CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Dreams Come True - Wonder3 (Epic Sony:ESCB-1104) | main | 2009/11/07 AIR & Primitive Inc. present DERRICK L. CARTER @ Air >>
The Many Shades of Cajual Mixed By Derrick Carter (Avex Trax:AVCD-11486-7)
The Many Shades of Cajual Mixed By Derrick Carter
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(UK盤)
今日(7日の夜)はシカゴからCRAZYYYYYYYYYYYYYYなアーティスト、Derrick L. Carterが来日プレイ。自分は数年前に新宿リキッドの7Hoursで彼のプレイを楽しんだのですが、実は一時間近くも彼が遅刻すると言う話があったのは良い思い出です。勿論今日のパーティーも行く予定。

さてそんなカーターが手掛けるのは、Cajmere=Green Velvet=Curtis A. Jonesが運営するCajual RecordsのコンピレーションMIXCD。最近は運営が止まっているようですが、90年代中盤のCajual Recordsと言えばCajmereを中心にGlenn Underground、DJ Sneak、Paul Johnson、Dajae、Derrick Carterら今でも活躍するシカゴハウス勢がこれでもかと素晴らしいファンキーなハウスを量産していて、一時代を築いていたのは間違いないでしょう。Cajual Recordsのレコードと言えば兎に角ファンキーの一言。ディスコサンプルをループ使用した単純で分かり易いトラックが多いけれど、めちゃくちゃパンピンでファンキーでそしてお下品。このお下品と言うのがミソで、もしくは野暮でもワイルドと言い換えても良いんだけど、つまりは悪(ワル)な音なんだよね。しかし如何にしてシカゴ勢がこんな馬鹿げてユーモアに溢れる曲を作ったのかは永遠の謎なんだけど、多分に知性とはかけ離れた衝動で生きているんだろうと思う。しかしその衝動こそがこんなにもイケイケでパンピンな曲を生むのだろう。カーターの手腕とは関係無しに不良じみた悪さとどどどファンキーな音に満ちたMIXCDで、文句無しに素晴らしい。

ちなみに日本盤にはCajual RecordsのコンピレーションCDも付いております。日本盤の方が断然お勧めです。

最後にカーター先生のライナーノーツの言葉を引用する。
聴け…偏見を捨てて
楽しめ…心おきなく
吸え…もし"それ"を持っているなら…

Check "Derrick Carter"

Tracklistは続きで。
DISC1
01. GU Featuring Cei-Bei - Take Me Back
02. GU - S.J.U.
03. Terence FM - Stay Around
04. Johnny Fiasco - Conduction
05. DJ Sneak - The Message Of Love
06. Gemini - If You Got To Believe In Something
07. Johnny Fiasco - Zapped
08. Daja? - Day By Day (Green Velvet Mix)
09. Mark Grant - Touch Me
10. Daja? - Get Up Off Me
11. Cajmere - Horny
12. Big Ed - U & I
13. DJ Sneak - Sounds From The Pipe
14. Boo Williams - Flash Back
15. Braxton Holmes Feat. John Redman - People Everyday
16. DJ78 - Action 78
17. Terence FM - Feelin' Kinda High
18. DJ Sneak - Disco Erotica
19. Daja? - Day By Day (Cajmere's Mix)
20. Derrick Carter - Dream States
21. Big Ed Featuring Dana - Do Me A Favor
| HOUSE5 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
ヒップホップ(特にミドルとかマイアミ)もそうですが、
音楽が第一義じゃない(っぽい)人が音楽をやると
なぜかヤバい音になりますよね。
1 for the Money, 2 for the Pussyって感じで
リビドーに直接ログインしてくるというか。

最後のDKのコメント、TyreeCooperの
I Need a Joint〜♪ を思い出しましたw
| J汁 | 2009/11/10 12:18 PM |
>J汁さん
シカゴの人達って金儲けとかモテタイからとか、そんな感じで音楽やってる雰囲気ありますよね。

知性のかけらもないけれど、それが何故か格好良いんですよ。

まじでマネーとプッシー重視でしょう。

ジョイントイクナイ!
| マチュ | 2009/11/11 1:06 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1405
トラックバック
Derrick Carter - The Many Shades Of Cajual (Cajual/Rhythm Republic/1996)
グランプリファイナル、テレビで観ました。 安藤美姫選手は4回転やらなかったし、浅田真央選手もトリプルアクセル2回飛んでませんでしたね…...
| acid over the rainbow | 2009/11/07 8:19 PM |