CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2008/07/11 UNIT 4th Anniversary @ UNIT | main | Gerald Mitchell - Out The Boat (Reincarnation:R004) >>
2008/07/12 LIQUIDROOM 4th ANNIVERSARY @ LIQUIDROOM
ふぅ〜、連日クラブで疲れましたが恵比寿リキッドルーム4周年記念はデトロイトからLos HermanosとシカゴからLarry Heard。特にLarryは何度も聴きたいと思っていましたが、都合によりYellowで回していた時は行く事が出来ずもどかしい思いをしていたので、ようやく念願かなったりです。そう言えばリキッドルームも久しぶりでしたが、低音から高音まで大音量が出ているにもかかわらず音が割れる事もなく、また照明などもストロボフラッシュの単純な物だけのデトロイトスタイルで、箱の雰囲気はやはり良いですね。後は今回の様に定常的に深夜営業が出来れば良いのですが、それは難しいんですかね。
さて11時半位に入場すると、Los Hermanosのターンテーブリスト・DJ Mark FlashがDJしてました。激ハードなトライバルテクノ・ハウスをスピンしてて、意外とBen Simsのゴリゴリなプレイに近かったんじゃないかな。DJしながら自分でドラムマシンも叩いたり、Los Hermanosのドラマー・Raphael Merriweathers Jr.ことRay 7も加わって生ドラム叩いたりして、怒濤のトライバルリズムが生じておりました。BPMも早いし音数多いしで、とにかくアッパーにアゲアゲでライブ前からフロアは既に大盛り上がり。

でGerald Mitchellも加わってLos Hermanosのライブですが、去年ageHaで聴いた時よりも断然良かったと思います。トラックリストなどは去年と殆ど同じはずだけど、箱が違うとこんなにも差が出るのかねと言う印象で、音のインパクトや高揚感は桁違い。代表曲は殆どやったので特に選曲に関しては説明は無いでしょうが、Los Hermanosの曲はコード進行がしっかり展開されるのでライブでこそ映えるんですね。Geraldのキーボードなんかはチージーでラフなプレイなんだけど味があると言えば味があるし、Ray 7の生ドラムとMarkのドラムマシンによる二人のリズム帯のおかげで、図太く重いリズムを生み出し強靱なライブを演出させているんですよ。CDだと音がペラペラなんだけど、ライブこそ彼等の本領発揮と言うべきか。ちなみに最後はIan O'Brienも加わって4人編成でライブしました。

そしてその後はシカゴハウスのレジェンド・Larry Heard。出だし一発目が・・・"Can You Feel It"。うぐぅぅぅ、耳を疑ったぞ〜。もう泣ける、感極まったよ。その後30分位はゆるゆるとろとろのディープハウスの連続で、これこそLarryさんと言うべき音。ネット情報だとYellowではアッパーなハウスばかりだと書いてあったので不安があったんだけど、やっぱりLarryは緩いのが良いですよね。と思ってたら徐々にテンポ上げてきてテクノも回したり、案の定アッパーになってきました…。Moodymannの"Shades Of Jae"から何とBeltramの"Energy Flash"に繋げたり、流行の"Rej"なんかもスピンして驚き。一応Larryも最新の音をチェックしてるんですね、意外でした。途中かなりアッパーで音もやかましくなってきたので中盤寝ていたけど、初期シカゴのアシッドハウスなんかも結構回していた記憶が。朝方になるとまた緩やかになってきて、ディスコ名作"I Feel Love"やクラフトワークの"Numbers"などで一気に時代を遡り、それからディスコタイムに突入。ディスコの時間になってからは優しい音が増えたので聴きやすかったかな。個人的にはもっとディープハウスの時間が長いと嬉しいけれど、古いアシッドハウスも聴けたのが収穫。今日は踊って聴いて十分にクラブっぽい時間を過ごせて楽しかったです。

■Los Hermanos - Traditions & Concepts(過去レビュー)
Los Hermanos-Traditions & Concepts
Amazonで詳しく見る


■Larry Heard - Alien [Limited Edition](過去レビュー)
Larry Heard-Alien
Amazonで詳しく見る
| EVENT REPORT1 | 18:00 | comments(4) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 18:00 | - | - | |

コメント
Maurizio見てLos Hermanos見てIan O'BrienでLarry Heardですか!
都会っ子はええなぁ
ClassicをかけるLarry Heardってだけでご飯が進みそうだ(笑)
| orcinus | 2008/07/15 1:04 AM |
>orcinusさん
好きなアーティストの音楽を十分に聴けて満足しております。
その代わり都内だと混み具合も地方より凄いと思います。

ラリーハードはそれ程期待してなかった分良かったですが、
特に古いクラシックが聴けたのは嬉しいですね。
| マチュ | 2008/07/15 8:55 PM |
HERMANOSはアゲハで見て、最初のLIQUIDより良いということはもうきっと無いのかな、と思って見送ったのですが、なかなか良さそうなレビューですね、次回は再度検討したいと思います。
| LM | 2008/07/17 10:27 AM |
>LMさん
初リキッドの時は5人位でのバンド形態だったから、
アレと同じ物を求めるのはやはり酷かなとは思います。
ジェラルド以外は流動的なユニットなんで、
逆にその変化を楽しめば良いと最近は考えてます。
| マチュ | 2008/07/17 6:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1355
トラックバック