMIXCDは全然理解出来ませんでした。
最初はテクノなんて単調だなーとか思ってましたし。
| マチュ | 2008/09/24 7:06 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1344
トラックバック
I am not a DJ : Fumiya Tanaka
オレンジレンジがリミックス盤を出す らしいです。と言っても、オレ、オレンジレンジって聴いたことないんだけど。あっ、オレとオレンジレンジで韻を踏んでましたね、そんなことどうでもいいか。 何でオレンジレンジのことを書くかというと、リミキサー陣が信じら
| Yokohama Beat Junkie | 2008/09/27 11:09 PM |
『 ブラック・マシン・ミュージック?ディスコ、ハウス、デトロイト・テクノ』 野田 努 (著)
ディスコ以降のブラックミュージックの歴史。黒人とアメリカ社会の変容をふまえつつ、
| Anonymous-source | 2009/03/03 10:22 AM |