CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Rod Modell - Plays Michael Mantra (Silentes:200720) | main | Shed - Shedding The Past (Ostgut Tontrager:ostgutCD06) >>
Jazzanova / Mr Scruff - Southport Weekender Volume 7 (SuSU:SUALBCD28)
Jazzanova / Mr Scruff-Southport Weekender Volume 7
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
最近連日飲む事が多くて胃がくたびれておりますが、特にベルギービールを飲む機会が多いです。最近の日本人は若者ほどビール離れが顕著な様で、どうも苦いから美味しくないとか言う意見が多いとか。自分は日本の苦いビールも好きだしそれに一度海外のビール(特にベルギー)を飲めば、ビール苦手の意識も一気に覆ると思うんですよね。海外のビールは日本のビールより多様性に富んでいるし、アルコールが高くて飲み応えのある種類もあったり、決してビールが苦いだけじゃ無い事を理解して頂けるはず。ま、難点はベルギービールは圧倒的に高額だと言う事だ。バーで飲めば1000円オーバーは当たり前なんで、基本はベルギービールを扱ってる酒屋で購入して家で飲む事が自分は多いです。

お酒の話はそれ位にして今日の一枚は、ハウスミックスCDの人気シリーズ・Southport Weekender。ミックスを担当したのはSonar Kollektivを運営するJazzanovaとNinja Tune所属のブレイクビーツを操るMr Scruff。自分は特に好んで両者の音楽を聴く事は無いのですが、今までこのシリーズは集めていたので今回も何となく購入。個人的にはJazzanovaのハウス〜ブロークンビーツ路線が気に入りました。ソナコレやInnervisionsの曲を中心に予想外にもハウスを多めに使用して、生音系からエレクトロニック系まで右往左往し、華麗さと耽美を伴ってドラマティックな展開を創り上げています。無難な出来と言えばそうなんですが、お洒落かつ踊れる洗練された音楽なんでお酒を飲みつつ聴きたい感じです。対してMr Scruffなんですが、ファンクやディスコ中心で自分にはちょっと合わなかったです。音源自体もかなり古いのが多かったからねー、ちょっと時代から外れてる印象でした。

試聴

Check "Jazzanova" & "Mr Scruff"

Tracklistは続きで。
CD1: JAZZANOVA
01. Telepaticos - Club69
02. Badly Drawn Boy - Promises (Beyond The Wizards Re-Animation)
03. Soulphiction feat Phlegmatic - Ghana Wadada (The Lost Men Remix)
04. Soultourist - Turn Loose (Dixon Edit)
05. Version - The Brighter Side (Version's Percussive Vocal Mix)
06. Dop - Lighthouse
07. Henrik Schwarz & Amampondo - I Exist Because Of You
08. Recloose feat Rachel Fraser - Catch A Leaf (Mark De Clive Lowe Remix)
09. Eva Be feat Pegah Ferydoni - She Walks Alone (Marcus Worgull Mix)
10. Roland Appel - Unforgiven
11. Tokyo Black Star - Still Sequence (Innerversions Version)
12. Madioko N'Rafika - Elleli (Kalabrese Remix)
13. South Bronx Community Youth Project - Dance Freak
14. Jazzanova - Theme From Belle Et Fou (Danny Krivit Edit)

CD2: MR. SCRUFF
01. Stardust - Blazin
02. Bobby Reed - The Time Is Right For Love
03. Sandra Wright - I Come Running Back
04. Gloria Scott - That's What You Say
05. Ray Frazier & The Shades Of Madness - Gonna Get Your Love
06. Bill Spoon - I Bet You Can't Love Me One Time
07. Clausell - Let Me Love You
08. Momie-O - Stop On By
09. Jimmy Jones - Live & Let Live
10. Willie Joe - Funny Thing
11. Wayne Carter - Wahoo Wahoo Wahoo
12. The Soul Controllers - I Ain't Lyin
13. Mark V Unlimited - Gone
14. L.A. Carnival - Blind Man
15. Donna McGhee - Mr Blindman
16. Brass Fever - Time Is Running Out
17. Crue-L Grand Orchestra - Time & Days (Harvey Re-Master Mix)
18. Sparkle - Down The Way
19. Arthur Adams - You Got The Floor
20. The Loving Sisters - Cosmic Consciousness
21. Theo Parrish feat Alena Waters - Soul Control
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
ぴよちゃんは音楽が好きで、広く浅く聴いていますが、
ハウスは一番知らない分野。
なので、ベルギービールへのコメント。
最近、私も好んで飲んでます。フルーティなのが好き。
もう利用してるかもしれないけど、JR新宿駅中央東口
出てすぐのルミネエストB1にあるOsakayaが
ベルギービールの品揃えが豊富で、ぴよちゃんはどれに
しようか目が踊ります。
| ぴよちゃん | 2008/09/21 8:26 PM |
>ぴよちゃんさん
どうもお久しぶりです。
ぴよちゃんもベルギービール好きだったんですね。
フルーティーなビールもいっぱいあって美味しいですよね。
osakaya今度見に行こうと思います。
ラベル見てるだけでも楽しいですから。
| マチュ | 2008/09/21 9:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1408
トラックバック
Southport Weekender Volume 7 / Jazzanova & Mr. Scruff
夏の風物詩(?) Southport Weekender をこんな季節まで放置していた。 今年は、Jazzanova と Mr. Scruff from Ninja Tune の Mix。 2枚目の Mr. Scruff は、今までのこのシリーズにはあまりなかったソウル=ファンク尽くし。それも、自分もほとんど聴いたことな
| 音盤収集病患者の館 − 裏 Monkey Dance on a "Rocking Horse" | 2008/11/28 1:12 AM |