CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Morgan Geist - Double Night Time (Environ:ENVCD007) | main | Denki Groove - YELLOW (Ki/oon Records:KSCL1294-5) >>
Morgan Geist - The Driving Memoirs (Clear:CLR437CD)
Morgan Geist-The Driving Memoirs
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
やはりMorgan Geistと言えば、僕個人的にはUKのClearからリリースされたこの1stがお気に入りです。このClearと言うのはエレクトリックでテクノに基づきながらも、より自由なフォームを目指した音楽性を重視していたレーベルで、実際にDoctor Rockit(Herbert)やAs One(Kirk Degiorgio)、Jedi Knights(Global Communication)なんかもリリースをしていたんですね。本作もかれこれ10年前の作品になりますが古臭さは感じさせず、今聴いても新鮮なブロークンビーツとデトロイトテクノを掛け合わせたような電子音楽を聴く事が可能です。基本的には電子楽器での制作なんだろうけれど、生セッションから得られる様な質感のハットやキックのリズムトラックはファンキーだし、シンセなんかは透明感のあるパッド音がメインでもろにデトロイトテクノに影響を受けた感じでとても好みなんですよね。ただデトロイトの人達と比較すると、モーガンの音楽はよりエッセンスを抽出して澄んだ音を感じさせるのが特徴。それはヨーロッパらしい洗練された質感を持ち合せていると言う事で、汗っぽさや熱を感じさせず淡々とクールに作品を作り上げた様なイメージです。丁寧に繊細に作り込んでありじっくりと耳を傾けて聴きたい作品ですが、決して参考書通りになっておらず個性を発しているのも素晴らしい。

Check "Morgan Geist"
| TECHNO6 | 11:00 | comments(5) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - | - | |

コメント
これは素晴らしい作品ですよね。
僕もClearは大好きなレーベルで集めまくりました。
ClatterboxとかReflectionとか、今聴いてもまったく色褪せてないのが驚きです。
| taken | 2008/10/20 8:30 PM |
初めまして!
いつも大変楽しく読ませて頂いております。
Morgan Geist - The Driving Memoirs
このアルバムは私も大好きです。
日本版はアカシック・レコードから出てましたね。
中でもFlat Out には衝撃を受けました。

| chigira | 2008/10/20 10:58 PM |
>takenさん
そうですね、日本人ユニットのReflectionなんかもいましたね。
Clearは好きだったけど活動期間が短かったのが残念。本当に良かったレーベルだったのに。

>chigiraさん
初めまして。書き込みありがとうございます。
よくマイナーな作品で日本盤が出たなと思いますが、
テクノの中でも結構聴きやすいだろうし、本当に良い作品ですよね。
新作は何故か時代が遡り過ぎでしたが…
| マチュ | 2008/10/21 9:53 PM |
ブロークンビーツはリズムが複雑な割には曲のパターンが少なくて、あんまり興味はないんですけど、ブロークンビーツの元になったようなテクノは名盤が多いですよね。

11年ぶりの2ndはというと、あれはあれでモーガンらしさは出ていたと思うので、個人的に不満は全くないんですけど、普遍的な魅力という点では、やっぱりデビュー作かもしれないですね〜
| bigflag | 2008/10/29 12:58 AM |
>bigflagさん
そう言われるとブロークンビーツは確かに似通った感はあるかもしれないですね。
そもそも最近ブロークンビーツ盛り上がってない気がして、そっち方面はどうなっちゃってるんでしょう。

2ndの方は今でもそんなにのめり込めないていないです。ちょっと古いですよね。
やはりデビュー作が最高です。
| マチュ | 2008/10/29 10:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1413
トラックバック
Morgan Geist 「The Driving Memories」 ('97)
Morgan Geist (モーガン・ガイスト) は、アメリカはニュージャージー出身のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサー。今年、2nd アルバム 「Double Night Time」 をリリースしたのだが、本作は何と11年前(!)のデビュー作。(MySpace) 90年代前半の Car
| Rhymes Of An Hour | 2008/10/29 12:32 AM |