<< Luomo - Convivial (Huume Recordings:HUUME16) | main | Yukihiro Fukutomi - Lost,Found And Revisited (Equalize co.,ltd.:EEQUE-1210003) >>
Yukihiro Fukutomi - Contact (Avex Entertainment Inc.:NFCD-27139)
Yukihiro Fukutomi-Contact
Amazonで詳しく見る

近年はFoog名義でもテクノ寄りの音を披露していた福富幸宏が、原点を見つめ直したかの如くハウスを基調としたクロスオーヴァーなアルバムを完成させております。テクノ全開だったFoog名義は一先ずやり尽した感もあったので、再度ハウスに戻って来たのはある意味予定調和だったのかもしれません。が驚くべきはアルバムの冒頭3曲。だってミニマルやテックハウスが流れてきたんだから。しかしこの緩く深く心を侵食していくディープなトラックも、確かにハウスのグルーヴを感じさせるのです。そしてその後はお待ちかね、福富さんの得意とする甘酸っぱくメロウな歌物ブロークンビーツが登場。クレジットを見る限りだと今回はリズムは打ち込みメインなものの、それ以外は比較的生演奏が多いみたいで福富さん本人もベースを弾いちゃったりしています。その為ライブ感のある音が特徴で、曲作りにも円熟味を感じさせる味わいが出て来ております。なんとなく近年はブロークンビーツは不況な気もしますが、福富さんの曲を聴いていると流行とは関係無く良い物は良いんだなと思います。ブロークンビーツの後は、NY系ディープハウスやら再度ディープなミニマル、そしてクラブジャズも登場し、色々な音が出てくるなと少々驚きを隠せません。つまりは福富名義、Foog名義等を含めた本人の総括と言う事なのでしょうか?ハウスを中心に色々な側面を見せるアルバムで、確かに福富さんの音が詰まっていると言えるでしょう。

試聴

Check "Yukihiro Fukutomi"
| CROSSOVER/FUTURE JAZZ1 | 17:00 | comments(2) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 17:00 | - | - | |

コメント
はじめまして。コメントありがとございました。
この人のDJ、やはりうまいと思います。盛り上がってくるところで聞き慣れた本人名義の曲を挟むのでさらにテンションが上がり。

ジャンル、ミニマルって言うんですね。頭にこびりつきます。
| ino | 2009/01/23 1:09 AM |
>inoさん
やはりピーク時では自分の曲を使うんですか。
そりゃ盛り上がりますよね。
お洒落そうなプレイなんで是非聴いてみたいです。
| マチュ | 2009/01/23 6:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1491
トラックバック
Yukihiro Fukutomi / Contact
今月末にリリースパアティを控えた福富幸宏の新作コンタクト ぱっと聞いた感じはシック&ラグジュアリー。 少し音が良い意味で「軽く」、はじけるハウス色が薄い感じで入ってくる。 以降Jazzyなピアノや語り...
| Yukihiro Fukutomi / Contact 福富幸宏 コンタクト by [EWYC] | 2009/01/22 1:10 AM |