CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Pepe California - Yes I Do (farlove:SPCDF-009) | main | 子どもの貧困 - 日本の不公平を考える (岩波新書) >>
Martika (Columbia:CK44290)
Martika
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
とある女の子から貰い物その2。彼女は絶対一曲位は知っているはずと言っていたけれど、すまん、一曲も知らんかった。改めて自分の音楽性が極度に偏っている事を一気通貫(痛感)。ダメだね自分、宿痾のテクノ脳病に侵されてるんだ、きっと。固い頭を柔らかくしたい、臨機応変さを身に付けたい、Change My Mind。本題に移る。Martikaは女性はシンガーが流行っていた1980年代後半にデビューした女性シンガーで、本作は彼女のデビュー盤との事。いやーしかしこれが見事に80年代ダンスポップと言うか、今聴くと古臭さもかなり漂う音楽ですわ。だから自分は嫌いじゃないよ、寧ろ逆に肌に合うって言うか懐かしく感じられる音楽なの。力強いボーカルに対しトラックはあくまでキラキラポップスで、でも意外とダンスフルでデジタル打ち込み感覚が良いね。ヒットしたバラード曲"Toy Soldiers"が自分は好きだね、コテコテだけどラブに溢れたパワフルなボーカルとドラマティックなトラックがお見事。マドンナとかカイリー・ミノーグみたいな立ち位置だったのかな?

しかし自分よりも若い彼女がこう言う古い音楽を知ってるのは不思議。いつどこでネタを仕入れるのか、それが最大の謎である。他の女の子も彼女みたいなセンス(携帯の呼出音はTears For Fearsだ!)の持ち主が増えれば、きっと日本はもっと素敵な国になるはず。





Check "Martika"
| ETC2 | 00:05 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:05 | - | - | |

コメント
俺もこの人まったく知らないんですけど、マチュさんにこのCDをくれた女の子は、FMを聞いてこの人のこと知ったんですよ。なんか日曜日の夕方くらいに懐メロばっかりかける番組を一時期、毎週のように聞いてたんですよ。それか一回り年上の彼氏が車でかけてたか。そのどっちかだと思います、多分(笑)
| bigflag | 2009/01/20 12:39 AM |
>bigflagさん
ラジオかー、昔はどこで音源しいれるかって言うとラジオだったらしいですもんね。
電グルのオールナイトニッポンとかも新しいテクノがんがんだったみたいですしね。

でも最近は自分も音楽レビュー本読んで、80年代前後のニューウェーブやらテクノポップ買いまくってますわ。
| マチュ | 2009/01/20 9:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック