CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 熱海温泉 ホテル アイオラ | main | New Order - Republic (London Records:828 413-2) >>
Kevin Saunderson - KS01 (Hi-note Music UK:66)
Kevin Saunderson-KS01
Amazonで詳しく見る

ズンドコズンドコな懐かし目のトラックを多用したKevin Saundersonの素晴らしいMIXCDが何故かリイシューされております。元々は"Trust The DJ"と言うレーベルが多くの有名なDJにミックスCDを依頼してシリーズ化されていたんだけど、突如レーベルが倒産してしまった様なんですよね。まあとにかくそれらのシリーズの中でもKevinのシリーズは特に素晴らしいのですが、その第一弾は今聴くと時代を感じるハードでトライバルで、時にデトロイトのメロディアスなトラックを差込み、緩急自在のアッパーで疾走感に溢れた一枚となっております。"Remainings III"や"Rippin' & Dippin'"らのハードテクノ、"Diabla"や"Blackwater"や"Casa Cougat"などのデトロイトテクノ、そして一世を風靡したラテントライバルの"Love Story"などヒット曲多数とくれば、当然盛り上がらない訳がない。敢えてそんなに説明する必要も無い程に分かり易い痛快なテクノで、個人的には近年流行っているぬるいミニマルよりは断然こっちを気に入っております。勿論ディープで緩く効いてくるミニマルも悪くはないけれど、テクノって言う音は正にこんなKevinのプレイみたいなのだと僕は思うのですよ。派手なイコライジングなんかもかまして、ズンドコズンドコとお祭り騒ぎでえーじゃないかえーじゃないか。多くのDJがミニマル一辺倒になった今でも、Kevinはミニマルに傾倒せずに比較的スタンスを変えていないので安心出来るお方です。

Check "Kevin Saunderson"

Tracklistは続きで。
1. Intro - Kevin Saunderson
2. African Power - John Thomas
3. Yeah! Mongoloid Beach - DJ Bear Who ?
4. Cultural Cooperation - S.B. Project
5. Lush Life - Samuel L. Session
6. Love Story [Re-Edit] - Andrew McLauchlan
7. Blackwater [E-Dancer Vocal] - Octave One, Ann Saunderson
8. Remainings III [DK Remix] - Adam Beyer
9. Diabla [Samuel L. Sessions Juice Mix] - Funk D'Void
10. World of Deep - E-Dancer
11. Buss Eye - G. Flame
12. Last Test Part. 1 - The Hacker, Oxia
13. Casa Cougat [Gary Martin Remix] - Gary Martin
14. Ritual Fire Dance - Gary Martin
15. Rippin' and Dippin' - Mr. Sliff
16. Rippin' and Dippin' Part. 2 - Mr. Sliff
17. Herz Hunter [Redhead Remix] - Johan Bacto
18. Loop Me Again - E-Dancer
| TECHNO6 | 18:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 18:00 | - | - | |

コメント
ベイヤー、スヴェンを筆頭にミニマル路線に移行した人って多いですけど、
そういえば、デトロイト周辺って全然転向しないですね。
ジェフはいわずもがな、OctaveOneも相変わらずズンドコメロウですし。
イイ意味で変わらないですね。シカゴ系の人たちと同様に。
ルーツとしてのテクノを持っている、ってことなんでしょうか。
| J汁 | 2008/12/04 11:44 AM |
>J汁さん
デトロイトの人達って良くも悪くも不器用なんじゃないでしょうか。
もしくは本当に好きな音楽だけを追求しているとか。
新しい音楽を追う事も大事だけど、古い音楽を貫き通すのも素晴らしい事だと思います。
| マチュ | 2008/12/04 9:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1501
トラックバック