CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 横浜温泉 チャレンジャー | main | School Of Seven Bells - Alpinisms (Ghostly International:GI-81) >>
TECHNO POP, UK NEW WAVE & NEO-ACOUSTIC
1月は円高を良い事に音源買い過ぎたわ、50枚位買ったか?amazonのJPとUSを利用するわ、Discogsでレアなレコードを買ったりして、聴けていないCDやレコードがかなり溜まっております。CD置く場所もまじで困ってるし金の消費がやばい事になってるし、こんなんで良いのか自分?ま、もし結婚したら今まで同じ様な買い方は出来なくなる訳だし、独身の身分を満喫したいと思います(その前に彼女が出来ねえYO)。さすがに今年で三十路なんでノーフューチャーな生活は辞めないととは思うが。

TECHNO POP
Amazonで詳しく見る


最近CDを買う時に参考にしている本があって、それが今日紹介する3冊。シリーズ化されていて色んなジャンルの本が出ているそうですが、自分にはやはりテクノポップ!クラフトワークとかYMOの大御所をはじめ、DEVOとかP-MODELとかプラスチックスも載ってるし、Tears for Fearsの様な電子AORみたいなバンドや、インダストリアルを開拓したThrobbing Gristleなども載っていて、ピコピコ音好きには堪らない内容です。こう言うレビュー本を読むと購買衝動が止まらなくなるので、普段は読んじゃいけないと思うだ。

UK NEW WAVE
Amazonで詳しく見る


で結構テクノポップともレビューが被っているのが、UKのニューウェーブ。こちらもテクノを聴く方には外せない訳で、と言うのも80年代のニューウェーブってエレクトロニクスを活用した音楽が多いんですよね。勿論それだけじゃなくてパンクとかダブとか色々なジャンルの音楽を吸収した前衛的な音が特徴で、既存の殻を破ろうとする勢いには目を見張るものがあります。最近のロックは聴かないけど、この頃のニューウェーブはまじで好きだわー。ただの親父的な意見ですまんでつ。

NEO-ACOUSTIC
Amazonで詳しく見る


で尖がった音ばかり聴いていると時々癒しの音を欲するので、そう言った時にはやはり生の音。ビールも生が美味い、レコードも生だから良い、セックルも…は明るい家族計画、音楽もアコースティックな柔らかい響きが体に優しく染み渡る訳ですよ。EBTGとかFelt、アズカメとかの定番は当然掲載されているし、自分の知らないアーティストがいっぱい紹介されていてついつい買いたくなってしまいました。ネオアコ以外にも青春一直線のギターポップも載っていて、甘酸っぱくて懐かしいエイティーンに戻りたい人には参考になりそうです。自分の高校生活は女の子に囲まれた毎日(生徒の7割位が女子の高校)だったのに、その頃はDQN(今もDQN)だったので全然環境を生かしてなかったけどね。

あーやばい、購買意欲がミュージックノンストップテクノポップだぜよ。
| ETC2 | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:10 | - | - | |

コメント
うらやましい高校ですねw マチュさんにとっての青春とは高校時代ですか
| 666 | 2009/01/31 2:31 AM |
>666さん
帰国子女ばっかなんで、みんなオープンで楽しかったですよ。
苗字じゃなくて名前、しかも呼び捨てで呼んでくれるから萌えでしたね。
自分は帰国子女じゃないですけど。
でも上記に書いてある通り高校の自分は女の子と話すのが苦手だったし、
勉強が忙しかったので全く恋愛もしてなかったです。
今考えると非常にもったいない高校生活でした…


| マチュ | 2009/01/31 3:51 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/1582
トラックバック