CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Silver Apples - Silver Apples / Contact (MCA Records:MCAD-11680) | main | This Heat (This Is:This Is 1) >>
Throbbing Gristle - 20 Jazz Funk Greats (The Grey Area:TG CD 4)
Throbbing Gristle-20 Jazz Funk Greats
Amazonで詳しく見る

クラブじゃないけれど朝帰り。渋谷の小さなバーで誰それが80〜90年代の素敵な曲を中心にDJをしていたので、流れでそのまま朝まで居たと言う訳です。規模は大きくなくともそこには温かさがあった、そう信じております。

Throbbing Gristle、通称・スログリ。もはやこんな音楽まで聴くようになると、自分でも大丈夫かなと感じるこの頃。スログリは1975年にイギリスで結成された元祖インダストリアルバンドで、その後のノイズミュージックやインダストリアルに多大なる影響を与えてもいるそうで。またテクノアーティストが彼等の曲をリミックスをしている通り、テクノへの影響も少なからずあるのでしょう。タイトルにジャズとかファンクなんて言葉が入っているけれど、そのまま解釈しても多分意味不明。グレイトなのは間違いないと思うけど。テープなどを使ってコラージュやノイズを散布させた超変異体的なサウンド、呪術っぽい不穏なボーカル(と言うか叫び)など、常人が聴いても特に面白くない神経質なエレクトロニックミュージックですよ。でもこのいかにも工業的で尖った金属音が、ズガンッと脳天へと振り落とされるその衝撃的な気持ち良さは、癖になる〜マゾだマゾ。意外とポップな曲もあるけれど、全体的にはとてもシニカルで前衛的なアルバムだわ。Carl Craigなどが参加したリミックスアルバム"Mutant TG"(過去レビュー)もお勧め。



Check "Throbbing Gristle"
| ETC2 | 07:00 | comments(13) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | |

コメント
はじめまして。失礼いたします。
Throbbing Gristleでこちらにたどりつきました。当時LPでもっていたものをAmazonで調べてCDで買うところだったのです(持っていたのは「D.O.A」、ノイズのLP群は今は山小屋に移動)。

そして日記にあった『星山温泉』でびっくり。つい先日友人と入りに行って来たところだったのです。なんという繋がりでしょうね。
| バカボンのパパ | 2009/02/07 1:24 PM |
>バカボンのパパさん
こんにちわ、はじめまして!

LPで持っているなんて昔からのファンなんですね。
自分はテクノ通過後から聴くようになりました。
ピキピキな音がカッチョイイです。

星山温泉も行かれたとはびっくり!
廃墟っぽいけど泉質が本当に素晴らしいです。
| マチュ | 2009/02/07 4:27 PM |
>もはやこんな音楽まで聴くようになると、自分でも大丈夫かなと感じるこの頃。

全然大丈夫ですよマチュさん、俺もTGやSPK、Whitehouseといったこの手のヤツ大好きですから(笑)。TGじゃないですけど、SPKの“Slogun”っていう曲が大好きでして、今でもストレス解消にたまにデカい音で聴いてたりします(笑)。

SPK - Slogun
http://www.nicovideo.jp/watch/sm789495

SPK - Mekano
http://www.youtube.com/watch?v=0730zA96Er8
| REC-ing Crew | 2009/02/09 10:15 PM |
>REC-ing Crewさん
SPKってTGの後のやつでしたっけ?
Mekanoは意外とロックっぽいすね。
ニコ動はアカ持ってないから聴けませんでした、ごめんさい。
| マチュ | 2009/02/10 12:57 AM |
ありゃ、ニコ動のアカウントお持ちでないですか?でしたらYou Tubeの方のアドレスを改めて張っときますね(こっちの映像はオフィシャルのPVではないのですが)。ついでに昨日一緒に張り忘れた“Metal Dance”という曲も添えときますね。


SPK - Slogun
http://www.youtube.com/watch?v=OZWmYEUoweg

SPK - Metal Dance (Live)
http://www.youtube.com/watch?v=MPBpYIZC9PM
| REC-ing Crew | 2009/02/10 11:26 PM |
>REC-ing Crewさん
わざわざどうもありがとうございます。
Slogunはびっくりしました、頭が狂いそうです。今弱っているので死にそうになりました。

Metal Danceは普通にダンスミュージックしててかっこいい!
見た目的にも面白かったですね
| マチュ | 2009/02/11 8:58 PM |
たびたびおじゃまします。こちらを見つけてから時々拝見させていただいています。

Slogunなかないいですね。私が当時(1980年代)聴いたSPKのLPは後期のものだったのか、Popな感じがして1枚だけしか購入しなかった記憶があります。

以前の日記のなかに新潟の「駒の湯」があって驚きました。今の主人の事も知っています。親父さんが亡くなられた廃業の危機から若夫婦を中心にがんばっています。他界された旧主人の弟さん(駒の湯の前の板前)ご夫婦とは懇意にさせていただいています。私は夏期だけ、駒の湯よりもさらに山奥で山小屋をやっているのです。

他の温泉日記もなかなか秀逸ですね。私は冬は東京・新宿に居ますので参考にさせていただこうと思います。mixiの方も拝見させていただきます。「あしあと」ご容赦ください。
| バカボンのパパ | 2009/02/12 3:22 AM |
>バカボンのパパさん
はい、駒の湯は去年行きました。とても良いお宿でしたよ。
廃業の危機にあったとは全く知りませんでした。
あんなに素晴らしいお宿は無くなって欲しくないですよね。

東京にも意外と温泉はあるので、是非とも楽しんでください!
| マチュ | 2009/02/12 7:39 AM |
TG!!! 
僕はCarl Craig「4 Jazz Funk Classics」の
元ネタ探しでこれ初めて聴きました。
中身のドロドロ加減と妙に牧歌的なジャケとのギャップがたまんないっす。
Hellのリミックス?もありましたっけ…。

それにしてもSlogunは、発狂しそうでヤバイです。
| J汁 | 2009/02/12 3:46 PM |
Slogunの入っている「Auto Da Fe」の中古はかなりの価格になっていますね。
入手にちょっと躊躇して、とりあえずyoutubeのをダウンロードしました。

(前述について)
駒の湯の旧主人が亡くなった件については色々込み入った事情がありますので、今のご主人にはお問い合わせにならないほうがいいと思われます。書いたのに済みません。
とにかく、湯量の多い温泉はそれだけでグッドです。
| バカボンのパパ | 2009/02/12 6:51 PM |
>J汁さん
4 Jazz Funk Classicの元ネタがTGにあるんですか?何の曲だろう??
ジャケは牧歌的なのに中身と全然ちゃいますよねw

>バカボンのパパさん
Auto Da Feはレアなんですか〜、中古屋に安く出回るのを探すしかないですね。
もしくは再発…ってそこまで売れないから再発は無理っぽいですね。
| マチュ | 2009/02/12 10:24 PM |
スログリもいいけど、コメント欄で紹介されているSPKがやばすぎだね〜
久しぶりにノイズで大興奮!!
| cdvader | 2009/02/14 1:07 AM |
>vader
まさかこんなにTGで盛り上がるとは…
SPKは良くも悪くも凄いな。
頭がおかしくなりそうだよ
| マチュ | 2009/02/14 1:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1574
トラックバック