<< 2009/01/23 TAICO CLUB presents SO VERY SHOW! @ Womb | main | Momus - Voyager (Creation Records:CRECD113) >>
Momus - Hippopotamomus (Creation Records:CRECD097)
Momus-Hippopotamomus
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
先日TVブロスを読んでいたら、なんとジロリアンの記事があって、心の中で駄目だ こいつ… 早く なんとかしないと…!と呟いてしまった。ジロリアンとはラーメン二郎の中毒者の事を指すんだけど、正直あれはナシだろ。ジロリアンから怒号が飛んでくるかもしれないが、敢えて言わせてもらおう。味覚障害の疑いがあるから、頼むから病院に行こう。超ヘヴィーに効いてくる脂たっぷりの汁に、超極太の麺、そして尋常ならざる量(そして安い)と、簡単に言えばウルトラB級。あんなの毎日喰ってたら間違いなく早死にする。ラーメン二郎はどう考えても罰ゲームの一種。って先ほど友人に付き合って、飲んだ後歌舞伎町の二郎に行ったが…気持ち悪くなった。ダイエットにも悪影響だし、当分おさらばです。

モームス…いえいえ、モーマスです。モーマスは80年代から90年代初期までCreation Recordsで活動していた吟遊詩人。90年前後のCreationと言えばリリースされる大半が傑作と言う黄金時代だったのですが、特に91年はその中でもずば抜けていた年でしたね。本作も91年の作品なのですが、モーマスの転換期でもあり名作でもあります。それまでのモーマスと言えばネオアコ、アコースティック路線が前面に出ていたのですが、徐々にエレクトロニック化し本作においては遂にハウスにまで辿り着いた問題作。ポップな基調や囁き系の冷めたボーカルはそのままに、トラックは見事にクールに電子化され心地良いダンスフルなグルーヴが生まれています。しかし甘く切なくもどこか内省的なモードが終始支配し、突き抜ける訳でもなく内に閉じ籠もるような雰囲気なんですね。ポップなんだけどどこか陰鬱な空気と言うか、不安定で奇天烈なサウンド。36分間のコンパクトで切ない物語。ちなみに上記のジャケはミシュランに訴えられて、即廃盤となっております。現在あるのは、カバの顔だけのジャケット。ミシュランに洒落は通用しなかったらしい。

Check "Momus"
| HOUSE4 | 01:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 01:00 | - | - | |

コメント
ボクはエレクトロ化してからのモーマスだと"Hairstyle of the Devil"が好きなんですが、その12インチシングルのジャケット(ニック・カーリーがバーバーでヘアカットしている写真)がハウンドドッグの大友康平のソロアルバムのジャケット(大友康平が床屋で散髪している写真)に微妙にパクられているのを観てたいそうガッカリした記憶があります。

Momus "Hairstyle of the Devil"
http://www.tangents.co.uk/tangents/archive/main/graphics/barber.jpg

大友康平『HEAVEN』
http://item.rakuten.co.jp/book/3752494/

Hairstyle of the Devil
http://www.youtube.com/watch?v=ft1Nc5eP5vg
| 赤枕十庵 | 2009/01/25 2:33 AM |
ボクも二郎の良さが全く分かんないですよ。三田本店で初めて食べた後、ダイハードな胸やけになりました。あんなに化学調味料コテコテな味ばっかり食べていると、胃だけじゃなく脳まで破壊されますね。
| beatjunkie | 2009/01/25 12:09 PM |
>赤枕十庵さん
見たら、う〜ん、ぱくりなのか偶然なのか。
どっちもカッコいいからOKかもね。
"Hairstyle of the Devil"もなかなか良いですね。
他のアルバムも探してみようかしら。

>beatjunkieさん
二郎はね…まじしんどかったですわ。
翌日朝食が食べられなかったですもん。
化学調味料多過ぎですよねーやばいですよねー即死。
| マチュ | 2009/01/25 6:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1556
トラックバック