CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Saint Etienne - Tiger Bay (Heavenly:HVNLP 8CD) | main | リリー・フランキー 誰も知らない名言集 + 女子の生きざま + 美女と野球 >>
Intrusion - The Seduction Of Silence (echospace [detroit]:echospace 313-3)
Intrusion-The Seduction Of Silence
Amazonで詳しく見る

デトロイトからのBasic Chennelフォロワーの最前線として定着した感もあるEchospace、またはDeepChordですが、そのEchospaceのメンバーの一人であるStephen Hitchellのソロ作品がIntrusion名義で登場。変名が多過ぎて何が何だか分かりませんが、頑張って着いて行きましょう。しかしぶっちゃけ限定商法やらどの作品も余りにも似通っている事もあって、最近は飽食気味で本作も買おうか迷ってたんだけど、意外にも買っておいて良かった。もしかしたら今までの作品の中で最もアンビエンス度が高くて、曲毎にヴァリエーションも感じられるし、浮遊感あふれる音響空間は素直に気持ち良いですね。ヴィンテージマニアらしくアナログ機材を中心とした柔らかいアナログシンセのディレイやリヴァーヴは、押しては返す波の様に幾度となく繰り返されいつの間にか夢幻の空間へ飛ばされてしまう音響の如く。またレゲエっぽい生温くて湿っぽい音が人肌の様で、妙に耳に優しく入り込んで来て体の中を満たしてくれたり。ミニマルダブではあるけれど、やはり本作はアンビエンスとして聴くのが最適と思えます。ただひたすら緻密で美しいアンビエントミニマルダブの極北。

試聴

Check "Stephen Hitchell"
| TECHNO6 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック