CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< MARGINALMAN a.k.a. DJ TUTTLE - Honcho Sound Vol.39 あ・き・ら・め・る (HONCHO SOUND:HSM-039) | main | Momus - Hippopotamomus (Creation Records:CRECD097) >>
2009/01/23 TAICO CLUB presents SO VERY SHOW! @ Womb
昨日はVADERを家に呼んでマチュ家と一緒に夕飯を一緒したので、封印しておいた兄貴からの頂き物「Bernachon」のチョコを開封。VADERと一つずつ頂きましたが、上品で綺麗に消えゆく甘さの極上のチョコレートでした。僕もベルナシオンのチョコを買おうと思ってたら「やじうまプラス」で放送されちゃったせいか、その直後にネットでも売り切れ(ほんとにただのやじうまだわ)。でもクラブ行く前に再度「サロン・ド・ショコラ」を見たら、購入可に戻っていたので即購入。

家で飯食べてがっつり酒飲んだ後は、一人で子宮に向かう。なんだかエロイ表現ですが、常識的に考えてWOMBです。常識的に考えて昨夜はミニマルナイト、流石にそんなに客入らないかと思ってたら人いっぱいになったので、何だか嬉しかったです。最初はKaitoことHiroshi WatanabeのDJですが、普段よりも幾分か硬めのテックハウスだった気が。重厚で幻想的なシンセヴェールの曲を回しながらも、ドンチク重めのリズムでアッパーに盛り上げておりました。
で次は期待していたAkiko Kiyama嬢。印象としてはちょっとふっくらしていて艶があり妖艶でカワユスなので、抱きたいタイプでした。それでテクノ好きな女の子なんだから、テクノオタ男性からは需要が高いんじゃないでしょうか。クラブに来る女の子ってだいたいは音楽を聴いている訳じゃなくて彼氏の付き添いで来てるだけなんだけど、僕が興味あるのは一人でもクラブに来る様なオタ女の子な訳で、その点ではアキコ嬢は正にそんなタイプなのだ。そんなカワユスなアキコ嬢が発する音楽は、逆に男気を感じさせる硬派なミニマルですげー格好良かった。微妙にインダストリアルの様なひしゃげた金属音も入ったカツカツ、ズンドコ、ドンチクした無機質ミニマルで、徹底的に冷めた印象を感じさせるテクノ。音数は削ぎ落としたシンプルな構成だけど芯があって骨太で、しっかりと踊れて文句無しにイカしたライブでしたよ。機材を弄くってる姿もカワユスでした。

で次は眠れる記録ことSleeparchive。音源を多少聴いた限りだとフロアで受けるのか?って疑問はあったけど、実際にライブを体験するとむしろフロアでこそ映える事が発覚。発信音・交信音の様な不思議な上物とざらつきのある音が混じり合いスペーシーな感覚を生み出すミニマルテクノが無限に続き、徐々に勢いを増しながら宇宙へと飛び立って行くような感じでしたかね。地味なんだけど意外にも良い塩梅にハードで、全然単調に陥る事もなくふわふわとした高揚感を生み出しておりました。

で最後はDJ Nobuですが、しっかりとパーティーの趣旨に合わせて比較的ミニマルな選曲を中心にプレイ。一番最初はCarl Craig×Moritz von Oswaldのクラシックの曲で驚いたけど、その後はライブ後なんでゴリゴリ、ガツガツとアッパーなプレイで一番フロアも盛り上がってた気がする。甘さと妥協無しのストイックな男って面を見せつけるプレイでした。

しかしオレの目の前でスーツ男と軽っぽい女がレロチューしていたり、女の子の胸の谷間が見えたり、女の子が目の前を通ると素敵な香り(香水だわな)がしたり、クラブは危険な場所だな。既に半年以上女日照りなので、そんな自分には刺激が強すぎて困る。どうでもいいがWOMBは、スーツ男増えたな?スーツ汚れるし私服で来ればって思うが、スーツ姿なら女の子を引っかけられるとでも?それともグループで飲んだ勢いでクラブ来てるだけ?スーツはディスコの方が向いていると思うで。

■Akiko Kiyama - Seven Years(過去レビュー)
Akiko Kiyama-Seven Years
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
| EVENT REPORT1 | 09:00 | comments(3) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | |

コメント
自分も見に行ってましたがSleeparchiveがもう最高でしたね。ヤツは見た目はのび太みたいなルックスしてるのに(失礼)、出音の力強さと太さはジャイアンリサイタルを上回る予想以上の迫力に驚かされました(笑)。

あとDJ NobuさんのDJ初めて見たんですがSleeparchiveと入れ替わりで一発目にCarl Craig×Moritz von Oswaldのヤツをかけてくれた瞬間「あ、この人最高」とアガッてしまいましたね(笑)。
| REC-ing Crew | 2009/01/24 12:52 PM |
あいかわらず勢力的っすね〜!
ミニマルもひさしくクラブで聴いてないな。良いメンツですね。

自分はWombは結構エロ箱という認識がありますw
| taken | 2009/01/24 1:34 PM |
>REC-ing Crewさん
そうそう、スリープアーカイブがあんなに盛り上がるなんて予想出来ませんでしたよ。
確かにオタクっぽいルックスでしたねw
DJ Nobuのプレイ中、後ろでずっと小刻みに体揺らしてご機嫌でしたよ

>takenさん
ミニマル系のパーティーは久しぶりだったけど、
すごい良かったです。
やっぱ金属音が自分は好きなんですわー

WOMBは若い子が多いせいか欲望が湧いてきますね。
欲求不満になるので勘弁ですよ
| マチュ | 2009/01/25 8:26 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1572
トラックバック