CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
The Singles [帯解説・歌詞対訳 / HQCD(高音質CD)仕様 / 国内盤] (TRCP214)
The Singles [帯解説・歌詞対訳 / HQCD(高音質CD)仕様 / 国内盤] (TRCP214) (JUGEMレビュー »)
CAN,カン
クラウト・ロックのCanによるシングルズコレクションが完成。Can未体験の人にはうってつけ。テクノ好きにも?6/16リリース!
RECOMMEND
20 Years Citrus Mellowdies(初回限定盤3CD BOX)
20 Years Citrus Mellowdies(初回限定盤3CD BOX) (JUGEMレビュー »)
farr
ジャジー、アンビエント、バレアリック、揺蕩うような儚い音楽を紡いできたCalmによる集大成的ベスト盤が3枚組で登場。3枚目はMIXCD仕様。5/24リリース!
RECOMMEND
Michael Mayer DJ
Michael Mayer DJ (JUGEMレビュー »)
Michael Mayer
DJ KicksシリーズにMichael Mayerが登場。5/19リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
MUSIC OF MANY COLOURS (ミュージック・オブ・メニー・カラーズ)
MUSIC OF MANY COLOURS (ミュージック・オブ・メニー・カラーズ) (JUGEMレビュー »)
DAZZLE DRUMS,ダズル・ドラムス
Dazzle Drums待望の初のMIXCDは普段ハウス以外も何でもプレイしてダンスの魅力を伝える彼等の魅力が存分煮詰まった一枚。クラシックもモダンもそこに境は無く。4/19リリース!
RECOMMEND
NARKOPOP
NARKOPOP (JUGEMレビュー »)
GAS,Wolfgang Voigt
Mike InkことWolfgang VoigtことGasによる久しぶりのアルバムが登場。霧靄に包まれた音響アンビエントは変わらず。4/21リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
GIGI MASIN FOR GOOD MELLOWS
GIGI MASIN FOR GOOD MELLOWS (JUGEMレビュー »)
V.A.(監修・選曲:橋本 徹)
橋本徹によるGood Mellowシリーズに現代耽美派のGigi Masinが登場。メロウな選曲には定評のある橋本チョイスなので、間違い無し。4/19リリース!
RECOMMEND
VERSUS [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC546)
VERSUS [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC546) (JUGEMレビュー »)
CARL CRAIG,カール・クレイグ
Carl Craigの名曲がクラシックで蘇る。アレンジはフランチェスコ・トリスターノ。4/28リリース!
RECOMMEND
Selectors 002
Selectors 002 (JUGEMレビュー »)
Young Marco
Dekmantelのコンピレーションシリーズ第二段はYoung Marco。単なるレア盤にならない普遍的な作品を集めた内容だそうな。3/10リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Teenage Fanclub - Songs From Northern Britain (Creation Records:CRECD196) | main | 極上のビールを飲もう! & もう一杯 極上のビールを飲もう! >>
The Irresistible Force - Global Chillage (Rising High Records:RSNCD24)
The Irresistible Force-Global Chillage
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(日本盤)
チルチルミチル、お正月でほてった体をチリングアウト!いや、別にほてらねーよ、姫始めもしてねーし。しかし後輩に姫始めするか聞いたら、何それって言われた。軽くカルチャーショック。なにはともあれMixmaster MorrisがChillout Village@高井戸倶楽部に来るでごわす。オイラ、いまだにチルアウトパーティーは未経験、つまりバージン。チルアウト系のパーティーってどんな感じなんでしょうね?踊るよりもだらだら過ごす感じか。まあ、オイラは酒を吐くまで飲んでチルアウト出来れば万事OK。つかモリスは最近はアンビエントセットやってるの?

モリスは古くから活躍するUKアンビエントシーンの伝道師、そして彼ががかつて別名義で活動していたのがThe Irresistible Force。当時はアンビエントが流行っていたので他の名盤も色々あるんだけど、モリスの場合ひたすら快楽的志向が強い気がしますね。アンビエントでもインテリジェンスに向かったり狂気に向かったり各アーティスト毎に特徴があるんだけど、モリスは基本的にオプティミスティックな人なんだろうと感じさせる楽天的な空間が展開されているんですわ。フワフワッとした浮遊感覚、星の光の瞬きの様な音の輝き、トリッピーなリヴァーヴやらエコー、とつまりは非常に分かり易い昇天系アンビエント。基本的に毒や不快は無くただただ耳の中に自然と音が入ってきて、聴くと言う意思に関係なく身も心も宇宙へと連れて行ってくれる感じ。たまに西洋的な洗練された音の中にエスニックで妖艶な音も混じったりして混沌としたりもするけれど、トリップ感覚と万華鏡の様な美しさは随一と言っても過言ではないでしょう。踊り疲れたレイヴァーの為の安眠剤。

輸入盤のジャケットはホログラムで美しいですよ。現在廃盤なので高い金出さないと買えないけど。リイシューブームなんだから、さっさとどっかの会社が再販しる。

Check "Mixmaster Morris"
| TECHNO6 | 04:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 04:30 | - | - | |

コメント
お久しぶりです&あけましておめでとうございます。
このアルバム今でもよく聴きます。
キラキラしててふんわりトリッピーで大好きです。

年明けにモリスのDJいいですね〜
新作、出る出ると噂だけはありつつ中々出ませんですなぁ・・
| kinya | 2009/01/05 7:45 PM |
>kinyaさん
あけましておめでとうございます。
このアルバムの気持ち良さはまるで涅槃級です。

モリスのDJは全然アンビエントとかチルアウトじゃなかったけど、
盛り上がってて普通に良かったですよw
新作まじで聴かせて欲しいですよねー
| マチュ | 2009/01/05 9:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1349
トラックバック