CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Throbbing Gristle - 20 Jazz Funk Greats (The Grey Area:TG CD 4) | main | 2009/02/07 root & branch presents UBIK featuring LUOMO @ Unit >>
This Heat (This Is:This Is 1)
This Heat
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
最近クラブミュージックの紹介が無いじゃんと思っている読者様もいらっしゃるかもしれませんが、単純に一月に余りリリースが無いから過去の遺産をほじくりかえしているだけです。それに一応テクノ好きな方にも興味を持って貰える様な盤は紹介しているつもりなので、参考にして頂ければ幸いです。

何て事は言いましたが、This Heatとかになるとさすが道を外れすぎと言うかアバンギャルド過ぎですかね。オルタナティブ?アバンギャルド?プログレ?一体どんな言葉で形容すればよいのか困る奇天烈変態サウンドを発するThis Heatの1stアルバムは79年リリース。76〜78年までに録り溜めた即行演奏やライブパフォーマンスのテープ音源を元に、ダブの音響やら編集を行ったらしい脱ロックアルバム。良いか悪いかとか好きか嫌いかで判断するのは既にどうでもよくなってしまうキチガイじみた音で、多分万人が衝撃を受けるのは間違い無し。分かり易い旋律も無ければリズムも不定で、既存のフォーマットを台無しにしてしまった反社会的にさえ感じる挑戦があります。パイオニアはいつだって常識外れから生まれてくる、そんな事を思わせます。だからとにかく音を言葉で説明するのは難しい。つーことなんでまあジャンルの殻を超越してみたい人は、手を出してみては如何でしょうか。

Check "This Heat"
| ETC2 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック