<< BEST OF 2008 | main | Teenage Fanclub - Songs From Northern Britain (Creation Records:CRECD196) >>
Velvet Crush - In the Presence of Greatness (Creation Records:CRECD109)
Velvet Crush-In the Presence of Greatness
Amazonで詳しく見る(US盤1)
 Amazonで詳しく見る(US盤2)
あけまちんこ、おめでたまきん。(正月早々すんません。コロコロ世代なら分かるはず。)今年もノーフューチャーに生きたいと思います。でも業務に関係のある資格を取る努力をして、プライベートでは恋をして、そしてパーティーにもいっぱい行って、充実した生活を送れるようにしよう。今年で遂に三十路突入、青春は音速の如く。Sonic Youth!

自分も若かりし頃はロックにずっぽりずぽずぽとはまっておりました。特に影響を受けたのがUKの革新的なインディーレーベル・Creation Records。若い人にとってはOasisが有名ですが、もっと昔だとThe Jesus & Mary ChainやMy Bloody Valentine、Primal Scream、Ride、The House Of Love、Momusなど各時代の重要アーティストを擁していた本当の意味で創造性に溢れたレーベルでした。終盤ではメジャーと言う資本が注入されてレーベルは衰退を辿り、儚くもクローズしてしまいましたが。そんなレーベルで比較的普通な音楽スタイルを持っていたのがVelvet Crush。普通のギターポップで何も革新的でもないのだけれど、それでも甘酸っぱさとほろ苦さに溢れた青春18きっぷなポップさは今でも僕の心をノックアウトするのです。若さゆえにがむしゃらに掻き鳴らされるノイジーなギター、まだあどけなさの残る青臭いボーカル、そして淡くも豊かに弾けるポップセンス、どこを取っても青春真っ只中の音。ほら、泣いてもいいんだよ〜、うるうると涙腺がうるんじゃうこの淡い世界。これを聴いているとなんだか胸が苦しくなって、切ない気持ちになるね。君は僕を落ち込ませると歌う"Drive Me Down"は、至極のギターポップ名曲。歳をとると時折こんな切ない音を心が欲するのでした。

Check "Velvet Crush"
| ETC2 | 09:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | |

コメント
明けましておめでとう!
新年の熱いメッセージを読んで、青春を充実させようと
いろんな事にトライして一生懸命だった自分を少し
思い出しました。
毎日を楽しめるかは、結局自分の気持ち次第。
マチュさんにとって、良い年になるといいですね。
| ぴよちゃん | 2009/01/01 11:32 AM |
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします(^O^)

2008ベストの記事は参考にさせて頂きます!
音楽以外の記事も楽しいのでぜひ書いてください(^O^)

| yuka | 2009/01/01 4:47 PM |
>ぴよちゃん
あけおめ〜っす。
毎年良い年になるように思ってるんだけど、がんばらないといけないですね。
そうそうカレーパーティーの時の写真ありがとうございました。
また飲んだり食べたり行きましょう!

>yukaさん
あけおめ〜っす。
今年も当ブログをどうぞよろしくです。

自分のベストはちょっと地味でしたかねー。
でも飽きずに聴ける物を選んだつもりです。

音楽以外でも皆様に楽しんで頂けるように、
色々紹介出来るようがんばります。
今はやはり温泉文化を日本に広めないと!
| マチュ | 2009/01/01 9:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1521
トラックバック